演歌話題:女性3人組の演歌グループ、水雲MIZUMOさん「目標は紅白」「帯屋町ブルース」アピール

Pocket

スポンサーリンク

今回の演歌話題は、演歌・歌謡界で異色の女性グループ・水雲-MIZMO-さんの話題です。

最近よく話題に上る、演歌・歌謡界で異色の女性グループ・水雲MIZUMO(みずも)さんが18日、東京・築地の日刊スポーツ新聞を訪れ、メジャーデビュー曲「帯屋町ブルース」をアピールしたしました。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。

「枠に捉われない自由な発想」で生まれたのが水雲-MIZMO-。従来にはないこぶしを効かせた演歌の女性3声のハーモニー、主旋律・高音・低音と3人のパートもそれぞれ変化していく、斬新なスタイルを確立している。また、「3声のハーモニーを“生”で聴かせられるように、歌唱出演やアカペラでの歌唱ができる場を大事にしている」と“生歌”にこだわっている。

彼女たちの強みである美しいハーモニーは、デビュー曲「帯屋町ブルース」でも楽しめます。
「帯屋町ブルース」は、週間シングルランキングで100位圏外だったが、発売3週目で自己最高の86位まで上がって、オリコンランキングでも20位以内にランクインする勢いです。
音楽番組などでも目にする機会が増える年末にかけて、さらに順位を上げてくることが期待されますね。

以前の紹介ページ

今回の演歌好きの演歌新曲紹介は、2017年9月6日発売の水雲-MIZMO-さんの「帯屋町ブルース」です。 驚きのニューカマー、鮮烈なるメジューデビュー・・・ 女性3声のハーモニーで演歌・歌謡曲を歌唱するという、斬新なスタイルの本格演歌グループ・・・水雲-MIZMO-(ミズモ)がシングル発売...

水雲-MIZMO-「帯屋町ブルース」

武蔵野音大声楽家を卒業したリーダーで高音担当のNAO(年齢非公表)、NHKの歌番組でチャンピオンになった主旋律担当のAKANE(年齢非公表)、そしてアメリカ出身で低音担当のNEKO(年齢非公表)の異色トリオです。

NAOは「ずっとクラシックを学んできて、ある時に演歌のすばらしさを知りました。水雲の軸は演歌だけど、3人バラバラの個性が生きています」とグループの魅力をPR。

AKANEは祖父母がカラオケ教室を開いていて、子どものころから演歌に親しんできた。「ずっと1人で歌ってきたが、今は3人でないと何か物足りない。目標はNHK紅白歌合戦への出場。あの大舞台に立ってみたい。ゆくゆくは本格的な海外進出を狙っています」。

NEKOは、アニメ好きが高じ、声優を目指して日本のアニメ専門学校に入った経歴を持つ。「将来は演歌のアニメの主題歌を歌いたい。そして、『水雲』の活動を通して日本と米国をつなげたい」と、両国の懸け橋になることを誓っていました。

今年5月には米ロサンゼルスで行われたドジャース対マーリンズ戦で米国歌と君が代を歌唱。クールジャパンの歌姫として大きな話題になりましたね。

従来の「演歌」という枠にとらわれず、「和」の心をモットーにしながら新しい境地に挑んでいくという。

「日本の文化としての演歌を大事に、老若男女に認知され支持される存在になってほしいですね。

演歌を海外に普及できる存在になってほしいと思います。

目標は『NHK紅白歌合戦』、そしてワールドツアーの実現です」と言うように、新たな“クールジャパン”として海外でも活躍する日が近いと思います。

デビュー曲「帯屋町ブルース」は、若い人でも、年配の人でも、カラオケで友達や仲間とと一緒に歌う姿が目に浮かびますね。

水雲-MIZMO-「帯屋町ブルース」

水雲-MIZMO-さんには、若年層に演歌を広める存在としても期待したいと思います。

楽しみな若手演歌グループが登場して演歌界が活発になることはいいことですね。

演歌は新しい曲も懐かしい曲も混在しても違和感のない世界です。歌番組でも新曲だけでなく懐かしい曲も歌っていますし、楽しめますね。

水雲-MIZMO-「帯屋町ブルース」カラオケ

【プロフィール】

2013年アーティスト名「MIZMO」として活動スタート。

2013年6月デビューミニアルバムを発売(MMJレコード)。

幾度かのメンバーチェンジを経て、現在のメンバーにて2017年9月メジャーデビュー。

[メンバー]

NAO(ナオ) 3声ハーモニー高音担当。 水森英夫が2011年に開催したオーディションで選出。武蔵野音楽大学声楽科卒業。水雲のリーダー。

AKANE(アカネ) 3声ハーモニー主旋律担当。 NHK歌番組でチャンピオンになり、水森英夫がスカウト。

NEKO(ネコ) 3声ハーモニー低音担当。 アメリカ出身。日本文化が好きで早稲田大学へ進学。特にアニメが大好きで、その後アニメの専門学校へ。 そして演歌にも興味をもち、水雲に加入。

 

収録曲

1. 帯屋町ブルース (作詩:麻こよみ/作曲:水森英夫/編曲:周防泰臣)

2. 米 ~kome~ [USAバージョン(仮)] (作詩:麻こよみ/作曲:水森英夫/編曲:Tom Kean)

3. 帯屋町ブルース (オリジナル・カラオケ)

4. 米 ~kome~ [USAバージョン(仮)] (オリジナル・カラオケ)

2017年9月6日発売