演歌話題:賽銭の小銭なく両替頼んだら「できません」と「お賽銭はいくらしますか。」いう話題

Pocket

スポンサーリンク

今回の話題は、皆さんは、神社にお参りするときに「お賽銭はいくらしますか。」というのと両替の話題です。

今年も残り2か月と半月ですね。また、正月を迎えますが「うれしくもあり、うれしくもなし。」という方も多いでしょうね。
お正月といえば、「初詣」、初詣といえば「神頼み」、神頼みといえば「お賽銭」ですね。

演歌の話題ではないかもしれませんが、演歌歌手つながりということで、演歌歌手のおおい大輔さんのコラムにお賽銭のことがありましたので紹介します。

【まあええか人生】賽銭の小銭なく両替頼んだら「できません」 清水の舞台から飛び降りるつもりで千円札を…演歌歌手・おおい大輔

大物演歌歌手、天童よしみさんの付き人を14年務め、平成11年にデビューしたおおい大輔さんの脱力ゆるゆるコラム。

 今回は伊勢神宮・出雲大社参拝の話です。

伊勢神宮で一皮むけた?

 先日朝起きたらめっちゃええ天気だったので、バイクで友達と伊勢神宮に行ってきました。

 最初に外宮にいってんけど、賽銭の小銭がおまへん。お守りなどをあつかっている社務所で、「両替できませんか」って聞いてみたら、「できません」。千円札しかおまへんがな…。

 あかんあかん、こんなバチアタリなこと言うてたら、神様もお願い聞いてくれまへん。清水の舞台から飛び降りたつもりで賽銭箱に千円いれました。

 そのあと内宮へ行ってきました。いつもは内宮にしかいかないのですが、初めて内宮と下宮の両方にいきました。1回入れてしもたら、次から千円札を入れることに抵抗がなくなりました。わても一皮剥けたがな。

賽銭箱いっぱいの出雲大社

 お参りといえば、だいぶ前、島根県の出雲に仕事にいった際、出雲大社に寄らせていただきました。ここはほかとはしきたりがちょっとちがうみたいで、二礼四拍一礼だそうです。横の駐車場から入らずに正面の大鳥居くぐって入る方がええらしいです。そして真ん中を歩かんと端を歩く。真ん中は神様の通り道なんだそうです。

 参道の右側にある祓いの社でお祓いしてもらうのですが、ここにも賽銭箱がおました。これは「お払い箱」と呼ばれています。

 そして、まず拝殿でお参り、その後に本殿の順でお参りするねんけど、大国主命(おおくにぬしのみこと)さんは西向いてはるらしいから、本殿をぐるっと回って西側でまたお参り。もちろん全部二礼四拍一礼。お賽銭いっぱいいりまっせー。少なくとも4回分ぐらいは。10月は神様が集まってはるので、ご利益アップだそうです。

 それと、これはどこでも同じらしいのですが、お参りするときは自分の住所と名前と生年月日をきちんと言うたほうがええらしいです。え? 知ってた? わては言うたことなかったっちゅーねん。

 秋の参拝シーズン。みなさん、いってらっしゃ~い。

 おおい・だいすけ 昭和39年、大阪府羽曳野市生まれ。血液型はO型。61年、天童よしみさんの付き人となり、平成11年、「風にまかせて」でデビュー。関西を拠点に地道な営業活動を展開し、テレビのバラエティー番組やラジオの音楽番組にも多数出演。昨年10月、新曲「男ごころよ」を発表した。趣味はバイク、釣り、読書(もっぱら漫画)など。

http://news.livedoor.com/article/detail/13778761/
より引用

皆さんはお賽銭はいくらしていますか。

お参りだけして、お賽銭も投げずに帰るのは、後ろめたですよね。

そこで、なんとなく、「ご縁がありますように。」

と言いながら、5円玉を投げていませんか。

「あ、5円ないから50円でいいか。効き目10倍かな」

「あ、5円ないからもったいないけど500円でいいか。効き目100倍だよね」

なんて言いながら、50円玉とか500円玉を投げて、いい気分に浸っていませんか。

実は、お賽銭の金額は5円以外にも、様々な意味があり、
悪い意味をもつ金額もあるんですよ。

5円玉をお供えしているのに、ご縁がないのは「枚数」のせい。

実は、意外に知られていないのですが、
5円玉1枚なら、ただの「ご縁がありますように」なのに対し、
5円玉を複数枚使うと、いろんな意味に変わります。

5円玉の意味(語呂合わせ)

2枚(10円):十=重で、重ね重ねご縁がありますように

8枚(40円):八=末広がりで、末広がりにご縁がありますように

9枚(45円):九 四=終始ご縁がありますように

97枚(485円):「四」方「八」方から、ご縁がありますように

お正月の初詣に5円玉97枚も投げている人を見たら、驚きますよね。

「5円玉1枚ではちょっともう効き目が足りないかな」という人は試してみてください。

賽銭の5円玉の意味とは賽銭の5円玉の意味とは

「幸せなご縁には恵まれたいけど、5円玉を97枚も収集できなかったよ」

という人に

お賽銭に使う硬貨は、全部5円玉じゃなくても大丈夫だそうです。

合計で、485円になれば、四方八方からのご縁の語呂合わせは、
完成するのですが、ただし、使う硬貨には注意が必要です。

と言うのも、お賽銭として使うのには、避けたほうがいいとされている硬貨があります。
10円:10→とお→とおえん→遠縁でご縁を遠ざけてしまう

500円:これ以上大きい硬貨(効果)がない

という言い伝えです。(いつからかは不明です。)

500円もお供えすれば、さぞやいいことがあるだろうと思っていたのに、
欲張ってはいけないということですね。

お賽銭の金額の意味とはお賽銭の金額の意味とは

先程ご紹介した「四方八方からのご縁を授かる」ために、なるべく少ない枚数で、かつ避けたほうがいい硬貨を除いて、金額を達成するためには、次のような組み合わせがありますので参考にしてください。

100円玉×4枚 + 50円玉×1枚 + 5円玉×7枚

合計:485円

これならいけそうです。

中には、「もうご縁は充分だよ」

という幸せな人は、「いくら賽銭箱に入れればいいの」ということですが、

良い意味

21円:割り切れない数ということで、
すでにご縁に恵まれたカップルや夫婦で投げると良いみたいですよ。

31円:21円と同じ意味で良い

1万円:「まん」「えん」をひっくり返して、「えんまん=円満」ということで、万事円満に収まるということで、お正月に奮発してください。
そういえばテレビの放送でも大きな神社でも1万円札を見かけますよね。
多分、この意味を知っている人かもしれませんね。

悪い意味

65円:ろく(六)なご縁がない

75円:な(七)んのご縁もない

85円:や(八)っぱりご縁がない

ちなみに、5円玉を使って、ご縁を願うのは、なにも恋愛関係に限ったことではありませんから、あらゆる人間関係や、神様との「ご縁」を願う意味もありますので初詣のために5円玉をたくさんためておきましょう。

お賽銭について、紹介してきましたが、いかがでしたか?

歌が上手になるようにとか

カラオケ大会で入賞しますようにとか

いろんなことを今のうちから神様にお願いすることを覚えておけばいいですが、お参り(お詣り)はお願い事だけでなく感謝をすることが一番ですよね。

神社のお詣りの仕方は以前の記事の「演歌話題:杜このみさん「残(のこ)んの月」ヒット御礼参り」にも記載していますので参考にしてください。

演歌話題:杜このみさん「残(のこ)んの月」ヒット御礼参り
今回の演歌話題は、杜このみさん「残(のこ)んの月」ヒット御礼参りについてです。 演歌歌手の杜このみさんが10月1日、東北随一のパワースポットで宮城・塩釜市の鹽竈(しおがま)神社で最新曲「残(のこ)んの月」のヒット御礼参りを行いました。 毎秋に月見祭「神々の月灯り」が開かれ、月にゆかりのある“し...