演歌NEWS:杜このみさん、田川寿美さん演歌歌手二人のカラオケ大会の話題

Pocket

スポンサーリンク

今日は、たまたまでしょうが二人の演歌歌手、杜このみさん、田川寿美さんが主催するカラオケ大会の決勝がありましたのでその話題です。

杜このみさんは全国500人の応募者から勝ち上がった20人のうち台風で来られなかった人が多くて8人の決勝大会で、田川寿美さんは全国約2000人から勝ち上がった19人が参加した決勝大会だそうです。

田川寿美さんは「心化粧」、杜このみさんは「残んの月」でお互いに紅白出場も目標に頑張っていますからね。応援しましょう。紅白の出場枠も演歌部門はいくつなんでしょうね。誰が選ばれるかも年末に向けて楽しみです。

 

 

※画像はAMAZONの画像を利用させていただいていますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

杜このみ「夢でした」自分の曲でカラオケ大会開催

演歌歌手杜このみ(28)が22日、都内で、最新曲「残んの月」カラオケ決勝大会を行った。

 今年デビュー5年目で初のカラオケ大会を実施した。師匠の細川たかし(67)からも「皆さんが歌ってくれるようにならないとヒット曲とはいえない」と言われていたといい、杜は「なので、自分の曲でカラオケ大会を開催するのが夢でした」。

 大会には500人以上の応募があり、1次審査、札幌、東京、名古屋、大阪の4地区で2次審査会を勝ち抜いた20人が決勝大会に進出した。この日は、あいにくの台風の影響で8人が欠席となり、12人で争われ、三重県在住の山本のりこさんが優勝した。

 1つの目標をかなえ「夢が1つかなったので、もう一つの夢の、紅白出場に向かって頑張っていきます」と意気込みを新たにしていた。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710220000587.htmlより引用

杜このみ、念願のカラオケ大会に感激「昨晩からなかなか眠れませんでした」

 演歌歌手、杜このみ(28)が22日、東京都内で新曲「残んの月」の発売記念カラオケ大会の決勝大会を開いた。

 この日は全国500人の応募者から勝ち上がった20人が参加予定だったが、台風のため8人が欠席するハプニングに。それでも杜は「カラオケ大会を開くのが夢だったので昨晩からなかなか眠れませんでした」と笑顔で感激を語った。

 同大会ではミニライブも行い、好きな人を待つ女性の心情を歌った同曲など計4曲を披露した。

田川寿美「紅白復帰目指して」15年ぶり出場へ意欲

演歌歌手田川寿美(41)が22日、都内で、新曲「心化粧」を課題曲としたカラオケ大会の決勝大会を行った。

 応募約2000人の中から、テープ審査で選ばれた19人が参加。14歳~76歳ののど自慢の中から、埼玉県の田中八千代さん(63)が頂点に立った。あこがれの田川に「すばらしかった」とほめられると、「今日は友達から借りた衣装で来ました。まさか…信じられません」と感激していた。

 田川は自身がオーディションに出ていたアマチュア時代を振り返った。「いつも緊張をしていました。1コーラス目はあれれ…という感じで、2コーラス目で盛り返していました」。その上で、決勝大会の感想を「皆さん、それぞれの『心化粧』がある。これが正解というものはありません」と、これからもそれぞれの歌唱を楽しんで欲しいと話した。

 デビューから26年目を迎えたことには「好きな歌の道を真っすぐに歩いてきた。自分は、ファンの皆さんに『生かされている』と思います。これからも、いつも隣にいて励ましてくれるような、そんな歌を歌っていきます。それが歌の魅力ですから」。来月に42歳になる。「心も声も充実した40代にしたい。年齢を重ねることが楽しみです。再婚は…、特に目指していないです」。

 9月に5歳になった息子が最近、「ピアノをやりたい」と言っているという。歌手の道を継ぐ? 「音痴みたいだから…。安定した公務員になってほしいです」と笑わせた。

 02年以来のNHK紅白歌合戦出場にも意欲を見せている。「紅白復帰を目指して頑張ります。それがファンへの恩返しだから」と年末までの全力疾走を誓った。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710220000556.htmlより引用

田川寿美、老後の願望を語る「支えになる出会いがあれば」

演歌歌手、田川寿美(41)が22日、東京都内で新曲「心化粧」の大ヒット御礼カラオケ決勝大会を開催した。

 全国の応募者約2000人から勝ち上がった19人が参加し自慢ののどを競い合った。閉会後、田川は「幅広い世代の方が参加してくださってうれしかった。『心化粧』を愛唱歌として暮らしの隣に置いてくださっていることを実感しました」と喜んだ。

 同曲の大ヒットで2002年以来、15年ぶりのNHK紅白歌合戦出場を目指しており「年末に向けてご恩返しができれば」とファンに誓った。

 私生活では2015年5月に制作会社役員の夫と離婚。「再婚は目指していませんが、50代、60代になってさみしいなと思うかも。支えになる出会いがあれば」と老後の願望を語った。

 長男(5)の将来については「公務員になって着実に生きてもらいたい。今の時代、危ういですから。消防車に乗りたいっていってますからそうなってもらえれば」と“母親心”をのぞかせた。

田川寿美さん「心化粧」

杜このみさん「残んの月」