演歌話題:本日誕生日の今陽子さん

Pocket

スポンサーリンク

本日、11月1日生まれの演歌歌手は今陽子さんです。

おめでとうございます。

齢を感じさせない、この声量はすごいと思います。
数年に一回ぐらいしか見ませんが、いつも美しいですね。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。

今陽子「恋の季節」

今陽子「恋の季節 ジャズ・アレンジ」

今陽子「さよならの嵐」

今陽子さんプロフィール

芸名 今陽子
芸名フリガナ こん ようこ
性別 女性
生年月日 1951/11/1
星座 さそり座
干支 卯年
血液型 A
出身地 愛知県
身長 168 cm
URL http://horipro.co.jp/talent/PFE005/
デビュー年 1967
靴のサイズ 24.5 cm
プロフィール 幼い頃よりジャズ・ポップスなどを好み、作曲家いずみたく氏に師事し、15歳でソロデビュー。
16歳でピンキーとキラーズを結成。
デビュー曲『恋の季節』がダブルミリオンを記録し、17週連続でオリコン1位となり、数々の音楽賞を受賞。
解散後、1981年に単身渡米。
歌・ダンス・英語などを勉強し、ブロードウェイではチタリベラとも共演する。
帰国後も、ライブ・ミュージカル・舞台・テレビなど多岐に渡って活躍。

デビュー作 シングル『甘ったれたいの』
代表作品1年 2013
代表作品1 CDアルバム『今昔歌~ピンキーの男唄』
代表作品2年 2011
代表作品2 CDアルバム『Love Seasons~恋の季節たち~』
代表作品3年 2013
代表作品3 ミュージカル『スクルージ~クリスマス・キャロル~』
職種 音楽
趣味・特技 演劇/ミュージカル鑑賞/ニューヨーク旅行/パーカッション(コンガ)/ダンス(タップ・ジャズ・ディスコ)/日本舞踊(坂東流)/ものまね/カラオケ

http://www.weblio.jp/cat/people/tltdbより引用

ピンキーの女唄

 

【収録曲】
1. 恋の季節 ~50th ver.~
2. TAXI
3. ごめんね…
4. 駅
5. どしゃぶりの雨の中で
6. 愛は翼に乗って
7. ミ・アモーレ〔Meu amor e…〕
8. オリビアを聴きながら
9. 本能
10. マホガニーのテーマ
11. ラヴ・イズ・オーヴァー
12. 「スター誕生」愛のテーマ

たぶんこのCDに対応して作ったのだと思いますね。「今昔歌~ピンキーの男唄~ 」というアルバムです。

 

今昔歌~ピンキーの男唄~

【収録曲】
1. セクシャルバイオレット No.1
2. 悲しい色やね
3. わかって下さい
4. さよならをもう一度
5. 夢の途中
6. バン・バン・バン
7. ダンシング・オールナイト
8. もうひとつの土曜日
9. 飾りじゃないのよ涙は
10. そっとおやすみ
11. 君に会いたい
12. 恋の季節 ~ラテン・ヴァージョン~ (ボーナス トラック)

今陽子さんの歌では聴いたことはないのですが、オリジナル曲は定番の曲ばかりですね。

どんな感じなのでしょうか。聴いてみたい気もします。

今陽子オフィシャルブログ「恋の季節よ、いつまでも」Powered by Ameba

https://ameblo.jp/yoko-kon/

15歳の時「甘ったれたいの」でデビューした今陽子さん。

山本リンダさんと同じ路線を狙って、ソロ歌手としてデビューしたものの、この曲は全く売れなかったそうです。

デビューした翌年の1968年。

レコード会社を移籍した今陽子さんは、男性4人をバックにつけるという、いずみたくさんのアイデアから生まれた、
ピンキーとキラーズというグループを結成して、デビュー曲恋の季節が大ヒットしました。
オリコンで17週1位を獲得し、270万枚を売り上げました。

この歌を作ったのもいずみたくさんです。

ピンキーとキラーズは、1968年から1972年にかけて活動したグループです。

今陽子さんはここで、「ピンキー」と呼ばれていました。

「キラーズ」というのが、男性4人で楽器とコーラスを担当。

またこのグループ名についてですが、
ピンキーは「小指」で、キラーズは「殺し屋」という意味があるそうです。
知っていましたか?

ピンキーとキラーズとして有名になった今陽子さん。

デビュー曲発売後もヒット曲を数々飛ばしますが、1972年に脱退し、再びソロで活動します。

ピンキラ36年ぶり再結成 今陽子が脱退当時を懺悔

5人組ポップスグループのピンキーとキラーズが結成40周年を記念して期間限定で再結成することになり30日(水)、約36年ぶりにオリジナルメンバー5人が顔を揃えた。
同日夜、東京プリンスホテルで開催される今陽子の芸能生活40周年記念ディナーショーで、オリコンシングル1位通算獲得数(17週)歴代1位の「恋の季節」などヒット曲を披露する。
本番を前に今は「50代のピンキーです。
同窓会記念でやらせてもらいます」と意気込み、1972年のグループ脱退を「要するに子供でした」と振り返った。

 5人は当時を髣髴させる山高帽をかぶって登場。
今は「ピンキーって小指の意味があるみたいですけど、(今は)親指です」と年輪を重ねてなお「ピンキー」と呼ばれることに「ありがたい。
オリジナルで揃うと気分がいい」と顔をほころばせた。
当時、キラーズは演奏しながらコーラスしていたが、今回は「楽器が重くて持てない」と笑いを誘い、エンディ山口は「もうじきスティックですよ」と杖をつく仕草で、ルイス高野も「これから40年先を思うと長いね~」としみじみ話した。

 また72年に今がグループを脱退した理由が、キラーズへ不満をぶつけたこととも報じられたが、今は「解散した時、私はハタチ。
みんなはもう家庭を持っていたので、どんどん攻撃したいと思ったんです。
要するに子供でした」と、多忙すぎたと当時を振り返った。
今回の再結成に心躍らせ「今は“老後の季節”。
恋なんて忘れました。
でも、ラブソングの時は若いイケメンを想像してます」と“ピンキー”らしい乙女心をのぞかせていた。

 ピンキーとキラーズは1968年に結成。
「恋の季節」でその年の『日本レコード大賞』新人賞を獲得するなど数々の新人賞を総ナメした。

 

今陽子さんは、ソロでデビューしたのに売れなかったことがショックだったそうです。
グループで売れたのは嬉しかったけれど、ソロでやりたかったという気持ちがあったのも、脱退の理由だったようです。

2008年に、36年ぶりに再結成したことが話題になりましたね。

今陽子さんはデビュー50年になります。今でも歌手や女優としても活躍されています。

たまにしかテレビでお目にかかりませんが、なぜあんなに綺麗なんでしょうか。プロポーションも変わらなくてすごいですね。見習いたいものです。

スポンサーリンク