演歌以外:話題の本14歳の中学生作家の「さよなら、田中さん」

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題の本は、14歳の中学生作家のデビュー作の「さよなら、田中さん」です。

この本は、14歳の中学生作家のデビュー作がTVなど各種メディアで話題になっている「さよなら田中さん」という本です。

小学生の田中花実は母子家庭です。
貧乏だけど明るいお母さんとの日常をつづったもので、何気ないことがこんなにも楽しくてキラキラしたものだと教えてくれます。
純粋な文章で胸を打ちます、感動する文章というのは年齢に関係ないのだなと思いますね。

〈 書籍の内容 〉
14歳スーパー中学生作家、待望のデビュー
田中花実は小学6年生。
ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしている。
そんな花実とお母さんを中心とした日常の大事件やささいな出来事を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。
今までにないみずみずしい目線と鮮やかな感性で綴られた文章には、新鮮な驚きが。

友人とお父さんのほろ苦い交流を描く「いつかどこかで」、
お母さんの再婚劇に奔走する花実の姿が切ない「花も実もある」、
小学4年生時の初受賞作を大幅改稿した「Dランドは遠い」、
田中母娘らしい七五三の思い出を綴った「銀杏拾い」、
中学受験と、そこにまつわる現代の毒親を子供の目線でみずみずしく描ききった「さよなら、田中さん」。

全5編収録。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
この秋、出版界の話題をさらう新人作家がデビューします。
その名は、鈴木るりか。
平成15年生まれの中学二年生。
小学館が主催する「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞受賞。
その際、あさのあつこ氏、石田衣良氏、西原理恵子氏ら先生方から大絶賛を受けましたが、すごいのはその先です。
受賞作をもとに、連作短編集に仕上げるため書き下ろし原稿を依頼したのですが、その進化がめざましく、3編の素晴らしい原稿が上がって来ました。

著者14歳の誕生日に、待望のデビュー作を刊行します。

是非、この新しい才能を感じてください。

目次

いつかどこかで・・・・・・・・・・5
花も実もある・・・・・・・・・・・58
Dランドは遠い・・・・・・・・・152
銀杏拾い・・・・・・・・・・・・・163
さよなら、田中さん・・・・・・182

 さよなら、田中さん

●出版社より

この秋、出版界の話題をさらう新人作家がデビューします。
その名は、鈴木るりか。
2003(平成15)年生まれの中学2年生。
小学館が主催する「12歳の文学賞」史上初3年連続、大賞を受賞。
その際、あさのあつこ氏「鳥肌が立つような才能」、石田衣良氏「是非書き続けてもらいたい」、西原理恵子氏「本当にお見事」と、先輩大先生方から大絶賛を受けました。
この度、受賞作品を改稿した2編に、書き下ろし3編を加えた、連作短編集「さよなら、田中さん」でデビューします! 本書を発売する10月17日に14歳の誕生日を迎える鈴木るりかさん。
まさに、文学界のダイヤモンドの原石です。
この新しい才能を、感じてください。

●著者からのメッセージ

始まりは、わずか11枚の手書き原稿でした。
花ちゃんとお母さんのささやかな物語が、こんなふうに広がり、連なり、続いていくとは、書いた当初は夢にも思いませんでした。
花ちゃん、私のところに来てくれてありがとう。
花ちゃんとお母さんのパワーをもらって、書き上げることができました。
二人のおかげで、その周囲にいる様々な楽しい人たちにも出会えました。
そのひとりひとりが背負う陰と、人生に射す一瞬の光。
読み終えたあとに、希望が感じられる小説になっていればいいな、と思います。

作家紹介

鈴木るりか(すずき・るりか)
2003年10月17日東京都生まれ。

血液型A型。
史上初、小学4年、5年、6年生の時(2013~15)、3年連続で小学館主催「12歳の文学賞」大賞を受賞。
小説を書くようになったきっかけは、「12歳の文学賞」の賞品の図書カードで「ちゃお」を一生分買いたかったから。
好きな作家:志賀直哉、吉村昭
好きな科目:国語 嫌いな科目:数学
好きな音楽:ボカロ
好きな有名人:さまぁ~ずの三村さん
将来の夢:小説だけでなく、シナリオや漫画にも挑戦したい。

お気に入りスポット:ロイヤルホスト

この本の中に出てくるセリフがおもしろく的を得ています。
「なんだかメスのカバが、神様に頼んで一日だけ人間にしてもらったらこうなりました、という仕上がりだった。」
「もし死にたいくらい悲しいことがあったら、とりあえずメシを食え。そして一食食ったら、その一食分だけ生きてみろ。それでまた腹が減ったら、一食食べて、その一食分生きるんだ。そうやってなんとかしのいででも命をつないでいくんだよ」
いろんなことに関してのユニークな発想もおもしろい本です。

秋の夜長はたまには、楽譜から離れて、絵本だったり、中学生の本だったり、あまり難しくない本でたまには脳をリラックスさてくださいね。