演歌NEWS:水森かおりさん「演歌の島」で「みかん鍋」

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は、「アンコ椿は恋の花」「兄弟船」「365歩のマーチ」「みだれ髪」などのヒット曲を作詞した星野哲郎の出身地の瀬戸内海・周防大島でカラオケ大会と「みかん鍋」の話題です。

この島は、2日連続でカラオケ大会があるくらいカラオケ好きが集まっているらしく、演歌好きのカラオケ好きには魅力的な島ですね。

この島には、星野哲朗先生の記念館もあってその中にはカラオケルームもあるそうです。また、周防大島には露天風呂もあってそこにもカラオケ機器が設置しているくらいカラオケが盛んな島だそうです。沖縄も身近に歌がありますがここも素晴らしいですね。
音痴の人は住めないですね。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。

水森かおり「瀬戸内の演歌の島」でちょっとビックリ『みかん鍋』・・・どんな味?

ご当地ソングの女王・水森かおりが「JAPA‐NAVI」コーナーで瀬戸内海・周防大島に出かけた。なぜここなのかというと、「演歌の島」だからだ。「アンコ椿は恋の花」「兄弟船」「365歩のマーチ」「みだれ髪」などのヒット曲を作詞した星野哲郎の出身地で、住んでる人たちもみんなカラオケ大好きという島なのである。

水森が訪れた日も、島のホールに550人が集まって一大カラオケ大会が開かれていて、さらに翌日も同じ会場で別のイベントが行われていた。星野哲郎記念館も作られ、そこにもカラオケルームがある。「お弁当を持ってきて何曲も歌うので、最近は1人2曲と決められている」(島民)。水森も「夫婦坂」を歌って大盛り上がりだった。

ゲストのつるの剛士(タレント)「2日連チャンで大会やっているというのもすごいね」

視聴者からは「周防大島は露天風呂にもカラオケの機器があります」というメールが届いた。
皮ごとあぶって鍋に投入

この島のもう一つの名物になりつつあるのが「みかん鍋」だ。周囲の海でとれたエビやタイなどの新鮮な魚介の鍋に、みかんを皮ごと軽くあぶって入れてしまう。10年前に特産のミカンをPRしようと考え出されたものだという。はたしてどんな味なのか。

つゆを飲んだ水森は「さわやかです。みかんは皮ごとたべるの? ああ、なるほど、これは美味しい。苦みが大人の味です」

具材のつみれにもミカンの皮が練り込まれ、つゆも具もさっぱりした味の鍋に仕上がっている。

NHK山口局の後藤理アナ「みかんの皮にはポリフェノールの一種のヘスペリジンが含まれていて、血管を丈夫にして冷え症に効きます」

みかん鍋は11月から3月まで島の飲食店や旅館などで食べることができる。

https://www.j-cast.com/tv/2017/10/26312224.htmlより引用

みかん鍋はどんな味なんでしょうね。
食べてみたいような、ないような。皆さんはどうですか。

星野哲郎記念館公式サイト (山口県周防大島町)

http://www.hoshino-museum.jp/

日本を代表する作詞家・星野哲郎先生の記念館では星野劇場・タタミ舞台・星野博品展など数々の充実したコンテンツにて星野ワールドを十二分にご堪能頂けます。

お問い合わせ

〒742-2512
山口県大島郡周防大島町大字平野417-11

TEL&FAX 0820-78-0365

URL http://www.hoshino-museum.jp
E-MAIL mail@hoshino-museum.jp

■ご利用案内
開館時間 9:00~17:00
休館日 水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日)
入館料 高校生以上 \510 小・中学生 \300
※ 20名以上の団体様は\100割引となります

星野哲郎先生

公式ホームページ

https://www.hoshino-tetsuro.com/

プロフィール◆   

大正14年(1925)山口県東和町生まれ。高等商船学校卒。遠洋漁業の乗組員となるが大病を患って船を下り、約3年間の闘病生活を送る。昭和28年雑誌の懸賞に応募した詞が入選して作詞家になる。
日本コロムビア、日本クラウンの専属を経て、フリー。美空ひばり「みだれ髪」、北島三郎「兄弟仁義」「なみだ船」「函館の女」「風雪ながれ旅」「北の大地」、水前寺清子「三百六十五歩のマーチ」、小林旭「昔の名前で出ています」、都はるみ「アンコ椿は恋の花」「夫婦坂」などヒット曲多数。
紫綬褒章受章。勲三等瑞宝章受賞。
前、(社)日本作詩家協会会長、日本音楽著作家連合会長。東京都小金井市在住。

若い人の詩の中に、宝石のような言葉を見つけることがある、と言います。
才能ある若い人が、時間を惜しまず努力したら、今と違う演歌の姿が見えて来ると語る、そのやさしいまなざしは、あなたに話しかけているように見えます。
現在でも、一日一つは詞を書かれているとのこと。
私たちの尊敬する歌謡界の大先輩です。   

代表作
思い出さん今日は
黄色いさくらんぼ
出世街道
アンコ椿は恋の花
函館の女
三百六十五歩のマーチ
男はつらいよ
昔の名前で出ています
風雪ながれ旅
兄弟船
みだれ髪

星野哲郎作品集

温故知新 ~星野哲郎作詞家生活50周年企画

星野哲郎作詞家生活50年を振り返り、数千の作品より厳選された作品集。

全59曲を自らが思い出とともに語る解説書付。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は参考になると思います。

<収録曲>

DISC-1

思い出さん今日は/蟹工船/黄色いさくらんぼ/さいはての唄(アリューシャン小唄)/なみだ船/出世街道/清らかな青春/明治大恋歌/俺だって君だって/おんなの宿/涙を抱いた渡り鳥/自動車ショー歌/アンコ椿は恋の花/兄弟仁義/男の涙/6番のロック/純愛のブルース/函館の女/想い出を君に返そう/いっぽんどっこの唄/冬子のブルース/花はおそかった

DISC-2

夜のピアノ/河内遊侠伝/関東流れ唄/いつでも君は/叱らないで/城ヶ崎ブルース/さようならは五つのひらがな/三百六十五歩のマーチ/男はつらいよ/女渡世人/お金をちょうだい/祭りのあと/昔の名前で出ています/風雪ながれ旅/好きですサッポロ/兄弟船/女の港/夫婦坂/海の祈り/坂のある町

DISC-3

雪椿/みだれ髪/息子/不如帰/春の海/京の川/山/心/思い川/北の大地/感謝状~母へのメッセージ/前橋ブルース/さだめ雪/海峡の春/湯情の宿/君/親子船

確かに、世に残るような素晴らしい曲ばかりですね。記念館ができるのも、島の人たちがカラオケ好きになるのもわかるような気がします。一度は訪れたいですね。