演歌話題:坂本冬美インタビュー~「演歌歌手・坂本冬美」

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は、1987年のデビュー以来、「NHK紅白歌合戦」に28回出場するなど、30年以上にわたって演歌歌手として不動の地位を築いている坂本冬美さん。

坂本冬美さんは常に順風満帆だったわけではなく、30年の中では病気で活動休止を余儀なくされた時期もあった。2009年には「また君に恋してる」が演歌という枠を超えた大ヒットも記録されています。

坂本冬美さんは、演歌の名曲群を彩ったカヴァー・アルバム「ENKAII~哀歌~」を2017年10月25日にリリースされていますね。

そんな、30年を迎えた坂本冬美さんのインタビュー記事が出ましたので抜粋して紹介します。

すべての記事をご覧になりたい方は下記のホームページでご覧ください。記事もですけど写真もたくさんあって見応え、読み応えがありますよ。

坂本冬美インタビュー~「演歌歌手・坂本冬美」から伸びた「ロック」という枝葉との31年目

https://news.yahoo.co.jp/byline/munekataakimasa/20171026-00077317/から引用抜粋

試行錯誤のシャンソン・メドレー

【Q】先日、BillboardLiveTOKYOでのスペシャル・ライヴ(2017年10月2日)を拝見したのですが、シャンソン・メドレーに初挑戦されていましたね。
なぜ今シャンソンにチャレンジしたのでしょうか?

BS-TBSの番組の収録もあって、番組プロデューサーにいろんなことをやってほしいと言われたんです。
オリジナル曲や歌謡浪曲も歌ってほしいし、「また君に恋してる」もアレンジを変えて歌ってほしいと言われて、さらに初挑戦のシャンソンも歌ってほしいと言われたんです。
「1曲なら何とか頑張ろう」と思っていたらメドレーで来ちゃって(笑)。

忌野清志郎との出会いとHIS

【Q】梅干し会社でのお勤めを辞めて、演歌歌手を目指して猪俣公章さんの内弟子をされていた19歳の頃は、現在のことを想像できたでしょうか?

まったくつかない! ド演歌でデビューしたくはなかったんです。
今は格好いいデビュー曲をいただけたと思っていますけど、石川さゆりさんに憧れて歌手になったので、さゆりさんのようなしっとりとした女唄を歌いたかったんです。
でも、その当時の私は今より10キロぐらい太っていて、女唄というイメージじゃなくて「ドンといけ!」と(笑)。
ぴったりでした(笑)。
そのときの風貌もあるでしょうし、若さやパンチ力もあったので、デビュー曲は男唄の「あばれ太鼓」になったんでしょうね。

【Q】1991年の「火の国の女」など、女唄も歌うようになったきっかけはなんだったのでしょうか?

5年目ですね。
しかも3年目には「火の国の女」はできていたんです。
でも、猪俣先生のご判断で「まだ早い」と。
男唄は人生経験がなくても若さとパンチ力で歌えるけど、女唄って人生経験を積んだほうがいいに決まっているので、そういうご判断だったんでしょうね。

ふたりの師匠~猪俣公章との別れと二葉百合子との出会い

【Q】1994年の「夜桜お七」は、1993年に猪俣公章さんが亡くなってからの最初のシングルでした。
師匠を失っての歌手活動は大きな試練だったのではないでしょうか?

まさにその通りで、猪俣先生が亡くなった後、スタッフ一同で「何をすればいいんだ」と考えた後、通常の演歌だとどうしても猪俣先生と比べてしまうので、思いきって林あまりさんというまったく違う世界の方に作詞をお願いして、「アンパンマンのマーチ」からミュージカルまで手がけていらっしゃる三木たかし先生に作曲をお願いしました。

 

【Q】「夜桜お七」は、緊張感に満ちたイントロから始まって、坂本冬美さんが演じるかのように歌うのが素晴らしいですね。

三木たかし先生が「前半のスローな部分は満開の桜が咲き誇っている静かなイメージで、そこに月が浮かんでいる何か怪しい雰囲気をイメージして。
リズムが変わったら、桜が舞い散るところをイメージして気持ちを切り替えて」とおっしゃってくださって歌えたんです。

【Q】二葉百合子さんからの教えで大きかったものはなんでしょうか?

いろんなことを教えていただいたんですが、「1曲歌うのも20曲歌うのも同じ気持ち、ステージに立つには1曲も20曲も同じなのよ」ということですね。
あと、先生流に言うと「かじっちゃいけない」。
「よーし聴かせてやろう!」とオーバーにコブシを回して、「どうだ聴け!」っていう歌い方をしてはいけないと。
それは「スマートに歌いなさい」ということだと思うんですよ、持てる力を出しきって。
「聴かせてやろう、どうだうまいだろう!」なんて歌は、聴いていて絶対いい歌に聴こえないとおっしゃっていました。
誠心誠意、心をこめて歌いなさいということだと思いますね。
手を抜いちゃいけないと。

CDが売れない時代に「また君に恋してる」が大ヒットした理由

【Q】坂本冬美さんは2009年の「また君に恋してる/アジアの海賊」で演歌の枠にとどまらない大ヒットを飛ばしました。
いわゆる演歌ではない楽曲でも人々を魅了できたのはなぜだと思われますか?

若い方がダウンロードして着うたで聴いてくださって。
私の中でイメージしていたのは、長年連れ添ったご夫婦だったり、籍は入れてなくても恋人同士だったりで、そこには長い年月があるというイメージだったんです。
でも、若い方が付き合って半年しか経っていなくても、そこにもドラマっていっぱいあるわけじゃないですか? 「なるほど!」と思いましたね。
ただ長ければいいんじゃなくて、その短い期間にもふたりの仲には嬉しいこともあれば喧嘩もあると、若い方の反応で知ることができたんですよね。
「なるほどなぁ」って。
この歌がそうやって広がっていって、心に届く詞や曲を先生方が作り、歌い手が代弁して心に届く歌を歌えばヒットするんだ、ちゃんと受けとめてくれるんだとわかったのが何よりの収穫でしたね。

【Q】それは猪俣公章さん、二葉百合子さんの教えの通りでしたか?

もちろんです。
それに「CDが売れない」とか「ヒット曲が出ない」と言われていた時代のヒット曲だったわけじゃないですか。
もちろんCDの売り上げよりも配信のほうが大きかったですよ。
でも、何より心に届くとういうのが大事じゃないですか。
「今はCDが売れない時代だからカラオケで歌ってもらえる曲を作ってればいいや」ということではないんです。
もしかしたら歌ってもらえないかもしれないけれど、一生懸命心を届けようとする気持ちを忘れずに、素晴らしい詞や曲を作れば届くんだってことを、レコード会社の人たちも再確認できたと思うんです。
「演歌世代のヒット曲はあるかもしれないけれど、広い世代に受け入れられる曲はもう無理だろう」という時代にヒットしたのが大きかったと思います。
それを歌わせていただいたのがたまたま私でした。
私は天から授かった宝物だと思っています。

【Q】「また君に恋してる」のオリジナルはビリーバンバンですが、坂本冬美さんの歌声を通すことで大ヒットしたのはなぜだと思われますか?

あの曲が私のところに降りてきてくれたんだと思いますね。
二葉先生の「岸壁の母」も実はカヴァー曲なんですよ(オリジナルは菊池章子)。
二葉先生もカヴァー曲で大ヒットしてるんですよね。
だから、その曲との相性なのかはわかりませんが、本当に「降りてきてくれたんだ」と感じますね。

 

【Q】カヴァーすることに意味があるんでしょうかね?

どうなんでしょうねぇ。
でも、たくさんの歌手の方が数々の名曲をカヴァーし続けて残ってきたわけで、「また君に恋してる」もカヴァーされる時代が来るかもしれないし、「夜桜お七」を歌ってくれる方が現れるかもしれない。
こうやってつながって名曲は残っていくんでしょうし、私がたまたま「また君に恋してる」に出会えたことは、本当に大きなターニングポイントになりました。

【Q】「また君に恋してる」では、演歌の歌い方とどのように変えましたか?

コマーシャルソング(三和酒類『いいちこ日田全麹』のCMソング)ということで、どこが流れるのかを意識して歌っています。
地声で歌うのか、軽くファルセットで抜くのかもディレクターと相談して歌って。
そして、コマーシャルソングだけどいい歌だから全部録らせていただいて、CD化させていただきましょう、ということになりました。

【Q】演歌ではないフィールドに出たときの坂本冬美さんの強さはすごいですよね。

不思議ですよねぇ。

広い意味での「歌手」の中での演歌歌手

【Q】31年目を迎えて、坂本冬美さんはご自身をどんな資質の歌手だと考えていますか?

決して器用じゃないんですよ。
器用じゃないけど、カメレオンみたいにその世界に染まれる体質なのかなと。
いろんな歌手の方とジャンル問わず歌うと邪魔にならないで一緒に歌えるんですよ。
そういった意味では、誰にでも寄り添って歌える声質なのかなと。

【Q】真逆なのですが、坂本冬美さんの歌の圧倒的な巧さがあるからこそだと思っていました。

ありがとうございます、それは嬉しいことです。
でも、自分では意外と邪魔にならないから、いろんな人とできるのかなと。
そういう柔軟性はあるのかと思っていました。

【Q】坂本冬美さんのキャリアを振り返ると、さまざまな苦難や変化に対応してきたからこそ現在があるように感じられます。
その柔軟さの秘訣はどこにあるのでしょうか?

まずスタッフにあると思います。
スタッフがいろんなことをやらせたがるじゃないですか(笑)。
これでも「あれは嫌だ、これも嫌だ」と言っているんですけど、その中でも「これだけはやっておきなさい」と言われることがあるんです。
スタッフのアンテナが張り巡らされていて、選んで持ってきてくれてますね。
柔軟性をもってやってきてくれたのは、私というよりスタッフなのではないかなと。

【Q】その結論は?

今思ってることは、今まではかたくなに「演歌歌手・坂本冬美」でしたし、それは崩さない。でも、広い意味での「歌手」の中に演歌歌手があってもいいじゃない、ってね。ただ、新聞に載るときは「演歌歌手」だから、私は間違いなく演歌歌手なんです。
それがあって、いろんな枝葉が広がっているイメージでいいんじゃないの、って。
その中で自分が「これは歌ってみたい」と思うものにチャレンジして、気がついたら大きな幹になり、枝葉が出てきたね、っていうような歌手になれればいいんじゃないかなと思っています。


伍代夏子、親友・坂本冬美の結婚を心配「出会いがないのよ」

演歌歌手の伍代夏子さんが、初の自伝『人生めぐり愛~今がいちばん幸せ~』刊行記念イベント取材で、公私ともに親交の深い演歌歌手の坂本冬美さんが未だ独身でいることについて「あやちゃんはまぁいいかもしれないけど、冬美ちゃんは切実」と心配。「探してあげたりしてたけど、こればっかりはね。頑張ってください!」と坂本冬美さんを激励した。

坂本冬美さんの結婚が成就しない原因として、「出会いがないんでしょうね」と分析。「頑張り屋ですし、マメだし尽くすタイプ。いいお嫁さんになると思うんですけど…」と親友の幸せを案じていた。


演歌NEWS:坂本冬美さん新アルバム「ENKAII~哀歌~」の発売イベント
今日の話題は、演歌歌手の、坂本冬美さんが9日、東京都内で新アルバム「ENKAII~哀歌~」の発売イベントを開催。坂本が公認するものまねタレント、坂本冬休みさんもサプライズ登場し、冬美と同じ事務所所属の歌手、森山愛子さんも参加し会場をわかせた。 坂本冬美さんは、自身とそっくりの「坂本冬休み」さんを絶...

10月に終わりを迎え、NHK紅白歌合戦も近づいてきましたね。

準備などに忙しい坂本冬美さんだと思います。

これからも期待したいですね。応援しています