演歌話題:カラオケ採点機DAMで100点、開発者に聞いた攻略法

Pocket

スポンサーリンク

今日の演歌話題は、カラオケファンにはおなじみのDAMの精密採点の攻略法を開発者に聞いたという記事がありましたので、さっそく演歌好きのファンにも紹介します。

記事は、DAMの精密採点DX-Gで100点をとれるかという内容で、開発者に話を聞いて実際に試された内容です。
ちょうど、今週10月18日の放送されたTHEカラオケ☆バトル(テレビ東京系)で2017年間チャンピオン決定戦 4時間スペシャルがありましたね。

堀優衣ちゃんが(17歳・高校2年生・U-18歌うま四天王)が優勝されていましたね。
99.956点でもう少しで100点でした。

うらやましい限りですが、攻略法があるということなので見てみましょう。

詳しくは下記のページで画像付きで説明されています。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1710/21/news033.html

カラオケ採点機で100点、どうすれば取れる?第一興商・開発者に聞いた攻略法を紹介

バラエティー番組などですっかりおなじみとなったカラオケの採点機能。テレビでは99点や100点などの超高得点がたたき出されていますが、一般の人でも出せるのでしょうか。コンテンツの開発元である第一興商を取材し、ねとらぼ記者が実際に歌ってみました。

関ジャニの仕分け∞(テレビ朝日系)、THEカラオケ☆バトル(テレビ東京系)など、多くのバラエティー番組に取り上げられている第一興商(DAM)のカラオケ採点コンテンツ「精密採点DX-G」。画面上部に表示される音程バーに合わせて歌唱することによって、音程正確率(音程がどれだけ正確か)や表現力などを最高100点でカラオケマシンが総合的に採点するコンテンツです。

カラオケ番組などでは99点や100点などハイスコアが飛び出しますが、実際にカラオケ店で採点に挑戦した人からは、「そこまでの点数が出ない」「100点なんて出ないんじゃないか」「あれはテレビだから点数が出やすくなっている」といった声も聞かれています。そこで今回は「どうすればカラオケ採点で100点を出せるのか」を調査したいと思います。

第一興商・開発者に聞く「カラオケ100点への道」

攻略法を聞くのであればこの人しかいない、と筆者が訪れたのは、カラオケ機器を開発・販売している第一興商の開発本部です。取材に応じてくれたのは商品開発部技術課のチーフで精密採点の生みの親・【A】さん。

1973年からカラオケに関する事業をはじめた第一興商は1995年に「カラオケオーディション」という採点ゲームを開発・搭載したことを皮切りに、複数のカラオケ採点コンテンツを開発。2003年には現行システムの礎となった「精密採点」、2007年には「精密採点2」、2010年には「精密採点DX」、2015年からはテレビ番組などでも多数取り上げられている「精密採点DX-G」を搭載する機種を発表しています。

DAM 精密採点 カラオケ採点 採点 精密採点 攻略法 100点 99点 第一興商
「精密採点DX-G」の歌唱イメージ。音程バーに合わせて歌唱すると、歌唱軌跡が色変わりし、さまざまなテクニック加点などが表示される。音程バーの上に表示されているテクニック評価は左から「しゃくり」「ビブラート」「フォール」「こぶし」

採点の仕組み

【A】さんによると、高得点を獲得するためにはまず、採点システムを理解することが重要とのこと。「精密採点DX-G」では以下のように細かな採点基準が設けられています。
音程

画面上部に表示される“見えるガイドメロディー”(音程バー)は、正しい音程で歌えると黄色く色づき、誤った音程だと赤色に表示されます。音程がより正確な場合には、歌唱バーをなぞるように青・赤・金・虹のキラキラが表示されることとなっており、赤色のキラキラ、金色のキラキラ、虹色のキラキラが表示されれば「スゴイ!」といわれています。歌唱終了後には音程正確率が発表され、これが100%に近ければ近いほど高得点が期待できます。

表現力

歌唱テクニックを総合的に評価する「表現力」は100点満点で採点されます。採点対象のテクニックは「抑揚」「しゃくり」「こぶし」「フォール」の4種類です。

抑揚

「抑揚」とは、パートやフレーズによって声量を変化させるテクニックで、表現力の要。プロ歌手の多くがこのテクニックを効果的に使用しています。

しゃくり

「しゃくり」とはあえて本来の音よりも少し低い音から入り、声をしゃくりあげながら本来の音に近づけていくテクニックです。平井堅さんの「楽園」の冒頭、「満たされた」という部分などは「みぃたぁされたぁ」となりますが、この「みぃ」の部分がしゃくりです。

こぶし

「こぶし」は声を細かく強弱することにや音程を一瞬だけ上下させることによって節回しを強調するテクニックです。民謡や演歌などでよく言われる「こぶしが効いている」はまさにこのテクニックのこと。元ちとせさんの「ワダツミの木」のサビ、「星もない」の「ほぉしもぉおないぃい」の「もぉお」と「いぃい」の部分がこぶしです。

フォール

「フォール」は本来の音程からあえて音程を下にずらすテクニックです。ポルノグラフィティの岡野昭仁さんはさまざまな楽曲でこのテクニックをうまく使っています。例えば「サウダージ」の「泣くも笑うも好きも嫌いも」のあとの「あぁー」では声が途切れる瞬間にフォールして情感を出しているのです。

ビブラート

「ビブラート」は声を一定の幅で上下させるテクニックです。演歌などでも多用されますが、さまざまなジャンルで最も耳にすることの多いテクニックではないでしょうか。アンジェラ・アキさんの「This Love」のサビ最後、「愛を自由にする」の「するぅー」の部分のようにゆったりとかける場合、高橋洋子さんの「残酷な天使のテーゼ」の冒頭、「残酷な」の「ざぁー」のように細かくかける場合などさまざまな使用方法があります。

精密採点DX-Gでは、ビブラートの上手さを5段階で評価する他、合計秒数と回数、A-1からC-3までのビブラートタイプを判定してくれます。

ビブラートタイプA-1は俗にいう「ちりめんビブラート」で、非常に狭い振れ幅を早く細かく行き来させるタイプです。そこから「C-3」に向けてに振れ幅の感覚が広くなっていきますが、「B-2」から「B-3」が採点的には高評価になる割合が高いそうです。

「ロングトーン」「安定性」「リズム」

「ロングトーン」はひとつの音をキレイに伸ばし続けられるかどうかという判定で、5段階評価されます。ビブラートを掛けすぎると、このロングトーンの評価が下がってしまいますので、使いどころが重要となります。「安定性」は声がまっすぐ伸びているか、震えていないかを判定するもので、10段階評価で判定されます。「リズム」は歌唱スピードが遅れがちになる「タメ」から歌唱スピードが早い「走り」までの7段階評価。真ん中になれば、ちょうどよいスピードで歌えているということになります。

DAM 精密採点 カラオケ採点 採点 精密採点 攻略法

歌唱後に表示される採点評価の画面。各項目が細かく採点される。この曲の場合ロングトーンは9、安定性は10

これらの評価について【A】さんは、「全てを満点にする必要はない」と話します。

【Q】ズバリお聞きします。厳しい採点基準項目でそれぞれどの程度の評価を獲得すれば100点を出せるのでしょうか。

【A】:音程であれば正確率95%以上、表現力は90%以上を目標とすれば良いでしょう。安定性とロングトーンは10、ビブラートの上手さは3.5以上、リズムは中央を目指すと100点のラインが見えてきます。

【Q】最も重要視される項目は何ですか。

【A】:機械がもっとも正確に判定できる分野、音程です。ちなみに先ほど音程正確率95%以上で超高得点が狙えるというお話をしましたが、92%あれば十分に可能性はありますし、それ以下でも総合的な採点で超高得点となる場合もあります。

【Q】音程は繰り返し原曲を聞きこんだり、原曲にかぶせるようにして歌ってみる練習でなんとかなるのですが、表現力、特に抑揚の点数を上げるのが難しいです。

【A】:抑揚は声量に変化をつけるのを意識することが大切です。昔はマイクを激しく振ったりすると抑揚のポイントを稼げるようになっていたのですが、現在は改良が重ねられて対策されています。まずはAメロは小さめ、サビは大きめなどの形で練習していき、慣れてきたらワンフレーズの中でも声量をコントロールしてみると良いと思います。

【Q】マイクといえば、中には“マイマイク”をカラオケ店に持ち込む方もいますよね。良く聞くのはSHURE製のSM58というマイクは点数が出るというお話です。

【A】:開発時にいろいろなマイクでテストをして、どんなマイクを使っても点数に大差が出ないようにチューニングしていますので、「このマイクを使えば点数が伸びる」というものはありません。差が出る可能性としてあり得るのは有線と無線の違いです。

【Q】マイマイクは有線でつなぐけれども、お店のマイクはワイヤレスだということですよね。

【A】:そうです。無線の場合、マイクとDAM本体の間の受信機の音量レベルが極端に小さい場合に点数が伸び悩むということはあり得ます。一方有線の場合は、どんなお部屋でもいつもの条件が整いやすいので歌いやすく感じるのだと思います。

【Q】この他にもお部屋の形やフロントパネルで調整できる「ミュージック音量」「エコー」「マイク音量」の設定によって点数が出やすいというのも聞いたことがあります。

【A】:確かに良く聞きますね。でも実はフロントパネルで調整できるものは、お店のスピーカー出力に作用するものなので、あくまで聞こえ方に影響するということなんです。ですので直接的には採点への関係はありません。またお部屋の形や部屋のどの位置で歌うのかというのも採点へは影響しません。

【Q】ではなぜそのようなオカルト的なウワサが広まったのでしょうか。

【A】:音響面は採点エンジンに関係しないとはいえ、歌唱しているご本人にとって「歌いやすい環境」を作ることには影響します。フロントパネルの調整によって気持ちよく歌える設定を作ることで、結果的に高得点につながるということは十分あり得るので、そうしたところから広まったのではないかと思います。

【Q】カラオケではキーの調整やテンポの調整もできますよね。あれは採点に影響するのでしょうか。

【A】:キーに関しては自分に合ったキーで歌うことが大切です。精密採点DX-Gでは、点数が出た後に「分析レポート」や「声域」の評価が表示されますので、そこを参考に自分に合ったキーを探してみると良いでしょう。特に「声域」が合っていないときは、正しい音程で歌えていない音が赤色で表示されますので、分かりやすいと思います。テンポに関しては調整しても採点自体には直接影響しませんが、テンポを下げると安定性が落ちやすくなってしまいますし、ロングトーンも落ちやすくなってしまいますからあまりオススメはしません。練習のためなどに使うのは良いと思います。

採点結果で発表される分析レポート

【Q】たまに「原曲ではこうだけど、カラオケではここのリズムちょっと違うな」とか「音程がちょっと違うな」っていうこともありますよね。その場合は本人通り歌うべきなのでしょうか。それともカラオケ機の音で歌うべきなのでしょうか。

【A】:基本的にDAMのカラオケは、第一興商のスタッフができるだけ原曲に忠実にガイドメロディーを作っていますが、多少原曲と違うというところもあるかと思います。その場合はガイドメロディーの方を優先していただいた方が点数的には伸びます。このガイドメロディーはデンモク(曲を予約する端末)の設定のところで音を大きくすることもできるのでぜひ活用してみてください。また、極端に音が間違っている、歌詞が違うという場合はお問い合わせフォームへご連絡をいただけるとありがたいです。

【Q】得意なところだけ歌って、曲の途中で「演奏停止」を押した場合にも100点は出るのでしょうか。

【A】:条件を満たせば出ます。曲のおおよそ3分の2以上を歌唱することが条件のひとつです。

DAMの機械には精密採点シリーズ以外にも「ランキングバトル」という全国対戦型の採点ゲームが搭載されています。これは1カ月間に対象曲を歌唱した人のスコアがリアルタイムで表示されるというもので、歌唱途中にも今自分が全国で何位に入っているのかが確認できます。見事1位から3位に入賞した場合は、全国のカラオケDAMにニックネームと点数が表示される他、カラオケコミュニティーサービス「DAM★とも」では、今月のトップ100の名前とスコアが表示されます。

【Q】2004年から導入された「ランキングバトル」も面白いですよね。精密採点とランキングバトルでは採点システムに違いがありますか。

【A】:音程の合否を決める幅がランキングバトルよりも精密採点の方が厳しいです。またランキングバトルではビブラートの合計秒数を評価していましたが、精密採点ではビブラートそのものの上手さを評価しています。またランキングバトルでは評価対象外だった安定性、ロングトーンの上手さ、こぶし、フォールが精密採点では採点対象となっているので、人によって「ランキングバトルの方が点数が高い」「精密採点の方が高い」ということもあるようです。

【Q】リリースから10年以上が経過した今でもランキングバトルは人気コンテンツですか。

【A】:現在はランキングバトルよりも精密採点を楽しむ方が増えていますが、まだまだ人気のコンテンツです。プレゼントがもらえる課題曲ランキングバトルなどのキャンペーンも好評です。

【Q】最後に、超高得点を目指すためにやった方が良いことがあれば教えてください。

【A】:採点コンテンツは「歌がうまくなりたい」という方のために開発されました。上手に歌えるようになるためには、まずは自分が苦手とする部分を見つける必要があります。この苦手な部分をひとつずつ練習することにより、総合得点は上がっていきますので、採点時に表示される「分析レポート」などを参考に苦手箇所の練習を楽しんでいただければと思います。

筆者は【A】さんのアドバイスを踏まえて歌唱練習を開始。徹底的に原曲を聞きこんだり、カラオケ店で実際に歌唱した際に表示される歌唱レポートのアドバイスを忠実に守る練習を続けました。特に「分析レポート」では「ハッキリした発声」「もう少し声に強弱を」など、自分自身でも気付かないような弱点を指摘してくれて役に立ちました。

練習した曲は、もともとのスコアが95点~97点台だった高橋瞳さんの「青空のナミダ」、98点~99点だったKさんの「Only Human」、94点~96点台だったKAT-TUNさんの「Real Face」の3曲です。

もっともはやく100点が獲得できたのは「Only Human」。基礎点99.062点に音程ボーナスが加わり、夢の100点を達成しました。原曲でKさんが抑揚や緩急をつけた歌い方をされているのでそれをマネつつ、ビブラートを極端にかけすぎないようにしてロングトーンを伸ばしたことにより、音程正確率92%、表現力97点を獲得しました。

このようにスローテンポな曲は点数が出やすいと言われますが、テンポの速い曲ならどうなるのかと試してみたのが「Real Face」です。どちらかというと抑揚をつけやすい曲ではないので、Aメロは小さく、サビは大きめ、大ラスのサビは全力を心掛けました。また抑揚での評価UPは厳しいと判断し、こぶしを意図的に増加させたほか、頭音のしゃくりも増やしたところ音程正確率92%、表現力92点で基礎点98.759点にビブラートボーナスを加えて100点となりました。

苦労したのは「青空のナミダ」。筆者は声が低いので高橋さんの原曲キーに合わせるとサビ部分でどうしても裏声が多くなり、声量が下がってしまいます。そこで【A】さんのアドバイス通りキーを下げてみたところ、基礎点98.513にビブラートボーナスを加点して100点を獲得することができました。

この他にもいくつかの曲に挑戦したところ、なんと複数の曲で100点を獲得できました。特に松原みきさんの「真夜中のドア~stay with me~」では、音程正確率89%に対し、表現力が95点となり、ビブラートボーナスが1.7点以上加点されるという筆者としては珍しいパターンが生まれました。

1カ月以上かけて徹底的に研究をつづけた筆者の精密採点DX-G攻略法は以下の通りです。

ひたすら原曲を聞いた後はお店でその音程が正しいのかガイドメロディーで確認
まずは加点を狙わず音程の練習をし、音程正確率92%以上になったら加点ポイントを決める
ビブラートはむやみやたらにかけない。ここぞというときだけにしてロングトーンを増やす
抑揚が難しい曲はしゃくり30回以上、こぶし5回以上で100点ライン
マイクはよく充電した方が良い気がするので、ずっと同じマイクで歌わない
分析レポート画面の写真を撮って、反復練習
FLOWさんの「COLORS」、スキマスイッチさんの「奏(かなで)」、中島美嘉さんの「ORION」は抑揚が付けやすい
得点が出やすい曲はスローテンポの曲とアイドルの曲などメロディーラインが簡単な曲

テレビ番組の出場者は技術加点なしで100点や99点の高得点をたたき出しているため、もう少し訓練は必要なものの、ホクホク顔で第一興商に「おかげさまで100点出せるようになりました」と報告してみました。すると「実は10月6日に新しい採点ゲーム『精密採点DXミリオン』が発表になりました」とのこと。え、なんだって……。

開発者の開発一課・チーフの藤木剛さんによると、ミリオンでは「100点を超える点数を獲得できる」とのこと。これまでにも100点を超えた点数で採点できる「カラオケトーナメント」というコンテンツが存在しましたが、リリースから月日が経過したため新要素を含むコンテンツの開発に着手したのだそうです。

とはいえ、「100点を超えるって一体どういうこと?」と、試してみると精密採点DX-Gとは桁違いの「433万4199点」を獲得しました。

藤木さんによると「歌唱テクニックよりも音程の正確率を重視している」とのことで、音程を正確に獲得し続けると「コンボボーナス」が発生する他、かなり正確に歌えた場合には音程バーが金色になる「Great」に、正確に歌えた場合は黄色になる「Good」、外れると赤色になって「Bad」になるなど、ドキドキ要素が追加されています。


いかがですか?早速明日から練習してみましょう。

出来れば記録をとったほうがいいですね。

堀優衣ちゃんのお母さんも記録とってましたからね。

「えんかすき」も記録とってますよ。100点にはほど遠いですが(笑)

こちらに記録用紙を置いてますのでご自由に印刷して記録とって100点目指してください。

「カラオケDAMの精密採点で高得点をとるために」のまとめです。 以前に カラオケDAMの精密採点で高得点をとるために(その1)から(その5)まで書きましたが、まとめて見れるようにして戴きたいとの意見をもらいましたのでまとめて固定ページにしました。 精密採点DXとは 精密採点DXとは、テレビ番...

でもカラオケもこんな採点があって楽しいですね。まぁちょっとむきになる時もありますが、カラオケの向上心を保つのにはいいですね。