JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP30 2017/11/1更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2017/11/1更新)を掲載しました。

今回は、初登場曲はありませんでした。このランキングを始めてから初めてではないでしょうか。定番の曲が上位を占めていますね。毎月ヒット曲が出ていますが、それ以上に、石川さゆりさん、テレサ・テンさん、吉幾三さん、石原裕次郎さん等の定番曲が歌われているのでしょうね。新曲と呼ばれている曲は先週と同じですね。

 

 

 

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
前回のJOYSOUNDカラオケランキング

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2017/11/1更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号
2 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号
3 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号
4 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号
5 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号
6 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
7 大月みやこ 流氷の宿 2017年10月号 2017年10月号 2017年11月号 2017年11月・12月号
8 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
9 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号
10 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号
11 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号
12 田川寿美 心化粧 2017年08月号 2017年08月号 2017年08月号 2017年9月・10月号
13 水田竜子 新庄恋しや 2017年09月号 2017年09月号 2017年09月号 2017年9月・10月号
14 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号
15 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
16 北山たけし アカシアの街で 2017年11月号 2017年11月号 2017年11月号 2017年11月・12月号
17 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号 2017年01月号
18 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号
19 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース 2014年04月号
20 吉幾三 雪國 2013年03月号
21 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪
22 福田こうへい 道ひとすじ 2017年11月号 2017年11月号 2017年11月号 2017年11月・12月号
23 五木ひろし わすれ宿 2005年08月号 2005年08月号 2017年06月号 2005年9月・10月号
24 千昌夫 北国の春 2009年04月号
25 テレサ・テン 別れの予感 2015年07月号
26 梅沢富美男 夢芝居
27 水森かおり 早鞆ノ瀬戸 2017年07月号 2017年07月号 2017年07月号 2017年7月・8月号
28 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号
29 市川由紀乃 はぐれ花 2017年05月号 2017年05月号 2017年05月号 2017年5月・6月号
30 天童よしみ 珍島物語 2017年08月号 1996年3月・4月号

詳しくはJOYSOUNDのカラオケランキングのページでご確認ください。

https://www.joysound.com/web/karaoke/ranking/all/weekly

カラオケでの選曲って結構悩みませんか。人とかぶらないようにとか、季節とか、聴いている年代層とか、思ったより頭を使いますよね。
何を入れていいかわからない時にやっぱり慣れ親しんだ、定番曲を歌う人が多いのでしょうね。履歴を見て選曲している人も以外と多いんじゃないでしょうか。

それでもカラオケは楽しい娯楽です。健康にもいいといろんな健康番組でも紹介されていますすしね。

人前で歌うためには練習もするし、歌詞も覚えないといけないし、身ぎれいにしないといけないし、ぼける暇ないですよね。