演歌以外:綾小路きみまろの「恋人つなぎ」漫談「70代が不倫して…」

Pocket

スポンサーリンク

今回の話題は、「中高年のアイドル」綾小路きみまろさんが作家の林真理子さんと漫談の話題です。

最近は、認知症や介護のまじめな話題が多かったのでここでちょッと、綾小路きみまろさんの漫談の記事がありましたので紹介します。動画ももちろん面白いのですが対談の記事も楽しいですね。

綾小路きみまろ(あやのこうじ・きみまろ)さんは、1950年、鹿児島県生まれ。
拓殖大商学部卒です。
在学中にキャバレーの司会者を始め、その後、演歌歌手の専属司会者などとして活動しました。
2002年、自作した漫談テープがきっかけとなり、CD「爆笑スーパーライブ第1集! 中高年に愛をこめて…」を発売し、オリコンチャート3位になり、「中高年のアイドル」と呼ばれるようになりましたね。

観光バスの中でよく聴きましたね。

綾小路きみまろの「恋人つなぎ」漫談 70代が不倫して…

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171102-00000055-sasahi-entより引用

「中高年のアイドル」、綾小路きみまろさんが作家・林真理子さんとの対談に登場。自然体で話されているのに、おっしゃる一言一言がおもしろくて、笑いが絶えない対談となったのでした。

*********************************
林:そもそもきみまろさんは、バスでブレークしたんですよね。漫談を吹き込んだカセットテープをダビングして、それを高速道路のサービスエリアで観光バスの運転手さんとかガイドさんに配ったんでしょう?

綾小路:ブレークのきっかけでしたね。ブレークしてからは宣伝しなくてもよくなって、ショーのチラシを旅行会社に持っていけばいいという時代がずいぶん続きました。ところが、高速道路のバスの事故があったでしょう。あれからバスツアーは激減しました。中高年は怖がって乗らないし、バス会社としても運転手さん2人乗せないとダメという規則ができて、採算がとれないんですね。

林:そうなんですか。

綾小路:今は徐々に回復して、1台か2台は来てるみたいです。それと、前はみんな他県からわざわざ来てたので、たとえば宇都宮でバスが40台とか50台来ても、宇都宮の人はぜんぜん来てなかった。今は、宇都宮とか甲府に住んでいる地元の方が、来てくれるようになりました。

林:ブレークして15年たっても、きみまろさんの代わりの人が出てこないですよね。芸人さんは次から次に新しい人が出てきますけど、きみまろさんに続く人がいない。

綾小路:偉そうですけど、中高年はホンモノが好きなんです。いいものが好きなんです。ワインでも日本酒でもそうです。加えて、大変失礼だけど、古典落語みたいに長い話はダメなんです。じっくり聞けないんです、眠くなっちゃって(笑)。

林:ハハハハ。

綾小路:機関銃のように攻撃していかないと、1時間起きていられないんですね。

林:きみまろさんの芸は、若い芸人さんがマネしようとしてもできないから、あと30年はいけますね。

綾小路:いや、いけないです。体力的に無理です。

林:20年は。

綾小路:いや、いかないです。五輪までは何とか頑張ろうかなと(笑)。

林:何をおっしゃいます。あと3年じゃないですか。私の業界なんか、瀬戸内寂聴先生は95歳ですよ。

綾小路:すごいですねえ。でも、舞台に立つというのは、ちょっと種類が違うかもしれない。私も落語の師匠みたいに座ってやるんだったら80歳ぐらいまでできるかもしれないけど、道に迷ったタヌキみたいに、あっち行ったりこっち行ったりしてしゃべらなくちゃいけないので、けっこう体力使うんですよ。

林:きみまろさんは、お説教みたいなこと一切言わないでしょう?

綾小路:説教や説法はダメですね。日常に起きてる問題をうまく取り上げて、「そうよ、そういうことがあるわよね」みたいなところを探って寄せ集めてごまかしてるんですね。

林:ネタをつくるのって大変でしょうね。私も34年間エッセーを連載してますけど、昔みたいに刺さってこないんですよ、ネタが。

綾小路:私も思い浮かばないです。年齢があるんだと思いますよ。

林:きみまろさんはネタ帳をつくってらっしゃるんですね。

綾小路:つくります。今日も持ち歩いてます。忘れますから書き残しておくんですね。たとえば、最近「恋人つなぎ」(指と指をからませるように手をつなぐ)という言葉がありますよね。

林:はい、斉藤由貴さんで有名になりました。

綾小路:中高年も「恋人つなぎ」するのかな、みたいなところから発想していって、それが笑いに結びつかないかなと考えるんですね。70歳の人が「恋人つなぎ」をしたら指を骨折した、とか。

林:アハハハ……。

綾小路:「不倫」からどうやったら笑いがとれるかな、と考えたりね。「奥さんに内緒よ。約束」って小指を出したら、リウマチで指が曲がらないとか。

林:ハハハハ、おかしい。

綾小路:極端なんだけど、笑いは意外性ですからね。


綾小路 きみまろ 爆笑!エキサイトライブビデオ 第5集

綾小路 きみまろ 爆笑!エキサイトライブビデオ 第3集

綾小路 きみまろ 爆笑!エキサイトライブビデオ 第4集

ホーム | きみまろドットコム 綾小路きみまろ公式ホームページ

http://www.kimimaro.com/

綾小路きみまろさんの漫談名言集です。

ようこそおいで下さいました。
目を閉じたくなるような美しい方ばかりです。

まだまだ老け込むには、早すぎます。
でも、連れ込むには、遅すぎます。

豊かな教養

こぼれる美貌

あふれる脂肪。

ブスは交通事故に遭うのでしょうか?
奥さん、安心して下さい。遭わないのです。

運転手がよけます。
どんなブスにも生きる権利があるんです。

ただ生きる資格はないのです。

毎日お陰様で超多忙です。

明日も朝9時から撮影が入っております。

、、、レントゲンの。

中高年の兆しが見え隠れ、
思考力は落ち、
記憶力は落ち、
髪の毛は落ち、
ハナミズが落ち、
歯が抜け落ち、
オッパイが落ち、
お尻の肉が落ち、
歩くスピードが落ち、
収入が落ち、
中には階段から落ちた方がいます。
上がったのは生理だけです。

女性の方々、トイレに座ったはいいけれど、どっちを出すのかを忘れました。

70才にて お迎えがあれば 留守だと云え

80才にて お迎えがあれば 早すぎると云え

90才にて お迎えがあれば そう急がずとも
よいといえ

100才にて お迎えがあれば 
時期を見てこちらから行くと云え

恋焦がれて一緒になったダンナも40年も経てばただのジジイです。

昔、ダーリンだった主人も今ではダラリンです。

最近、ダンナのお茶を飲む音もイヤになり、ダンナのお茶に一度入れたいトリガブト。

子育てはへたくそでも、子づくりはうまい

花が咲かない昭和枯れすすきのような皆さん、ようこそ。

ご主人は、上りつめてもいないのにもう下り坂の会社人生です。

恋をしてください

腹の出た男には、腹の出た女がいます

「指輪はなにがいいかしら」
お父さんに貰ったエメラルド、
サファイア、ルビー、胆石、そして墓石。

若いときはきれいだったのです。

そこで笑っている奥様、面影はないですけれど

若い頃は若気の至りでよく羽目をはずしていました。

あれから40年!

今はずしているのは入れ歯だけです

無担保でもらった妻が、今では湯たんぽのようになり・・・

私には主治医がおりますけれども、獣医です。

一度でた腹を元に戻す気はあるが、
そこまでのきりょくがなくなり、
テレビを見ながらそのまま昏睡状態

猫をかぶって嫁に来た妻もとうとう豚になり

出会った頃の妻は食べたくなるくらいかわいかった。
あれから40年!
今思うのは、あんとき食べておけばよかった。

昔は温かいご飯に暖かい新妻
あれから40年
今はさめたご飯にさめた妻
家で暖かいのは便座だけ

若い頃は毎日のように女房の体を触りました。
あれから40年!
今さわるのは手すりくらいです

センスの悪い服ばかりかっている主人に
文句を言ったら
「お前を選んだのは俺だぞ」といわれ、
返す言葉がなかった

あのすいかと同じです

割ったら最後、食べたら最後です

後は捨てるしかない、これが結婚です

世間につながれ、
会社につながれ、
女房につながれ、
子供につながれ、
ローンにつながれ、
最後は点滴につながれる

すごいところです、老人ホームは。

何をしゃべっても反応がないのです

散歩して徘徊と間違えられ、
独り言でボケと間違えられ


いかがでした、笑えましたでしょう。

身に覚えのある方も多いでしょうね(笑)

その笑顔をまた、明日、みなさんの前でお願いしますね。

スポンサーリンク