演歌NEWS:2017年新語・流行語大賞ノミネート

Pocket

スポンサーリンク

今日のNEWSは、2017年に話題になった言葉から選ばれる「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が11月9日に発表された話題です。

今年の「現代用語の基礎知識選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が11月9日、発表されたました。
6月に暴言報道があった豊田真由子前衆院議員の「ちーがーうーだーろー!」、陸上男子100メートルで桐生祥秀選手が達成した「9・98(10秒の壁)」などがノミネートされてますね。
将棋界からは「藤井フィーバー」「ひふみん」の2語も候補入りした。
そのほかには、写真共有サービス「Instagram」で写真の見栄えのよさを意味する「インスタ映え」など、ネット・IT関連の言葉が多数ノミネートされた。
米Google、Amazon.comなどが日本市場に相次いで投入した「AIスピーカー」、YouTubeに動画を投稿して人気を集める「ユーチューバー」なども候補に挙がっていますね。

大賞は12月1日午後5時に発表されます。

ノミネートされた新語・流行語大賞のノミネート語(30語)

・アウフヘーベン
・インスタ映え
・うつヌケ
・うんこ漢字ドリル
・炎上○○
・AIスピーカー
・9.98(10秒の壁)
・共謀罪
・GINZA SIX
・空前絶後の
・けものフレンズ
・35億
・Jアラート
・人生100年時代
・睡眠負債
・線状降水帯
・忖度(そんたく)
・ちーがーうーだーろー!
・刀剣乱舞
・働き方改革
・ハンドスピナー
・ひふみん
・フェイクニュース
・藤井フィーバー
・プレミアムフライデー
・ポスト真実
・魔の2回生
・○○ファースト
・ユーチューバー
・ワンオペ育児

新語・流行語大賞「ちーがーうーだーろー!」「35億」などが候補に…ノミネート30語発表

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171109-OHT1T50101.htmlより引用

 「2017ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた30語が9日、同賞事務局から発表され、男性秘書に対する暴言・暴行が報じられ、傷害と暴行の疑いで書類送検された豊田真由子前衆院議員(43)の「ちーがーうーだーろー!」が候補に入った。

 豊田氏は5月、当時政策秘書だった男性の運転中に頭や顔を複数回殴ったとされ、週刊新潮は暴行の際に録音したという音声を報道。「このハゲ~!」「ちーがーうーだーろー!」などとヒステリックに叫んでいた。

 ほかにはタレント・ブルゾンちえみ(27)の「35億」や、サンシャイン池崎(36)の「空前絶後の」、今年6月に引退した加藤一二三九段(77)の愛称「ひふみん」などがランクイン。日常会話でも使われるようになった「忖度(そんたく)」「インスタ映え」なども候補となった。

 事務局では「言葉そのものに、勢いがなく低調な年といえるのではないか。息の長い流行語も少なく、事象をそのまま直接的にとらえる言葉も多かった。例年と比較すると、嗜虐性、負の言葉が多い年だった」と分析。その中でも「日本で初めて10秒の壁を破った桐生祥秀選手、29連勝の藤井フィーバーは希望を与えてくれた事象であった」とした

 東大名誉教授の姜尚中氏、歌人の俵万智さん、女優の室井滋、漫画家のやくみつる氏、「現代用語の基礎知識」の清水均編集長が選考委員を務め、12月1日にトップテンと年間大賞が発表される。

 ◆ノミネート30語は以下の通り

 アウフヘーベン/インスタ映え/うつヌケ/うんこ漢字ドリル/炎上○○/AIスピーカー/9.98(10秒の壁)/共謀罪/GINZA SIX/空前絶後の/けものフレンズ/35億/Jアラート/人生100年時代/睡眠負荷/線状降水帯/忖度(そんたく)/ちーがーうーだーろー!/刀剣乱舞/働き方改革/ハンドスピナー/ひふみん/フェイクニュース/藤井フィーバー/プレミアムフライデー/ポスト真実/魔の2回生/○○ファースト/ユーチューバ-/ワンオペ育児

どうでしょうか?知らない言葉もたくさんありますよね。
みんな知っていますか?

「えんかすき」は首相官邸の意向を役人がおもんぱかったと指摘される森友、加計学園問題を象徴する「忖度」かなと思っています。

みなさんはどれだと思いますか?

どれがなっても今年はインパクトがない気がしますね。

ちなみに2001年から2016年の新語・流行語大賞です

年度 受賞語 説明
2001年 小泉語録 小泉首相の「米百俵の精神」など。
2002年 タマちゃん 多摩川に迷い込んだアザラシ。
2002年 W杯(中津江村) 日韓ワールドカップのカメルーン代表がキャンプ地に。
2003年 なんでだろ~なんでだろ~ テツandトモのネタ。
2003年 マニフェスト 「公約」のこと。
2004年 チョー気持ちいい 北島康介選手のインタビュー。
2005年 小泉劇場 小泉首相の劇場型政治手法のたとえ。
2005年 想定内・想定外 ホリエモン語録。
2006年 イナバウアー 荒川静香選手の演技した技。
2006年 品格 「国家の品格」という藤原正彦の著書に由来。
2007年 どげんとせんといかん 東国原知事の「宮崎県どうにかしないと」の発言。
2007年 ハニカミ王子 プロゴルファーの石川遼選手が大ブレイク。
2008年 グ~! エド・はるみのネタ。
2008年 アラフォー アラウンド・フォーティー。天海祐希のドラマから。
2009年 政権交代 民主党が政権与党に。
2010年 ゲゲゲの・・・ ドラマ「ゲゲゲの女房」から。
2011年 なでしこジャパン サッカー女子日本代表が大活躍。
2012年 ワイルドだろぉ~ スギちゃんのネタ。
2013年 今でしょ! 林修先生の予備校CM
2013年 お・も・て・な・し 滝川クリステルさんの2020年オリンピック招致スピーチ。
2013年 じぇじぇじぇ 朝ドラ「あまちゃん」から。驚いた時の表現。
2013年 倍返し ドラマ「半沢直樹」の決めゼリフ。40%超の高視聴率。
2014年 ダメよ~ダメダメ 日本エレキテル連合のネタ。細貝さんと朱美ちゃん。
2014年 集団的自衛権 自衛隊のあり方について。
2015年 爆買い 主に中国人が日本に来日して家電や消耗品などを大量に購入する様子。
2015年 トリプルスリー ソフトバンクの柳田・ヤクルトの山田選手が達成。
2016年 神ってる リーグ優勝した広島カープの緒方監督が、絶好調の鈴木選手を表した言葉。

懐かしいですね。たしかにその時代を映す言葉だとは思いますが、知っている言葉も少ない気がするのは「えんかすき」だけでしょうか。

メディアなどでも毎年大きく取り上げられる「流行語大賞」ですが、一般投票等によって広く選ばれるものではなく、選考委員の采配によって選ばれる要素が強いことから、「世相を軽妙に映し多くの人の話題に上った語」が正しく選ばれているとは言えないといった批判の声も一部にはあるようです。

また、新語・流行語大賞に選出されたお笑いタレントは、翌年、人気が急落するといったジンクスがあるとか聞きますね。

年末の風物詩なので楽しむだけでいいですね。年末はいろんな話題がたくさんありますね。

年末は楽しいこともたくさんありますので風邪ひかないようにしましょうね。

スポンサーリンク