演歌NEWS:「第68回NHK紅白歌合戦」の司会者が発表。総合司会は、内村光良さん。白組は二宮和也さん。紅組は有村架純さん。

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は、12月31日(日)放送の「第68回NHK紅白歌合戦」の司会者が発表された話題です。

総合司会はNHKのコント番組「LIFE! ~人生に捧げるコント~」でも活躍する内村光良さん(ウッチャンナンチャン)が担当します。
紅組司会は今年4月から放送された連続テレビ小説「ひよっこ」で主演を務めた有村架純さんが2年連続で、白組司会は過去に嵐として白組司会を5回務めている二宮和也さんが担当することになりました。

内村光良さん(ウッチャンナンチャン)の総合司会は驚きましたね。武田アナウンサーだと90%くらい思っていました。まったく思っていなかったので、楽しい紅白になりそうな気がします。

「オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、さまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく」という壮大なテーマを期待して、楽しみに年末を待ちましょう。

第68回 NHK紅白歌合戦

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=12337

以下紹介記事です。

演歌NEWS:「第68回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表。46組、初出場10組
今日の話題は、待ちに待った「第68回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が16日、NHKから発表された話題です。 今年は出場歌手は紅白合わせて46組。初出場は紅組4組、白組6組の合わせて10組です。予想当たりましたか。発表も予想より早かったですね。 第68回NHK紅白歌合戦」出場歌手 ※50音順(カ...

『第68回NHK紅白歌合戦』総合司会は内村光良に決定 紅組は有村架純 白組は嵐・二宮和也

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000366-oric-entより引用

 『第68回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:15~11:45)の総合司会がウッチャンナンチャンの内村光良(53)、紅組司会が有村架純(24)、白組司会が嵐の二宮和也(34)に決まった。
13日、同局より発表された。
有村は2年連続の紅組司会、二宮は嵐として2014年まで5年連続で司会を務めたが、単独で初。
内村は、第49回の紅白歌合戦で、音楽ユニット・ポケットビスケッツのメンバーとして出場したが、総合司会は初となる。

 今回の“大役”を受け内村は「この話を聞いた時、本当に驚きました。
全くの予想外の事でした。
すごく緊張するだろうと思いましたが、貴重な機会なのでお受けしようかと。
そして、紅白の総合司会とは一体どんな総合なのか、総合的に体感してみようと思います」と意気込み。

 「でも本番はそんな余裕もなくあっという間なのでしょう。
とにかくみなさんと一緒に楽しもうと思います。
そして私を推薦して下さった、NHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」とコメントを寄せた。

 2年連続紅組司会の有村は「まさか、今年もお話をいただけるとは思わず、ただただ驚くことしかできませんでした」。
「紅白の司会を再びやらせていただけるなんて、恐縮以外のなにものでもありません。
至らない点ばかりですが、ご出演される方々、スタッフの方々に失礼のないよう、精一杯臨みたいと思います」と気を引き締め「今からすでに緊張していますが、内村さん、二宮さんのお力をお借りしながら、2017年楽しく締めくくれるように頑張りたいと思います! よろしくお願い致します」とメッセージ。

 単独では初となる二宮は「今年を代表する歌手の皆さまと、そして観てくださる皆さまと一緒に、今年を締めくくることができるのを大変光栄に思います。
内村さん、有村さんと一緒に、NHKホールが実家に帰ってきたような温かい空間になるよう、努力し、皆さまと一緒に今年をふり返りたいと思います」と伝え「昨年から歌い継がれた夢を、今年も歌手の皆さまに紡いで頂き、沢山の夢の数々を来年に…。
笑って2018年を迎えましょう」と呼びかけている。

 同番組は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、昨年の『第67回』から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、さまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく。

紅白総合司会の内村光良らに期待 NHKが起用理由明かす

https://www.oricon.co.jp/news/2100588/full/より引用

『第68回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:15~11:45)の総合司会がウッチャンナンチャンの内村光良(53)、紅組司会が有村架純(24)、白組司会が嵐の二宮和也(34)に決まった。
13日にNHK制作局エンターテインメント番組部の井上啓輔部長は、3人の起用理由などを説明した。

総合司会の内村については「『LIFE!』でこれまでになかった新しい風をNHKに吹き込んでくれました」と活躍を上げ「さまざまな番組での司会経験を存分に発揮していただき、今年の紅白全体を盛り上げていただきたいと考えています」とコメント。

 有村については「2年連続2回目の紅組司会となります。
今年は、連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロイン・谷田部みね子として、日本中に笑顔と夢を届けてくださいました」と明かし「きっと紅組を力強く引っ張っていただけるものと考えています」と期待を寄せた。

 対する白組の司会を担当する二宮には「嵐として、そして俳優としての実績はもちろんのこと、バラエティー番組などの司会でも人気を集めています」と起用理由を説明。
「嵐のメンバーとしては、第61回から65回まで5回の白組司会を担当されていますが、1人での紅白の司会は初。
持ち前の明るく親しみしやすいキャラクターで、白組を盛り上げていただきたいと考えています」と思いを伝えた。

 有村は2年連続の紅組司会、二宮は嵐として2014年まで5年連続で司会を務めたが、単独で初。
内村は、第49回の紅白歌合戦で、音楽ユニット・ポケットビスケッツのメンバーとして出場したが、総合司会は初となる。

 内村も同日、同局を通じて「この話を聞いた時、本当に驚きました。
全くの予想外の事でした。
すごく緊張するだろうと思いましたが、貴重な機会なのでお受けしようかと。
そして、紅白の総合司会とは一体どんな総合なのか、総合的に体感してみようと思います」とコメント。

 有村も「今からすでに緊張していますが、内村さん、二宮さんのお力をお借りしながら、2017年楽しく締めくくれるように頑張りたいと思います! よろしくお願い致します」とメッセージし、二宮は「昨年から歌い継がれた夢を、今年も歌手の皆さまに紡いで頂き、沢山の夢の数々を来年に…。
笑って2018年を迎えましょう」と呼びかけている。

 番組は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、昨年の『第67回』から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、さまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく。

有村架純 紅組司会決定のキーワードは「ひよっこ」(11月14日追加)

http://news.livedoor.com/article/detail/13889611/より引用

13日に発表された大みそかのNHK紅白歌合戦司会陣で、紅組を担当する女優の有村架純(24)は、2年連続2回目の大役となった。

 4月から9月まで同局の連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインを演じた有村。ある局内関係者によれば「昨年の司会起用こそ番組宣伝のイメージが強かったですが、当時の司会ぶりは、視聴者だけでなく局内でも高評価だった。高視聴率をけん引した一人とも評価されていますし、『ひよっこ』の高視聴率からいっても、順当過ぎるほど順当」だという。

 今後発表の出演歌手に関しても「ひよっこ」はキーワードになる。ある音楽関係者は「主題歌を歌った桑田佳祐の出場を決定づけるために『ひよっこ』は必要不可欠。ラブコールを送っている安室奈美恵が厳しいとなれば、どうしても桑田は外せないですからね」。

 また、1998年に音楽ユニット「ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツ・スペシャルバンド」として紅組から紅白に出場した、お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(53)が初の総合司会を務める。

 内村は2012年にスタートしたNHKコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」で座長を務めている功労者。前出の局内関係者は「内村の出演している日テレの高視聴率番組『世界の果てまでイッテQ!』では幅広い層の全国的知名度という点では抜群。その辺も加味されているでしょう」と分析した。

 これまでの紅白対戦成績は、昨年は紅組勝利で、紅31勝、白36勝。


あとは、出場者の発表を待つばかりですが、いつでしょうね。そして誰が選ばれるでしょうね。

演歌NEWS:「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のランキングその2
週刊文春「紅白歌合戦」大アンケート結果発表とランキングに関する記事 最近は、毎日、NHK紅白歌合戦の出場者の話題が多いですね。 (2017.11.19更新) その中で、「演歌NEWS:「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のランキング」にアクセスが多いので多分ランキングが気になる...
演歌NEWS:「和田アキ子さんはNHK紅白に出すべきだ!」 「出てほしくない歌手」ダントツ1位にネットで反発
今日のNEWSは、昨日話題になった、「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のランキング で、和田アキ子さんがダントツの1位になった話題で同情がネットであってるという話題です。 「週刊文春」(2017年11月16号)に掲載された紅白に「出てほしい」「出てほしくない」アンケートで、11歳から...
演歌NEWS:「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のランキング
今回の話題は、秋も深まり、大みそかに行われる『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が気になる時期になって来ましたね。 昨年は、解散を発表していたSMAPが出場するかどうかが話題を集めていましたが、はたして今年はどんな歌手が注目されているのでしょうね。 (2017.11.19更新) ...
演歌NEWS:2017年紅白歌合戦出場者予想
今回の話題は、年末が近づいてNHK紅白歌合戦の話題が多いですが、紅白通が出場者を予想という記事がありましたので紹介します。 前回までにNHK紅白歌合戦に関するいろんな記事を書いていますが、今回は出場者を予想する記事です。 実際は、まだ先のことなのですがいろんなサイトでも出場予想がされていますね。...

いろいろとネット上でも憶測も飛び交って楽しい週末になりそうです。

「えんかすき」の予想では出場者の発表は今週末の土曜日か日曜日と思っていますが、皆さんの予想はどうでしょうか。