演歌話題:NHK紅白歌合戦。小柳ルミ子さんと丘みどりさんの話題2件

Pocket

スポンサーリンク

今回の話題は、NHK紅白歌合戦の出場内定という話題がいろいろネットでも出回っていますが、その中で小柳ルミ子さんと丘みどりさんの話題がありましたので紹介します。

小柳ルミ子さんは、「瀬戸の花嫁」を作曲した作曲家の平尾昌晃さんが今年亡くなられたのでその追悼コーナーで出場する可能性があるのではないかというのと、丘みどりさんは、五木ひろしが先生となって若手歌手に歌の極意を伝授するNHK音楽バラエティー「歌う!SHOW学校」では、生徒役でたびたび出演しているのとアイドル並みのルックスで出場するのではないかということです。

出場者の発表までは、いろんな話題がありますね。

それも楽しみのうちです。井戸端会議のネタにしてください。

 

 

※画像はAMAZONの画像を利用させていただいていますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。

小柳ルミ子に囁かれる紅白内定情報!追悼コーナーで出場か

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171113-00010009-jisin-entより引用

例年通りならば間もなく発表されるはずの大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」の出場者だが、各スポーツ紙が続々と出場内定の歌手名を報じている。

名前があがったところではデビュー20周年を迎えた歌手の三浦大知(30)、ほかに若い女性に人気の女性5人組「Little Glee Monster」、演歌歌手の丘みどり(33)らも名前があがっている。

「今のところ名前があがっているのは年齢層が若い視聴者を獲得できそうな歌手たちが多い。しかし、紅白は幅広い年齢層にアピールすることによる視聴率獲得を狙っているので、出場歌手の年齢層もしっかりバランスを考えています」(レコード会社関係者)

そこで名前があがっているのが、今年、本業の歌手業ではなく、実は芸能界屈指のサッカー通であることが明らかになりブレークした小柳ルミ子(65)だというのだ。

「小柳のヒット曲『瀬戸の花嫁』を作曲した作曲家の平尾昌晃さんが今年逝去されました。平尾さん’06年から昨年までフィナーレの『蛍の光』で指揮を務めていたこともあり、平尾さんの追悼コーナーで出場する可能性が有力です。ただ、出場歌手のバランス調整で紅組になる場合もありそう。さらに小柳は来年の大河ドラマ『西郷どん』の出演者にも名を連ねているので、大河のPR要員としてもひと役買うことになるでしょう」(芸能デスク)

出場すれば、恩師である平尾さんにとって最高の恩返しとなりそうだ。

小柳ルミ子 瀬戸の花嫁

小柳ルミ子 こやなぎるみこ Koyanagi Rumiko

誕生日 1952年7月2日

星座 かに座

出身地 福岡県福岡市

血液型 A型

デビュー曲「わたしの城下町」で1971年のレコード大賞最優秀新人賞となり、以後も多くのヒット曲を生んだ歌手。南沙織、天地真理とともに「新三人娘」と言われた。

演歌界のアイドル・丘みどり 大みそかに天国の母へ歌声を届けることができるか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000525-sanspo-entより引用

昭和のアイドル歌手のコンサートに迷い込んでしまったのかと思わずにはいられなかった。今月4日に東京・有楽町のよみうりホールで行われた演歌歌手、丘みどりのファーストコンサートだ。

 デビュー13年目にして初めて実現した彼女の単独公演。1100人が陣取る客席の1階中央で、じっくりと鑑賞することができた。とても33歳には見えない美貌の丘が、着物やドレスなど10着の早き替えを披露する姿は、演歌歌手というよりアイドルそのもの。

 まわりを見渡すと、40~60代の男性がおそろいの緑のはっぴを着て、親衛隊のごとく「みどりちゃーん」のシュプレヒコールを繰り返す。51歳の私が高校時代、人気絶頂アイドルだった松田聖子や河合奈保子、中森明菜のコンサートには必ず親衛隊が存在した。その世代が、丘みどりを応援する中心にいる。アンコールで丘は、わざわざステージから客席に降りて親衛隊一人一人と握手をしながら熱唱した。

 歌手への出発点は5歳のころ、人見知りの激しい丘を心配した母が、祖母の通っていた民謡教室に連れていったことだった。幼い丘の手を引いて毎日のように民謡教室に通わせた母は、丘がデビューした翌年の2006年、47歳の若さで病のため天国に旅立っている。

 「母も歌手を夢見ていたんです。だから私に自分の夢を託していた。母にも、このステージを見せたかったです」と涙ながらに語った丘。この日、アンコールで歌った新曲「佐渡の夕笛」が絶好調だ。

 五木ひろしが先生となって若手歌手に歌の極意を伝授するNHK音楽バラエティー「歌う!SHOW学校」では、生徒役でたびたび出演。そこで見せるブレザー姿に萌える中高年男性は多い。今公演でもVTRではあったが、デビュー当時のへそだし衣装とともにブレザー姿を披露した。

 大みそかにブレザー姿の丘を見たいファンは多いはずだ。彼女が夢舞台、NHK紅白歌合戦のステージに立てるのか。今週、会見が行われるであろう紅白出場歌手発表を静かに待ちたい

佐渡の夕笛


どちらも出場してもらいたいですね。

でもそうすると、ほかの歌手が出れなくなりますよね。

一番いい方法は、紅白の時間を長くして早くから始めたらどうでしょうか?

だめかな?


演歌NEWS:「第68回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表。46組、初出場10組
今日の話題は、待ちに待った「第68回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が16日、NHKから発表された話題です。 今年は出場歌手は紅白合わせて46組。初出場は紅組4組、白組6組の合わせて10組です。予想当たりましたか。発表も予想より早かったですね。 第68回NHK紅白歌合戦」出場歌手 ※50音順(カ...

丘みどりさんは、紅白出場できましたね。よかったですね。

丘みどり、紅白初出場に感慨「天国の母との約束がやっと叶う」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000079-spnannex-entより引用

NHKは16日、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15~同11・45)の出場歌手を発表。演歌歌手の丘みどり(33)が初選出された。

 丘みどりは18歳でアイドルとして芸能界デビューし、その後、演歌歌手に転身。抜群の歌唱力が評価され紅白初出場が決まった。今年2月にリリースした「佐渡の夕笛/雨の木屋町」では自己最高のセールスを記録している。

 初出場が決まり、丘は「天国の母との約束がやっと叶う。紅白はとっても遠くて大きすぎる夢でした」と感慨深げ。「恩返しができるように、当日は精一杯歌わせていただきたい」と意気込んだ。

丘みどり、中継で佐渡に呼びかけたい/紅白初出場

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00053941-nksports-entより引用

大みそかのNHK紅白歌合戦の出場者が16日、発表され、演歌歌手丘みどり(33)の初出場が決まった。

 05年にデビューも、鳴かず飛ばずの時期もあった。昨春に上京し、活動の幅を広げた。2月発売の最新曲「佐渡の夕笛/雨の木屋町」が出荷8万枚を超えるなどヒット中。今年に入ってからは、テレビ出演70本、キャンペーン60本以上と全国を飛び回った。最近ではタクシーの運転手にも声を掛けられるようになったという。3日には、初の単独コンサートも行った。

 6月に「佐渡の夕笛」とともに、デビュー曲「おけさ渡り鳥」の舞台でもある新潟・佐渡を訪れた。野生のトキを目撃し、さらには「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」として世界遺産登録を目指す佐渡金銀山遺跡を訪れパワーももらっていた。今年は紅白出場への勝負年と位置づけており「紅白に出て、中継で『佐渡の皆さん、元気ですか?』と呼びかけたい」と誓っていたが、念願の出場がかない、実現できそうだ。