演歌以外:綾小路きみまろさんの話題と名言集

Pocket

スポンサーリンク

今回の話題は、綾小路きみまろさんのが「時間を割いて足を運び、腹を抱えて笑ってくださるお客様がいる限り、具合が悪くなるまでとことんやり続けたい」という話題と名言・迷言集を集めてみました。

中高年以降の方にはなぜか受ける話題ですので、記事を紹介します。

綾小路きみまろ(あやのこうじ・きみまろ)
1950年、鹿児島県生まれ。高校卒業後に上京。キャバレーの司会者、大物演歌歌手の専属司会者などを経て、2002年にメジャーデビューし、中高年をモチーフにした漫談で大ブレイク。現在も「中高年のアイドル」として全国各地で年間100本に及ぶライブを開催する他、テレビやラジオなどでも活躍中。

綾小路きみまろさん「具合が悪くなるまで、とことんしゃべり続けたい」

芸人になりたいと思ったのは高校生の時です。テレビでいつも観ていた司会者の玉置宏さんに憧れましてね。当時は録音機器がないからノートに書いて、よくマネしていましたよ。「1週間のご無沙汰でした。玉置宏でございます」って(笑)。その憧れだけで何のアテもなく、高校卒業後に東京に出てきたんです。今考えると、計画性がないというか世間知らずというか、なんか恐ろしいですよね。だから遠回りしてしまったのか、メジャーデビューまで時間がかかったんです。

■森進一、小林幸子、伍代夏子から声が掛かり…

私は「潜伏期間30年」と呼んでますけど、20歳の時キャバレーの司会を始めました。その場その場で一生懸命やっていたらスカウトが来てね、どんどん大きなキャバレーに移っていった。そんな中、森進一さんや小林幸子さん、伍代夏子さんから声が掛かり、コンサートの専属司会者も長く務めました。つまり、すべて他力本願だったんですけど、30年の間で辞めようと思ったことはないですね。だって故郷を捨てて出てきたんですから、死ぬまでやろうと。特に漫談をやり始めてからは、私の漫談をわかってくれる人が必ずいると信じていましたね。

とにかく世に出たかった。それが当時のモチベーションにもなっていました。周囲でも結構噂にはなっていたんですよ、「あんなに漫談がすごいのに、何で売れないんだろう」って。それで50歳の時、多くの人たちに私を知ってもらうために、自分の漫談を録音したカセットテープを配ることにしたんですよ。

■高速道路のサービスエリアで運転手やバスガイドに無料配布

では、どこで配るか。私のネタは中高年をモチーフにしているので老人ホームも考えたんですけど、老人ホームは耳が遠い人が多いだろうからダメかなと(笑)。そこで閃いたのが、中高年向けの観光バス。移動中、乗客が暇を持て余しているときにテープを掛けてくれたら聴いてくれるんじゃないかと思ってね。ダビングした大量のテープを紙袋に入れて、高速道路のサービスエリアに持って行っては、運転手さんやバスガイドさんに無料で配り続けました。

テープには「1本、郵送料込みで2000円です。欲しい方はこちらに連絡ください」と書いておいたんですけど、そしたら徐々に話題になって、注文が来るようになったんですよ。最初は1日3本程度だったのが、10本になり50本になり、最高は400本!発送は妻が担当していたんですけど、さすがに自主制作では対応できなくなった。

■CD版はオリコンで最高3位に!

そんな時、レコード会社のテイチクさんから声を掛けてもらい、2002年9月、アルバム『爆笑スーパーライブ第1集!中高年に愛をこめて…』のCD版とカセット版が発売になりました。CD版はね、オリコンで最高3位まで行きましたよ。累計では180万枚売れています。おかげで52歳でブレイクして生活も一変しましたけど、特に浮かれることはなかったですね。それまでいろんな芸能人の姿を見てきてますから。みんな、大金が入ってくると使っちゃうんですよ。でも翌年には税金の支払いがやってくる。だから、急に車とか船を買ったりはしなかったですね(笑)。

■メジャーデビューしてから今年で15周年

そしてメジャーデビューしてから、今年でちょうど15周年。それを記念して書籍が3冊出るんです。『綾小路きみまろ爆笑フォーエバー』(文藝春秋)、『書きとりきみまろ』(講談社)、『しょせん幸せなんて、自己申告。』(朝日新聞出版)の三部作。中高年の皆さま、もし興味がございましたら、ぜひお手に取っていただければと思います。

■中高年のアイドルは東京オリンピック後に「五輪中」!?

今後に関しては、2020年にちょうど70歳になりますし、東京オリンピックまでやって死ぬのもいいかなと。オリンピックの後に死ぬのを何て言うかというとね、「五輪中」って言うんです(笑)。

でも本音としては、今も年間100本、1時間喋りっ放しのライブを行っていますけど、時間を割いて足を運び、腹を抱えて笑ってくださるお客様がいる限り、具合が悪くなるまでとことんやり続けたいですね。だって、具合が悪くならないと死ねないんですから(笑)。

綾小路きみまろの数々の名言

「運命のイタズラ」でございます、皆さんとお会いできて。
「何とお礼を申し上げて良いのか、お礼の言葉もありません。ありませんから言いませんが」
「美しい方ばかりです、首から下が」(若しくは「綺麗な方ばかりです、口紅が」)
「大型バスで護送されまして、こちらの会館に身柄を拘束されてやって来ました」
「何がおかしいんですか、残念ですあんな顔に笑われて。私だってあなたの顔を見て笑いたいです」
「人間を顔や形で判断する人は、心の貧しい人です」
「人間は顔や形ではありません、一番大事な物は見た目です」

【綾小路きみまろさんのネタ】

【綾小路きみまろさんのネタ】豪華な服装の人に

「マツコの知らない世界(2015/3/24放送)」にてゲストの綾小路きみまろさんがマツコ・デラックスさんに伝授したネタが「まあ!素敵なお洋服!しまむらですか?」。

きみまろさんも実際に、せっかくの綾小路きみまろさんの公演だからと豪華な服で公演に来られた地方の観客の方に言われるそう。「絶対ウケる鉄板ネタ」としてあちこちで紹介されているこのネタ、普段の生活でさらっと使ってみたい方も結構いらっしゃるようです。

【綾小路きみまろさんのネタ】パートナーや家族に

お気づきでしょうか?ファンケルの「カロリミット」のCMにて同窓会に集う女性をバックに「昔は乙女 今は太め」と刺さる一言をナレーションしているのも綾小路きみまろさんだということを。皆さんこのナレーションがやっぱり印象深いようですね。

【綾小路きみまろさんのネタ】電車で化粧をしている女性に

電車内で化粧する女性を苦手とする方は多いですね。

「電車の中で化粧をする女性!でも怒らないでください、ガタゴト揺れる電車で化粧をしても大丈夫なくらい大雑把な顔をしてるんです」

綾小路きみまろ 爆笑!エキサイトライブ

綾小路きみまろに関する名言集・格言集

若い頃はよく愚痴をこぼしていました あれから40年 今はご飯をこぼすようになりました

中高年のみなさま!負けないでください、その顔で!!

とりかえしのつかない三段腹、こんな体に誰がした!

ボケは防げます。4人に一人がボケるんです ですから、3人で行動することです

奥様の場合、外見よりも内臓が勝負です 男も女も50過ぎたら内臓勝負です

豊かな教養 あふれる美貌 こぼれる脂肪!

年齢のあわないソバージュ、ギャザーのついた顔

携帯を持っているおじいちゃんに電話したら「なんでお前は俺の居場所を知っているんだ」と言われました

長電話で用件を忘れ、パンツの上にパンツをはく

中高年のファンデーション 落ち着く先はシワの中

あなたに一生を捧げたいの!でももう時間がない

旦那の性格、頭と同じくらい明るくなればいいのに

会社のために手となり足となりクビになり

ダンス教室 ジルバを踊る、じじとばば

妊娠は親の反対を振り切るための自爆テロ

お二階前列の、一流企業の下請けの奥様!

女房は亭主の下着をしまっているつもりでも、亭主からすれば、隠しているようなもの

「お茶くれ」に120円くれた妻

新婚時代は手を取り合いながら生きてきました。あれから40年 今は財産を取り合いながら生きています

昔は温かいご飯に暖かい新妻 あれから40年 今はさめたご飯にさめた妻 家で暖かいのは便座だけ

人間なんて所詮、おしめに始まり、おしめに終わる


ほんとに身につまされる名言?迷言?が多いですよね。

笑って、笑顔で、免疫力高めて、元気に生きていきましょう。中高年のみなさま。もっと上のみなさまも(笑)

スポンサーリンク