演歌以外:ちょっと感動する話「おばあちゃんの書きかけのメール」

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は、「おばあちゃんの書きかけのメール」というお話です。

うちは両親が共働きだったので、私は小さいころからおばあちゃん子でした。

いつもおばあちゃんの部屋に行って、おばあちゃんがしてるお裁縫を見たりしていた。

そして、夜のお散歩に連れ出してくれたりするのが楽しみでした。

本当に歩くだけのウォーキングみたいなもので、今思うと何が楽しかったのかわからないくらいだけれど、それでもいつも嬉しくてくっついて歩いていました。

おばあちゃんと一緒にいるのが好きだった。

中学にあがった私は、バスケ部でいじめを受け、不登校になった。

そして毎日、親から「学校にいきなさい」と責められるのがつらくてつらくて仕方なくなってしまった。

そんなとき、私は九州にいる歳の離れた従兄弟に相談し、家でを計画した。

そして家出決行の日、バスに乗ってからお母さんに「九州に行ってきます心配しないで」とメールを送った。

でも、当たり前だけど家は大騒ぎになって「警察に連絡します」「誘拐ですか!」と矢継ぎ早にメールがきた。

着信もガンガンなっている。

怖くなって、あわてて携帯の電源を切った。

それから泣きそうになりながら、座席に座ったまま「悪いことをしているんだ」と、ここでやっと気がついた。

バスがついてからは、すぐに家に電話をかけると、電話口からものすごく怒られた。

家に戻った後、お母さんは私の顔を見るなり、ものすごく泣きながら、怒鳴った。

そして、おばあちゃんには気まずかったのもあり、背中に「ごめんね」とはいった。

ただ、おばあちゃんからは、一言もないまま一週間が過ぎた。

おばあちゃんが倒れたのは、そんなときだった。

そして、そのままおばちゃんは亡くなった。

おばあちゃんが亡くなってから、呆然と遺品を整理していた私は、あまり持って歩いていなかったおばあちゃんの携帯をみてみた。

未送信の欄に32件とある。

日付は、私が家出した日だった。

開いてみると空白のメールがほとんど、書いてあっても

「いまどこにい」とか

「だいじょ」とか

打ち切れなかったんだろうメールばかりだった。

私は生前おばあちゃんが買ってもらったばかりの携帯で

「友達にめーるしたいんだけど」

って、ウキウキしながら私に、メールの打ち方や電話のかけ方をきいきた。

どうしてもうまくできなくて、何度も私に送ってみていたことや忘れてしまうのが恥ずかしいのか、

「もういいよ」

って照れ笑いをしていたことを思い出して、すべてのメールを開ききる前に携帯を見ていられなくなってしまった。

なんでもっとちゃんと謝らなかったんだろう、話さなかったんだろうとか、色んな気持ちでごちゃまぜになって、たくさんたくさん泣いた。

あれからもう20年も経つけど、今でも時々思い出すよ。

もう一度話せるなら、今度こそちゃんと

「心配かけてしまってごめんなさい。」

と、許してもらえるまできちんと謝って、またいつもみたいにお話がしたいよ。

おばあちゃん。


おばあちゃんは、どんなときにも孫はかわいいものです。

今は、携帯でも、スマホでも、おばあちゃんも、おじいちゃんも、持ってるけど、使い方が今一歩のおばあちゃんもおじいちゃんもいます。

どうか、優しく使い方を教えてあげてください。

おじいちゃんもおばあちゃんも遠慮せずにお孫さんに使い方を聞いてください。

話せないときにもメールだと書くことで心が通じ合えることもあります。

時間とは人によって過ぎる速さが違います。時計という機械はみんな同じように過ぎてしまいますが、「時」というのはそれぞれ違うのですよ。

年齢を重ねるほど、1年が過ぎるのが速くなる

「年齢を重ねるほど、1年が過ぎる速さが増す」と感じる原因を説明する
ための考え方に、「ジャネーの法則」と呼ばれるものがあります。

昔テレビで紹介されたことがありますので、ご存じの方も多いかもしれません。

このジャネーの法則は、

  「時間の心理的長さは年齢に反比例する」

という説です。

10歳の1年に比べて、30歳の1年は3分の1に感じる(3倍速く感じる)、20歳の1年に比べて、60歳の1年は3分の1に感じる(3倍速く感じる)というものです。

3倍は大げさかなと思いますが、納得できる部分もありますよね。

ジャネーの法則応用編

科学的な裏付け、というわけではないのですが、

  「新鮮な経験」が多いほど、時間の経過は長く感じる

例えば

     子供の頃は、見るもの聞くもの未経験のことが多く、その分
      たくさんの出来事があった(=時間が長い)と感じる。

      大人になると、「経験」によって処理できることが多くなり、
      その分、新鮮さや強い印象が薄くなる。
      だから、出来事の数が少ない(=時間が短い)と感じる。

という話を聞いたことがあります。

ジャネーの法則は単純な年数の問題ではなく、「経験の積み重ね」が増えたことと、「経験をベースに行動する」ことが増えた(新しいな経験が少ない)ことが関係しているというわけです。

実は、年をとると時間の流れを速く感じることを示す実験結果があるそうです。
1分経ったら合図をする条件で統計を取ると、年齢が上の人ほど遅く合図する傾向があるそうです。

現実の時間より心的時間(実際の時計とは異なる精神的な時間)の方がゆっくりと流れるようになるんだそうです。
 
いくつかの要因が考えられますが、その中の一つとして加齢にともなう(身体的な)代謝の低下が考えられるそうです。

代謝が落ちると、心的時間もゆっくりと流れるようになります。

逆に代謝が活発だと、心的時間は早く流れますね。

代謝は心的な時計の動力源の一つと考えれば分かりやすいかもしれませんね。

そんなわけで、若い人とおばあちゃんやおじいちゃんとは時間の早さが違います。若い人はまだいいやと思っていてもおばあちゃんにはもう時間が少ないのです。

どうぞ、おばあちゃんとの時間を大切にしてくださいね。お孫さんとの時間を大切にしてくださいね。