カラオケ@DAMのカラオケ配信曲を紹介します。(11月27日配信)

Pocket

スポンサーリンク

カラオケ@DAMのカラオケ配信曲は下記の曲が配信予定です。(11月27日配信)

※配信予定曲はお断り無く変更する場合があります。また、主に演歌・歌謡曲のみ演歌好きの独断で記載しています。ご了承ください。

今回の注目曲

フランク永井さんの「大阪無宿」です。フランク永井さんは大阪を中心にした関西や西日本でおおきな人気をはくした低音が魅力な歌手ですね。1961年に「君恋し」で日本レコード大賞を受賞しました。「有楽町で会いましょう」とか良くカラオケでも聴きますが、この曲は確かに聴いた覚えがないですね。

 

※画像はAMAZONの画像を利用させていただいていますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴できることがありますので参考になると思います。

カラオケ@DAMのカラオケ配信曲(11月27/29日配信)

配信日 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖
11月27日 フランク永井 大阪無宿
11月27日 安達明 夕焼けの丘
11月27日 井岡敏男 感謝…おまえに
11月27日 雨谷麻世 嚴島より愛をこめて <平清盛生誕900年記念 嚴島神社奉納歌>
11月27日 奥山えいじ(奥山英治) 恋待ちしぐれ
11月27日 沖たかし 時雨の旅路
11月27日 加納ひろし(嘉納ひろし) ちょっとイイ女[デュエット:セレナ]
11月27日 夏木えいじ 夢をつなぐから
11月27日 叶やよい 昭和最後の女
11月27日 関二郎 もごさいこと
11月27日 橘よしこ きのくに本線
11月27日 橋爪もも 願い
11月27日 栗宮健二&那奈未 許してあげる
11月27日 原すみれ 倖せをありがとう
11月27日 弘月英太朗 人生婦夫竹
11月27日 高橋優 羅針盤
11月27日 高月あきら 花の生涯
11月27日 高山サラサ 恋慕 こいごころ
11月27日 今牧昭隆 俺の妻
11月27日 佐久川和美 真っ赤な美崎町
11月27日 崎谷健次郎 もう一度夜を止めて(2017ver.)
11月27日 山猿 マタアイマショウ
11月27日 山口のり子 雨のち晴れ
11月27日 山田博子 恋つぼみ
11月27日 山田博子 鳴戸夢岬
11月27日 山本譲一 祭り
11月27日 篠川綾乃 恋しくて出雲
11月27日 謝鳴 西風のアデュー
11月27日 狩野八郎 夜更けの物語
11月27日 秋本しょう&川奈真理 燃えて湯の山
11月27日 小芝陽子(小芝葉子) 熊野川艶歌
11月27日 松かおり あなたに恋して!!
11月27日 松岡裕二 昭和のおちこぼれ
11月27日 上原裕二 俺とふたりの絆酒
11月27日 新田則子 だんじり花舞台
11月27日 森山淑己 好きでいること
11月27日 森進一 女のワルツ
11月27日 菅田将暉×桐谷健太 浅草キッド
11月27日 瀬戸マドカ 未熟な花
11月27日 瀬戸忠 男富士
11月27日 扇ひろ子 新宿ゴールデン街
11月27日 船形なおや 独航船
11月27日 相馬清志 相馬野馬追い三社まつり
11月27日 増田空人 天下酒
11月27日 沢富美子 愛の地平線
11月27日 谷村新司 嗚呼 2017年12月号
11月27日 中山朝子 Shall we dance
11月27日 中村三郎 霧の女神大橋
11月27日 中村三郎 昭和女の舞踊り
11月27日 中村千尋 失恋の神さま
11月27日 椎口ひとみ 幸せの花
11月27日 田宮淳 むせび泣き
11月27日 田宮淳 夢おんな
11月27日 熱海清飛 漁場の果てに
11月27日 尾田トヨアキ 愛の風 2011年04月号
11月27日 氷川きよし 男の絶唱(新アレンジバージョン)
11月27日 氷川きよし 川中島回想
11月27日 氷川きよし じょんがら挽歌
11月27日 氷川きよし 新宿ブルームーン
11月27日 氷川きよし 真昼の最終列車
11月27日 氷川きよし 酔わせてオルホ
11月27日 氷川きよし わたしのふるさと
11月27日 鈴木りえ 最上川慕情
11月27日 槇きよし エメラルド
11月29日 タブレット純 夜のペルシャ猫 2018年1月号 2018年1月号
11月29日 桂竜士(桂竜二) 親子灘
11月29日 中澤卓也 心変わり
11月29日 中澤卓也 彼岸花の咲く頃 2018年1月号 2018年1月号

すべての配信予定曲を知りたい場合は「カラオケDAM週間最新配信曲」のホームページをご確認ください。

https://www.clubdam.com/app/dam/dam/newrelease/thisweekArtist.html

フランク永井 「大阪無宿」

 懐かしのフランク永井 シングル全集(10) 公園の手品師 1973-1985

【収録曲】

01.涙への旅立ち
02.…そして別れが
03.たった一度の愛の言葉
04.大阪無宿
05.酒場の花
06.浮気川
07.季節はずれの風鈴
08.11時過ぎから
09.公園の手品師
10.振りむいてはいけない
11.街の灯り
12.お前がいいと言うのなら
13.グラスの氷
14.恋はお洒落に
15.追憶
16.WOMAN
17.マホガニーのカウンター
18.旅秋
19.初恋の詩
20.六本木ワルツ
21.あなたのすべてを

フランク永井 君恋し

フランク永井 有楽町で逢いましょう

フランク永井さん死去、低音の魅力戻らず

日本のムード歌謡の第一人者で、「有楽町で逢いましょう」「君恋し」「おまえに」などのヒット曲で知られる歌手のフランク永井さん(本名・永井清人=ながい・きよと)が先月27日、都内の自宅で死去していたことが1日、分かった。
76歳だった。
永井さんは85年に自殺を図り一命をとりとめたが、後遺症から療養に専念。
表舞台から姿を消した。
今夏、風邪をこじらせて入院し、回復が思わしくなかったという。
この日、都内で葬儀・告別式が密葬で行われた。
魅力のある低音で高度経済成長の日本に活気を与えた国民的歌手が逝った。

関係者によると、東京・世田谷の自宅で療養生活を送っていた永井さんは、今年の夏に風邪をこじらせて入院。
その後の回復は思わしくなく、10月27日夕方に自宅で死去した。
同31日に都内で通夜、この日、葬儀・告別式が密葬で行われた。
親族のほか、永井さんと親しかった限られた音楽関係者が参列し最後の別れをしたという。

歌手としてスター街道を歩んでいた永井さんは85年10月21日、東京・目黒区にあった自宅で首つり自殺を図った。
夫人の発見が早かったことで一命を取りとめたが、医師から「脳死に近い状態」と診断され、会話が不自由になるなどの後遺症があった。
その後は、リハビリによって体調は回復したが、記憶力の障害は残り、以後、表舞台に出ることはなかった。

夫人はリハビリに長年付き添ったが91年に自殺未遂。
翌92年に離婚した。
ここ数年は実姉の三根子さんと生活し、リハビリしながらの療養生活を送っていた。
担当医が週に数回往診に訪れ、独力で歩くのは困難で車いすでの生活だったという。
外の空気を吸うために、タクシーで外出したり、97年には箱根に旅行したりした。
目黒区の自宅は既に売却し、世田谷区内の自宅で療養していたという。

永井さんは米軍キャンプのクラブ歌手を経て54年に日本ビクターと契約。
55年「恋人よわれに帰れ」でデビューした。
デビュー当時はジャズ楽曲だったが、歌手の故ディック・ミネさんや作曲家の故吉田正さんと出会いムード歌謡に転身した。
57年、有楽町そごう(当時)のキャンペーンソングとなった「有楽町で逢いましょう」が大ヒット。
低音ブームを巻き起こし、トップ歌手へと飛躍した。
59年には故松尾和子さんとデュエットした「東京ナイト・クラブ」がヒットし、デュエット曲の定番として現在も歌い継がれている。

61年には「君恋し」で日本レコード大賞受賞
77年には「おまえに」もヒットし、57年から26年連続で年末のNHK紅白歌合戦に出場。
当時の紅白最多出場者だった。

今年7月、東京・有楽町のマリオン前に永井さんの代表曲「有楽町で逢いましょう」の歌碑が建立された。
ビクターの後輩演歌歌手ジェロ(27)が除幕式で同曲を熱唱。
永井さんが残したヒット曲は、未来へと歌い継がれていく。


ほんとに素敵な歌声でしたね。今、このような低音の魅力を前面に出される歌手はいませんよね。ほとんどが高音の歌手になってきましたね。