演歌以外:ちょっと感動する話「えー、奥さん、ここで降りてください」

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は、「えー、奥さん、ここで降りてください」というお話です。

【バスでの話】

10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。

知能レベルは年齢平均のため、何かと辛い思いをしてきている。

本日、通院日でバスに乗ったとき、いつも通り車いすの席を運転手が声かけして空けてくれた。

けど、どうやらそれで立たされた人がムカついたらしく、ひどい言葉の暴力を喰らった。

『ぶくぶく醜い』

『何で税金泥棒のために立たされなきゃならないの』

『補助金で贅沢してるくせに』

『役に立たないのに、なんで生かしておくかなあ?』

それもこちらに言ってくるのではなく、雑談のように数人でこそこそ。

それがまだ小さい子連れの母親のグループだった。

息子が気付いて

「お母さん降りようか?」

と言ってくれたんだが、実は耳が聞こえにくいため、声が大きく発音が不明瞭な息子に、今度は普通の声で

「きも!」

と言われたよ。

あまりのことに切れて

「何か息子の件でご迷惑でも?」

と言ったら、笑いながら

「何か?だってwwうけるwww」

と嘲笑された。

さらに

「うちは娘だから、あんなのに目付けられたくない」

「アタマがないから、レ●プされても泣き寝入りだもんね~」

とも言われた。

さすがにもう降りようとしたら、運転手さんがバス停に止まって

「えー、奥さん、ここで降りてください」

と、言われる始末。

『あーもーいいや、苦情だけ入れて二度とこの路線使うもんか』

と思いながら車いすを外そうとしたら

「あ、お母さんじゃなくて」

と、私を見て運転手さんが続けた。

「後ろの奥さん方、あなた方が乗ってること自体が他のお客さんに迷惑ですので、こちらで降りてください」

私ポカーン、息子もポカーン、

指された子連れママたちもポカーン。

そしたら後部から

「さっさと降りろ!うざいんだよ!」

「食べこぼしは片付けて行きなさいよ!」

「ほらさっさと行きなさい!」

との声が聞こえてきた。

さらに降りるときに運転手さんに

「クレーム入れてやる!おぼえとけ!」

と言うと

「はいどうぞ。乗車賃いりませんからさっさと降りてください」

と言われてた。

その人たちが降りてからお礼を言ったら

「迷惑行為排除は私たちの仕事ですから、気にしないでください」

と言われてしまい、もう私、涙目。

冷たい視線ばかりと思ってたのに、

世の中捨てたもんじゃないと思った。


以前に紹介した外国での「飛行機の席のお話」と似ていますね。

飛行機の席のお話

ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」

ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。

「何かありましたか?」

「あなたわからないの?黒人なんかの隣には座りたくないのよ!こんな人迷惑だわ」

女性の隣では、黒人男性が憮然とした顔で座っている。

「お客様、少々お待ち下さいませ。空いている席を確認してきます」

乗務員は足早に立ち去り、周囲の乗客はざわざわと不穏な空気。

しばらくして乗務員が戻って来た。

「お待たせしました。ファーストクラスにひとつ空きがありますので、どうぞそちらへ。本来ならこういうことはできないんですが、隣の席がこんな人では確かに迷惑でしょうと、機長が特別に許可しました。さ、どうぞ」

周囲の乗客は、にこやかに黒人男性を見送った。


こういう話はなんか心が洗われたような感動を覚えますね。
それと同時に、自分がこんな言葉をつい発していないか気になります。

言葉のチカラは偉大です。幸せな成功者は、良い言葉を好んで使っています。

「えんかすき」も好きな言葉、勇気のでる言葉は手帳に書いたり壁に貼ったりして目に触れるようにしてます。

わたしのまわりにはトイレに張っている方もいらっしゃいます。

幸せは言葉でカタチづくられていくんですよね。

日々過ごしていると、なにかしら考えていますよね。そう、いわゆる思考です。人間なんで、考えることをとめることはできません。ずっと何かしら考え続けています。

「幸せ」な人は、この思考が常にいいサイクルになっています。「幸せ」につながる言葉を使っているんです。一方、「不幸せ」な人は、気持ちが下がる言葉を好んで使っています。しかも無意識レベルで。

研究結果によれば、「幸せ言葉」を使っている人は、年収の平均も高いそうです。

「幸せな言葉」を使うこと自体は、なんのリスクもありません。やるかやらないかだけ。なぜ、年収があがるのかも理由は簡単ですよね。自分のやる気も高まるし、人間関係も良好になっていくので当然の結果ですよね。

人を成功に導くものは、愛と誠と調和という言葉であらわされる心ですね。

「愛」とは他人の喜びを自分の喜びとする心、
「誠」とは世のため人のためになることを思う心、
「調和」とは自分だけでなく周りの人々みんなが常に幸せに生きることを願う心です。

今日からまた、「幸せな言葉」をたくさん、たくさん発して、自分も幸せになりましょうね。