演歌以外:ちょっと感動する話「10円」

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は、「10円」というお話です。

その子は、生まれながら知恵おくれでした。

幼稚園は、近所の子供たちと一緒に通っていましたが、
小学校に上がると、ちょくちょく学校を休むようになり、
一年生が終わる頃には、全く学校へ行かなくなってしまったそうです。

二年生になっても、三年生になってもその子は、
学校に行こうとはしませんでした。

そして、四年生に上がる頃、父親と、母親が話し合って、
養護学校に預ける事にしました。

養護学校には、寮みたいなものがあって、
勿論、家に帰る事はできませんでした。

四年生で入ったその子は、一年生の学習から
始めなければなりませんでした。

専門の先生が、主要教科を一対一で丁寧に教えていきました。

その日習った新しい事を、毎日毎日、
その子は母親に電話で報告していました。

ほんの少しずつでは、ありましたが一年間でその子は、
たくさんの事を学び、覚えていきました。

その子を、ずーっと教えていた先生が、
ある日、算数を教えようとしてお金の問題を出しました。

「ここに、五百円玉、百円玉、十円玉、三つのお金があります。

どのお金が、一番大きなお金ですか?」
と、その子に質問しました。

「十円玉」
と、答えるのだそうです。

先生は、
「五百円なのよ」
と、教えましたが、同じ問題を繰り返すと、
どうしてもその子は、
「十円玉」
と、答えてしまうのです。

何度も、何度も、やはり答えは、十円玉だったので、

先生は、
「五百円玉と、百円玉と、十円玉では、五百円玉が、
一番たくさんのものが買えるのよ。

だから、一番大きいのは、五百円玉でしょ?」
と、言うのですが、
その子が、どうしても違う、十円玉だと言うので、

先生は、
「それじゃ、十円玉のほうが大きいと思う訳を言ってごらん」
と、言ったそうです。

すると、その子は、

「十円玉は、電話が出来るお金。

電話をするとお母さんの声が聞けるの!」

と話したそうです。


この話は実話だそうです。

私はこの話を読むたびに、「価値観」は人によって違うことを深く感じます。

価値観って何でしょうね。

価値観とよく言いますが、つまり何のことをいうのでしょうね。
「えんかすき」は、これは、簡単に言えば優先順位じゃないかなと思います。

あなたが何を大切にするか、という部分です。
そして価値観が違うということは、あなたの大切にするものと、相手の大切にするものが違う、または大切にする順番が違うということだと思います。

でも何を大切にするかが違うのは、むしろ当たり前だと思いませんか。
今まで生きてきた道のりも違うし、経験やその場で判断してきた答えも違いますよね。

なんで譲れないのと思ったことないですか?

それは、自分の歩んできた道のりから見つけた、自分なりの基準だからです。

そして「私の方が絶対正しい」と思ってしまうわけです。

そう思わなければ、今までの自分はなんだったのか、はっきりと見えなくなってしまうからです。

だから自分の考えを相手に押しつけがちですよね。

でもこの押しつけは、相手の人生を否定しているのと同じです。

「お前は間違っている」と言っているわけですから、どうでしょう?
反対の立場なら、カチンときますよね。

今までの自分はなんだったのか、と他人からダメだしされるのですから。

譲るどころか殺伐とするのは当たりまえです。

大事なのは、相手の価値観を否定しないということですね。

「そんなことを大切にしてバカみたい」「くだらない」などと言ってしまえば、しこりが生まれますよね。

でも、「そういう人がいてもおかしくないかも」と思うことが大事なことなのです。

こう思えるようになると、お互いの価値観の違いを個性だと感じるようになります。

そしてそれが面白いのです。
自分にはない感覚を、すぐそばにいる人がどんどん教えてくれる。

いろんなことにぶつかったら、二通りの解決方法が持ち上がるわけです。

新しい発見や、あなたの中の知らないあなたに気づかせてくれるのは、こんな価値観の違う人なのかもしれません。

価値観を変えたからって、何も失うわけじゃありません。
むしろ、価値観が違うのは当たり前のことなのですから、「なんで違うの?」なんて悩むことがそもそもおかしいと思いませんか。

それよりも相手の考えを吸収してしまいましょう。

このお話の子供にしたらお母さんの声を聴ける10円が価値のあるお金だったのでしょうね。

価値観の違いは苦しみではなく、楽しみですから。そう思えば人とお話しするのが楽しくなりそうな気がしますね。

でも、みんながそう思えばの話ですね。みんなそう思わないから隣近所のいざこざや、国どうし戦争があるのでしょうね。価値観って面白いですね。