カラオケ@DAMのカラオケ配信曲を紹介します。(12月12日配信)

Pocket

スポンサーリンク

カラオケ@DAMのカラオケ配信曲は下記の曲が配信予定です。(12月12日配信)

※配信予定曲はお断り無く変更する場合があります。また、主に演歌・歌謡曲のみ演歌好きの独断で記載しています。ご了承ください。

今回の注目曲

最近のDAMの配信曲は新曲はもちろんですが、懐かしい曲も配信していますね。演歌好きにはありがたいことです。

今回紹介するのは、ダーク・ダックスさんの「北上夜曲」です。「匂い優しい 白百合の 濡れているよな あの瞳 想い出すのは 想い出すのは 北上河原の 月の夜」という曲でたくさんのアーチストの方もカバーしている名曲ですね。

ダークダックスのメンバーは、セカンドテナーのマンガさんこと、佐々木行さん。バリトンのゲタさんこと、喜早哲さん。バスのゾウさんこと、遠山一さん。そして、追って慶応に入学して参加した、トップテナーのパクさんこと、高見澤宏さんの4人です。

ダークダックスの活動は、長きにわたりましたが、まず高見沢宏が、1997年一過性脳虚血発作で倒れてからは、うつ病を発症。長い闘病生活を経た後に心不全で、77歳で亡くなられました。

喜早哲が、85歳のときに急性肺炎で、1998年から病気療養中だった佐々木行が、84歳で心不全のため相次いで亡くなってしまい、ダークダックス存命のメンバーは、現在、ゾウさんこと遠山一だけとなりました。

もうダークダックを生で見ることは叶いませんが、このように動画で見ることができるのは素晴らしいですね。記憶に残るメンバーでしたね。

この曲を聴くたびに思い出される出来事もたくさんありますよね。皆さんも懐かしい時代とともに歌ってみてはいかがですか。そのほかにもたくさん懐かしい曲が配信されます。楽しみですよね。

 

※画像はAMAZONの画像を利用させていただいていますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴できることがありますので参考になると思います。

カラオケ@DAMのカラオケ配信曲(12月12日配信)

配信日 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
12月12日 あがた森魚 大寒町
12月12日 あがた森魚 星のふる郷
12月12日 あさみ ちゆき(あさみちゆき) 梅雨のあとさき
12月12日 オフコース 愛の終る時
12月12日 オフコース 君におくる歌
12月12日 オフコース この海に誓って
12月12日 オフコース はたちの頃
12月12日 ガロ ピクニック
12月12日 キズ 蛙-Kawazu-
12月12日 ザ・タイガース イエロー・キャッツ
12月12日 ザ・タイガース 抱擁 2001年03月号
12月12日 ザ・タイガース 友情 2005年12月号 2005年12月号 2005年11月・12月号
12月12日 ザ・フォーク・クルセダーズ 紀元弐阡年
12月12日 ザ・フォーク・クルセダーズ 手と手 手と手
12月12日 ザ・フォーク・クルセダーズ ドラキュラの恋
12月12日 さだまさし The Day After Tomorrow~明後日まで~
12月12日 ジャッキー吉川とブルー・コメッツ 泣きながら恋をして
12月12日 スカイピース クリスマスマイル
12月12日 ソルティー・シュガー ああ大学生
12月12日 ソルティー・シュガー 虹を追う男
12月12日 ダーク・ダックス エーデルワイス
12月12日 ダーク・ダックス 北上夜曲 2005年12月号 2005年07月号
12月12日 ダーク・ダックス すばらしい明日
12月12日 ダーク・ダックス バイカル湖のほとり
12月12日 ちあきなおみ 朝な夕な(UNDER A BLANKET OF BLUE)
12月12日 ちあきなおみ 恋は罪ね(YOU’RE MY EVERYTHING)
12月12日 チェリッシュ 愛の終末
12月12日 チェリッシュ 2倍うれしい日曜日
12月12日 トワ・エ・モワ 桜紅葉 2008年12月号 2009年1月・2月号
12月12日 パープル・シャドウズ さよならはこわくない
12月12日 ぴんから兄弟 魚町ブルース
12月12日 ぴんから兄弟 おまかせしますこの命
12月12日 ぴんから兄弟 くやし涙もでやしない
12月12日 ボニージャックス 一週間
12月12日 ボニージャックス この道を行く
12月12日 ポニーテールリボンズ モアイ大好き金城さん
12月12日 レーモンド松屋 赤いランプの終列車
12月12日 レーモンド松屋 リンゴ村から
12月12日 井上陽水 Happy Birthday
12月12日 因幡晃 新しい朝
12月12日 因幡晃 そのままミッドナイト
12月12日 因幡晃 紅さしゆび
12月12日 岸洋佑 見えない絆
12月12日 鬼束ちひろ 碧の方舟
12月12日 久我陽子(YOKO) 月になる
12月12日 橋本由美 秘恋十四夜
12月12日 近藤真彦 軌跡
12月12日 金沢明子 イエロー・サブマリン音頭
12月12日 桂銀淑 あんぶれら
12月12日 桂銀淑 北物語 2003年03月号 2010年05月号 1997年11月・12月号
12月12日 桂銀淑 許してね
12月12日 坂井一郎(阪井一郎) 愛を消さずに
12月12日 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE J.S.B. HAPPINESS
12月12日 山本コウタロー&ウィークエンド はぐれ雲 2010年08月号 2010年08月号 2010年7月・8月号
12月12日 篠ヶ谷美穂 ぼくが咲かせる花
12月12日 秋庭豊とアローナイツ あゝ北国
12月12日 舟山恵美子 恋月
12月12日 小桜舞子(小櫻舞子) くれない水仙
12月12日 小桜舞子(小櫻舞子) よされ三味線
12月12日 小林幸子&北大路欣也 愛の振り子
12月12日 城南海 ORION
12月12日 城南海 サヨナラよりも伝えたかったこと
12月12日 扇ひろ子 涙色のタンゴ 2017年07月号 2017年07月号 2017年9月・10月号
12月12日 村木賢吉 春の花嫁
12月12日 中真生人 あなたに会いたい
12月12日 長田真友子 TATOE
12月12日 滴草由実 Lucky Girl
12月12日 天童よしみ 歌であなたに伝えたい
12月12日 天童よしみ 母と娘の生きる歌 2018年1月号
12月12日 田端義夫 子守うた船
12月12日 渡哲也 純愛のブルース
12月12日 都はるみ 風の噂
12月12日 藤あや子 今ひとたびの
12月12日 藤あや子 面影しぐれ 2010年06月号 2010年06月号 2010年5月・6月号
12月12日 藤あや子 女のあざみ駅
12月12日 藤あや子 2002年01月号 2004年05月号 2002年1月・2月号
12月12日 藤山一朗 そなえよつねに
12月12日 藤山一朗 花はかおるよ(連盟歌)
12月12日 藤山一朗 光の路
12月12日 藤野とし恵 失恋に乾杯!
12月12日 藤野とし恵 水無し川
12月12日 二葉百合子 湯島の白梅(浪曲入り)
12月12日 倍賞千恵子 悲しい旅
12月12日 倍賞千恵子 心の窓に灯を
12月12日 福山雅治 トモエ学園
12月12日 平原綾香(ひらはらあやか) 鼓動 2013年10月号 2007年5月・6月号
12月12日 堀宮英知(西山宏太朗) 2003年11月・12月号
12月12日 堀江美都子 がんばれキャンディ
12月12日 夢みどり(夢美鳥) 永久の恋
12月12日 夢子 最後のリクエスト
12月12日 門倉有希 横着者
12月12日 野村美菜 三瓶山
12月12日 憂歌団 Midnight Drinker
12月12日 由紀さおり 男のこころ
12月12日 由紀さおり 土に還るまで
12月12日 由紀さおり 春の嵐
12月12日 由紀さおり りんどうの花
12月12日 羊文学 Step
12月12日 林あさ美 あなただけ 2010年03月号 2010年03月号 2010年3月・4月号
12月12日 和田アキ子 ハート・ブレーク・ドール
12月12日 髙橋真梨子 さよならのエチュード
12月12日 髙橋真梨子 私を知らない人

すべての配信予定曲を知りたい場合は「カラオケDAM週間最新配信曲」のホームページをご確認ください。

https://www.clubdam.com/app/dam/dam/newrelease/thisweekArtist.html

ダーク・ダックス『北上夜曲』

1. 銀色の道
2. 花のメルヘン
3. 雪山讃歌
4. 山のロザリア
5. 山男の歌
6. 雪の降る街を
7. 夏の思い出
8. 四季の歌
9. ちいさいあきみつけた
10. トロイカ
11. カチューシャ
12. あざみの歌
13. 宵待草
14. 北上夜曲
15. 荒城の月
16. 遠くへ行きたい
17. 赤とんぼ
18. 故郷
19. さくら貝の歌
20. もずが枯木で
21. 母さんの歌
22. 早春賦
23. 旅愁
24. てんさぐの花


叙情歌の名曲「北上夜曲」は、昭和16年2月、作詞者の菊地規氏が18歳、作曲者の安藤睦夫氏が17歳のときに作られた歌だといいます。どちらもすごいですね。

この歌は昔の歌声喫茶の定番曲でしたね。

誰でも知っている名曲だけに、非常に多くの人が歌っているが、自分はやはりダーク・ダックスの歌が一番この歌に合っているように思いますが、皆さんはいかがですか。

スポンサーリンク