演歌NEWS:山内惠介さん「USEN演歌・歌謡曲部門」で1位

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は、演歌歌手の山内惠介さんが「2017 年間 USEN HIT ランキング」で演歌・歌謡曲部門で1位となった話題です。

毎年発表となるUSENの年間ランキングですが、演歌・歌謡曲部門の表彰は今回が初めてだそうです。山内惠介さんは、栄えある第1号の受賞者となりましたね。

今年は新曲「愛が信じられない」が大ヒットしましたね。
副賞はシャンパンでした。

2017 年間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング

2017 年間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング
2017 年間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング 2017年12月6日(水)、株式会社 USEN(代表取締役社長 田村公正)は「2017 年間 USEN HIT ランキング」を発表しました。 J-POPと洋楽、演歌/歌謡曲のジャンルで1位を獲得した楽曲に対し、それぞれのレコード会社の代表者...

山内惠介、USEN演歌・歌謡曲1位「大変励みに」

https://www.oricon.co.jp/news/2101863/より引用

演歌歌手・山内惠介が歌う「愛が信じられないなら」が『2017 年間USEN HITランキング』の演歌/歌謡曲ランキング1位となり、6日、東京・港区のUSEN本社で表彰式が行われた。

 今回初となる演歌/歌謡曲ランキングの表彰式でUSENの田村公正代表取締役社長、大田安彦副社長から記念のトロフィーを受け取った山内は「僕の番組『USEN ヒット・惠介座』にも、R&Bファン、J-POPファンの息子さん、娘さん世代の方々が、親御さんに紹介したというエピソードをたくさんいただいていて『ああ、歌っていうのはこういうふうに広がっていくんだな』と思いました。その結果としてこのような賞をいただきまして大変励みになりました。これからも頑張りますので、応援のほどよろしくお願いいたします」とあいさつした。

 同ランキングは、USENが運営するUSEN音楽放送(USEN440、SOUND PLANET、music AirBee!、SOUND PLANET-i)におけるオンエア実績、リスナーからのリクエストをもとに独自に集計したもの(集計期間:2017年1月6日~11月30日)。J-POPランキング1位には星野源の「恋」、洋楽ランキング1位にはエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が輝いた。

■『2017 年間USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング』

1位 「愛が信じられないなら」山内惠介
2位 「男の流儀」三山ひろし
3位 「男の絶唱」氷川きよし
4位 「愛でしばりたい」純烈
5位 「男のひとり言」山崎ていじ
6位 「夜明けの旅路」大原かずみ
7位 「母さんと…」東よし子
8位 「永遠のひと」Haruyo
9位 「はぐれ花」市川由紀乃
10位 「早鞆ノ瀬戸」水森かおり

■『2017 年間USEN HIT J-POPランキング』

1位 「恋」星野源
2位 「打上花火」DAOKO×米津玄師
3位 「渡月橋~君 想ふ~」倉木麻衣
4位 「Y」C&K
5位 「ピースサイン」米津玄師
6位 「TOKYO GIRL」Perfume
7位 「I need your love」Beverly
8位 「この闇を照らす光のむこうに」Anly+スキマスイッチ=
9位 「不協和音」欅坂46
10位 「Destiny」シェネル

山内惠介 紅白3年連続出場に「毎年緊張感は大きくなる」

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/850816/より引用

演歌歌手・山内惠介(34)が歌う「愛が信じられないなら」が「2017 年間 USEN HITランキング」の演歌/歌謡曲ランキングで1位となり、6日、都内で表彰式が行われた。

「うれしいのひと言。こういうふうに受賞をするのは初めてだし、僕でいいのかなという感じ。でもすごく励みになる」と喜んだ山内は、贈られた楯とシャンパンを手に「個人的にシャンパンが好きで、とてもうれしい。皆でいただきたい。ありがとうございます」と感謝を述べた。

 作詞を担当したのは松尾潔氏(49)。R&Bやソウルで知られる人物だが、同じ福岡県出身ということで異色のコラボが実現し「松尾先生が手がけた曲ということで、聞いてもらうこともある。歌はこうやって広まっていくんだなと実感した」と語った。

 大みそかの紅白歌合戦は今年で3年連続出場。「慣れない。毎年、緊張感は大きくなっていますよ」と言いながらも「ちゃんと寝ています。最近すぐ疲れが顔に出て、年を感じている。忙しい時もあるが、すぐ寝るようにしている」としっかり体調を整えているようだ。

 今年一年はあっという間だったといい「毎週が勝負で、とても濃かった」。来年に向けては「自分の曲がもっと知ってもらえるように、大ヒットをつくりたい」と意気込んだ。


山内惠介さんおめでとうございます。紅白歌合戦もがんばってください。

「えんかすき」も応援しています。