演歌以外:ちょっと感動する話「犬の気持ち」

Pocket

スポンサーリンク

今日のちょっと感動する話は「犬の気持ち」というあるペットショップと少年の話です。

犬の気持ち

あるペットショップの店頭に「子犬セール中!」の札が掛けられました。

子犬と聞くと子供はたいそう心をそそられるものです。
しばらくすると案の定、男の子が店に入ってきました。

「おじさん、子犬っていくらするの?」
「そうだな、30ドルから50ドルってところだね。」

男の子はポケットから小銭を取り出していいました。
「僕、2ドルと37セントしかないんだ。でも見せてくれる?」

店のオーナーは思わず微笑むと、奥に向かってピィーと口笛を吹きました。
すると、毛がふかふかで丸々と太った子犬が5匹、店員の奥から転がるように出てきたのです。

ところが1匹だけ足を引きずりながら一生懸命ついてくる子犬がいるではありませんか。

「おじさん、あの子犬はどうしたの?」と男の子は聞きました。
「獣医さんに見てもらったら、生まれつき足が悪くて、多分一生治らないって言われたんだよ。」と店のオーナーは答えました。

ところがそれを聞いた男の子の顔が輝き始めました。

「僕、この子犬がいい。おじさん、この子犬を売って!」

「坊や、よした方がいいよ。そりゃあ、もしどうしてもっていうのなら、ただであげるよ。どうせ売れるわけないから。」
と店のオーナーが言うと、男の子は怒ったように睨み付けました。

「ただでなんかいらないよ。おじさん、この犬の何処が他の犬と違うっていうの?他の犬と同じ値段で買うよ。今2ドル50セント払って、残りは毎月50セントづつ払うから。」

その言葉をさえぎるように店のオーナーは言いました。

「だって、この子犬は普通の犬みたいに走ったりジャンプしたり出来ないから、坊やと一緒に遊べないんだよ。」

これを聞くと男の子は黙ってズボンのすそをまくり上げました。
ねじれたように曲がった左足には、大きな金属製のギブスがはめられていました。

男の子はオーナーを見上げて優しい声で言いました。

「きっとこの子犬は、自分の気持ちがわかってくれる友達が欲しいと思うんだ。」


世の中のほとんどの人は、心に傷や弱み・悩みを抱えた不完全でちっぽけな存在です。
「他人のことを理解する前に、自分のこともよくわかっていない」という人が世の中の大半ではないでしょうか。

人それぞれ心の中に「とらわれ」を持ち、知らず知らずのうちにそれに操られています。
そして、多くの場合、本人はそれを自覚していなくて、無意識的にそれによって行動を支配されています。
「あなたに意地悪をする上司」とか「侮辱するようなことを言う友人」なども多かれ少なかれそういう面を持っています。

「自分のことをわかってくれない」なんていう話を聞きますが、わかってくれないのがあたりまえなのです。
人間が他人のことを理解するのは大変に難しいことなので、「わかってくれないのが当たり前」というのは、ごくごく当たり前のことだと思います。

もちろん、理解されようという努力は大切ですが、「わかってもらえないのがむしろ普通」という心構えを持ちながら努力した方がいいとおもいます。

また、時と場合によりますが、人間的・包括的にわかってもらおうとしないで、「仕事などに必要な部分だけわかってもらおう」という心構えも必要です。
幸運なことに「よくわかってくれる人」がいるのであれば、そういう人はとても貴重だと考え、大切にするべきです。

また難しいことなのですが、自分のことをわかってもらう前にまず「相手のことを理解する」ように努め、それによって相手に「人を理解する」ということの重要性をわかってもらい、自分にも返ってくることを期待するという考え方も大切ですね。

今日は、犬の気持ちという話題でしたが、本質は「相手の気持ち」を理解するということだと思います。感動する内容ですが難しい内容でしたね。