JOYSOUNDのカラオケ配信曲を紹介します。2月1日配信予定

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUNDのカラオケ配信曲を紹介します。2月1日配信予定

下記の曲が配信予定です。
※配信予定曲はお断り無く変更する場合がありますので、予めご了承下さい。
主に演歌・歌謡曲のみ演歌好きの独断で記載しています。ご了承ください。

今回の話題曲は、森昌子 さんの「越冬つばめ2018」です。

「越冬つばめ2018」
作詩:石原信一、作曲:円広志、編曲:田代修二

「好きかもしれない~大阪物語~」(1月24日(水)キングレコードより発売)のカップリング曲ですね。この「好きかもしれない~大阪物語~」は、作曲家の円広志さんとのデュエット曲でなのでカップリングも円広志さんの「越冬つばめ」なのでしょうね。

「越冬つばめ」は、1983年8月21日にリリースされた森昌子さんの名曲ですね。森昌子さんはこの「越冬つばめ」で1983年の第34回NHK紅白歌合戦に出場した際、歌唱途中で感極まり涙を流すシーンがあったのを覚えています。懐かしい場面です。このころの紅白は良かったですね。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は参考になると思います。試聴もあります。
<新曲(お手本ボーカル付き)>
配信日 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
2月1日 金田たつえ 男と女の子守唄 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号  
2月1日 角川博 女のなみだ 2018年3月号 2018年3月号    
2月1日 香西かおり 酒暦        
2月1日 川中美幸 深川浪花物語 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号  
2月1日 岡ゆう子 望郷貝がら節 2018年3月号 2018年3月号    
2月1日 椎名佐千子 舞鶴おんな雨 2018年3月号 2018年3月号    
2月1日 山崎ていじ 夢の橋 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号  
<新曲>
配信日 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
2月1日 角川博 夜の桟橋        
2月1日 金田たつえ 湯の街ながれ唄        
2月1日 新田晃也 野アザミの咲く頃 2018年1月号 2018年1月号 2018年2月号 2018年1月・2月号
2月1日 森昌子 越冬つばめ 2018        
2月1日 清水翔太 Good Life        
2月1日 川中美幸 いなか侍        
2月1日 大井とも子 もう秋風が…        
2月1日 大原ゆい子 煌めく浜辺        
2月1日 大竹しのぶ キライナヒト        
2月1日 杜このみ 函館夜景     2018年3月号  

すべての配信予定曲を知りたい場合は「JOYSOUND」のホームページ「カラオケ最新配信曲」をご確認ください。左側のサイドメニューにあります。

https://www.joysound.com/web/

森昌子「越冬つばめ」

円広志「越冬つばめ」

中森明菜「越冬つばめ」

丘みどり「越冬つばめ」

 

森昌子、円広志とデュエットで息ぴったり 「越冬つばめ」以来35年ぶりタッグ 

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180114-OHT1T50172.htmlより引用

演歌歌手の森昌子(59)が14日、都内で歌手でタレントの円広志(64)とのデュエット曲「好きかもしれない~大阪物語~」(1月24日発売)の公開レコーディングを行った。

 森は「♪ヒュルリ~ヒュルリララ~」一度耳にすれば記憶に残る、代表曲「越冬つばめ」の作曲を担当した円と35年ぶりにタッグを組んだ。新曲は再び円が作曲を手掛け、2人で歌唱する。森は作家とのデュエット、大阪が舞台の楽曲をリリースすることは46年のキャリアで初。収録中には手を握り、見つめ合い、楽曲の世界観に浸り熱唱した。

 収録後の会見で森と円の“相思相愛ぶり”が露見した。森は「いつかデュエットをしてみたいと何年か前から話があった」と明かし、「ノリがよくて覚えやすい。さすが大作曲家」と大絶賛した。円は、森が新曲を出す度に「『チクショー。なんで俺とやらんのや』と思っていた」と告白。念願のデュエットに気分が上がり、森の肩を抱いて「ステージ上で歌っている時は何してもいい(笑い)やっぱり昌子はいいよ」とご満悦。そんな円に対し、森は「私は電信柱じゃない」「あなたの奥さんじゃない」と笑い飛ばした。息ぴったりの2人が35年の歳月を経て、再び名曲を世に送り出す。

スポンサーリンク