JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP30 2018/1/31更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/1/31更新)を掲載しました。

今週新たに先週から入れ替わった曲です。

26位に 市川由紀乃さんの 「うたかたの女」

今回の演歌好きの演歌新曲紹介は、2018年1月17日発売の市川由紀乃さんの「うたかたの女」です。 2016年末には念願のNHK紅白初出場、最も売れ、最も注目された女性演歌歌手としてトップランナーの地位を確立した市川由紀乃さん。 「はぐれ花」もチャート、売り上げともに前作を上回る勢いで大好評を博...

29位に 葵かを里さんの 「金沢茶屋街」

今回の演歌好きの演歌新曲紹介は、2018年1月10日発売の葵かを里さんの「金沢茶屋街」です。 美・歌・舞” 日本舞踊を舞いながら唄う、葵かを里の新曲。 舞台は前作「雪の兼六園」に続き、金沢の観光地「茶ちゃやがい屋街」。 前作「雪の兼六園」同様、石川県金沢市を舞台にした新曲。 「兼六園」に次ぐ、金...

今週は都はるみ&宮崎雅さんの「ふたりの大阪」を紹介します。

昭和56年(1981)のヒット曲。代表的なデュエットソングの1つで、『月の法善寺横丁』『宗右衛門ブルース』『大阪ラプソディー』『大阪しぐれ』などと並ぶ浪花演歌の傑作。

 吉岡治・市川昭介のコンビには、この歌のほか、『大阪しぐれ(都はるみ唄)』、『さざんかの宿(大川栄策唄)』、『細雪(五木ひろし唄)』などのヒット作があります。

 

「ふたりの大阪」は、行きつけのスナックの、とてもステキなママとデュエットするのが楽しな方も多いのではないでしょうか。最後の「ラストダンス」はふたりで見つめ合いながら歌うなど、今でも男性が女性を誘う曲だと思います。男性も女性もデュエットを楽しみに歌っている姿が懐かしいですね。五木ひろし&木の実ナナさんの「 居酒屋」と石原裕次郎&牧村旬子さんの「 銀座の恋の物語」も同じような感覚のデュエット曲ですが、「頬よせあって あなたと踊る別れに似合いの 新地のクラブ泣かない約束してたのにおまえの背中が しのび泣く残りわずかな この刻をあゝ抱きしめて ふたりの大阪ラスト・ダンス」とちょっぴり男女の距離が近いような気がしますね。と勝手に思っています。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
前回のJOYSOUNDカラオケランキング
JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/1/17更新)を掲載しました。 今週は、先週に比べて上位の曲は変動ありませんが下位のほうは、5曲が入れ替わっています。忘年会や新年会の歌ではなくて昨年の曲が復活していますね。 先週から入れ替わった曲です。 20 位の 森山愛子 さんの「...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2018/1/31更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号  
3 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号  
4 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号    
5 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号    
6 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
7 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号  
8 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号   2011年1月・2月号
9 吉幾三 雪國   2013年03月号    
10 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号  
11 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号  
12 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号   2017年01月号  
13 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号  
14 大月みやこ 流氷の宿 2017年10月号 2017年10月号 2017年11月号 2017年11月・12月号
15 梅沢富美男 夢芝居        
16 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
17 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号    
18 千昌夫 北国の春   2009年04月号    
19 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪        
20 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号  
21 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号    
22 森山愛子 会津追分 2017年12月号 2017年11月号 2017年11月号 2018年1月・2月号
23 田川寿美 心化粧 2017年08月号 2017年08月号 2017年08月号 2017年9月・10月号
24 福田こうへい 道ひとすじ 2017年11月号 2017年11月号 2017年11月号 2017年11月・12月号
25 テレサ・テン 別れの予感   2015年07月号    
26 市川由紀乃 うたかたの女 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号  
27 天童よしみ 珍島物語     2017年08月号 1996年3月・4月号
28 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号   2004年5月・6月号
29 葵かを里 金沢茶屋街 2018年2月号 2018年2月号 2018年2月号  
30 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号    

ふたりの大阪 – 都はるみ・市川昭介

ふたりの大阪(カラオケ)

「頬よせあって あなたと踊る別れに似合いの 新地のクラブ泣かない約束してたのにおまえの背中が しのび泣く残りわずかな この刻をあゝ抱きしめて ふたりの大阪ラスト・ダンス」と「あぁ抱きしめて」みてください。その後はどうなるかはわかりませんが・・・