演歌以外:ちょっと感動する話「初任給の物語」と「親から「おめでとさん」って」

Pocket

スポンサーリンク

今日のちょっと感動する話は「初任給の物語」と「親から「おめでとさん」って」という「親が子を思う気持」の話です。

「初任給の物語」

某信用金庫に勤める二十歳の短大卒の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。

お母さんは前日から美容院にセットにいったりして大喜び。
ところが、お父さんはブスッと不機嫌な顔をしてついてきた。

「何を怒っているの」とたずねたら、
「一回の晩飯ぐらいで、俺が二十年間苦労して育ててきたことが帳消しになると思ったら、大間違いだぞ」と・・・

「そんなこと、どうして言うの?」と思ったけど、口に出しませんでした。

今日はめでたい日だし、お母さんは横でもうパクパク食べ始めているし、今さら怒って帰れない。
しばらく天井を見つめていたお父さんが、ポツリと
「ビールぐらい、飲んでもいいか?」と言った。

「誰がビールなんかついでやるもんか」、
そう思ったけど、つがなきゃしょうがないなと思って彼女はお酌をした

ところが、コップを差し出したお父さんの手には、二十年間勤めたセメント工場での白い粉が、びっしり。
手の甲のしわと毛穴にまで詰まっていました。
それに気づいた彼女は
「お父さんゴメンネ」
と言いたかったけど、どうにも言葉になりませんでした。

自宅に戻ったその後、彼女がトイレに行こうとして両親の部屋の前を通りかかったら、中から話し声が・・・
どうせまた、お父さんが私の悪口を言っていると思ったら、それが違うのです!

「俺も五十いくつになるけど、今日みたいにおいしい晩ご飯は初めてだった。
あいつの顔を見ていたら、
俺は涙があふれそうになったから、
天井しか見れなかったけど、
なあお前、本当にいい娘に育ったなあ」。

その瞬間、彼女はそこから先に足が進みませんでした。
そのまま自分の部屋に帰って、頭から布団をかぶって「バンザイ!」のポーズで朝まで泣き続けました・・・

親から「おめでとさん」

もう10年も前のことだけど、新卒、千葉在住、手取り18万くらいで、家に3万入れていた。
5万にしろといわれて出て行った。

一人暮らしをすれば会社から4万ほど手当が出るので、そっちの方が得だったので。
5足す4で9万あれば一人暮らしできたから。親元より自由だし。
あのころは親も何でか金の亡者のようになにかにつけて別料金をよこせとうざかったし、
私も親に対し感謝の気持ちでたくさん払ったりする気がなかった。
家事も理不尽に手伝わされて(兄や弟に比べて多かったのがいやだった)、新入社員の身には体力的にもつらかった。

それからはずっと家にあまり寄りつかず、結婚することになり、
結婚費用や新居のお金も自分の貯金から出した。
親から「おめでとさん」って、200万の郵貯をもらった。
独身時代、家に入れてた分だった。


いつの時代も親が子供を思う気持ちは同じですよね。

「親の心子知らず」という言葉がありますが、本当にそうだと思いますね。

「あなたのことを思っているからこそ言っているのに・・・」「どうしてわかってくれないの?」 親であれば、このような経験は、どなたでも思い当たるのではないでしょうか。

辞書では「親の心子知らずとは、親の子に対する深い愛情がわからず、子が勝手気ままにふるまうこと。 また、自分が親になってみなければ、親の気持ちはわからないということ。」とあります。

しかし、子供たちもよく訴えます。
うちの親はまったく子供の気持ちを分かってくれない、と。
つまり、「子の心親知らず」です。

では、親子の間でどうしてこのような隔たりが生じるのでしょう。

子供たちと付き合っていますと、まず感じるのが、その純粋さです。
もちろん、純粋なだけではありません。
彼らの特徴は、弱いものに対してやさしく、人間の利己的な部分に対して強い嫌悪感を抱いているところにあります。
そして、若者の正義感とは、しばしばこのようなところから生まれます。
観念的で感情的で、無思慮なところがありますが、その正義感には、ある種の正当性が含まれています。

一方、大人は事実を直視して生きています。
大人になるということは、若い頃に抱いていた純粋な心を忘れ、私欲を追ったり、現実に迎合したりすることです。
純粋な心のままで生きることは、どんな社会にあっても不可能です。
社会とは、利己と利己とのせめぎ合いから成り立っています。
したがって、そこでは事実認識が一番大切になります。

このように見てきますと、「親の心子知らず」とは、親の考える事実(現実)を子供たちがなかなか理解してくれないというところから生まれます。
一方、「子の心親知らず」とは、子供の純粋な心(正義感)を、親がなかなか理解しようとしないところから生まれます。

私たちの立場からすると、若者の純粋さというのは、見ていてもとても気持ちの良いものです。
だから、できればその特徴をもっと長く維持してほしいと思いますが、それはしばしば事実判断を誤らせます。

たとえば、ここにとても貧しくて生活に困っている人がいるとします。
心のやさしいA君は、なんとか彼を助けなければならないと考えます。
A君の正義感は、弱いものに対する同情心でいっぱいになります。
しかし、考えてみると、貧しいのは彼だけではありません。
貧しい人をみんな助けようとしたら、たちまち財政難に陥ってしまいます。

また、A君は、あまり勉強のできないB君がかわいそうになり、手伝うことにしました。
宿題も一緒にやり、分からないところがあると、一生懸命教えてやりました。
お母さんは、人のことより自分の勉強を優先すべきだと言います。
しかし、A君には、そのお母さんの気持ちがよく分かりません。

これでB君が立ち直ってくれればよいのですが、A君の親切心が、かえってB君の甘えを助長させたり、A君自身の成績を下げてしまう場合もあります。
お母さんが考えた事実判断とは、この最悪の事態を想定してのことです。

勉強しなさいというのも、親の事実判断によるものです。
しかし、子供たちにはそれが分かりません。
彼らの純粋な心は、こんなことをしていったい何の役に立つのか、もっと大切なことや楽しいことがたくさんあるのにと考えます。
なぜなら、大人たちを見て、勉強がそれほど役立っているようには見えないからです。
彼らの反発心の根底には、いつもこんな気持ちが隠されています。

しかし、やがてA君も大人になるにつれて、事実を認識し、親の気持ちを理解するようになります。
そして、今自分が言われていることを、我が子に対して言うようになります。
皮肉なものです、人生とは。
こうして親子の隔たりは、永遠に続いていきます。

自分が親になってみないと分からないことはたくさんありますよね。

いつの時代にも親は大変です。そして「親の心子知らず」は次の世代へ引き継がれていくのでしょうね。