月刊カラオケファン2018年4月号案内2月21日(水)発売

Pocket

スポンサーリンク

月刊カラオケファン2018年4月号の案内がホームページに公開されましたのでお知らせします。

発売は2月21日(水曜日)です。

今月号は、カラオケファン4月号(2月21日発売)の表紙・巻頭インタビューにご登場いただくこの方の笑顔も、一足先に“春満開”でした!

その方は、昨年「NHK紅白歌合戦」に初出場された丘みどり さんです。

最近はテレビの歌番組のみならず、バラエティー番組などにもご出演されている丘さん。デビューは’05年。歌手生活13年目に、念願だった“紅白”の舞台に立たれました。’16年にキングレコードに移籍されてからの快進撃は皆さんご存じかと思いますが、今年はますます活躍の場を広げられることでしょう。

そんな丘さんも、デビュー10周年を迎えたころ、この先どう進むべきか迷われたとのこと。そのとき心に浮かんだのは、支えてくれるファンの皆さまの存在、そして丘さんがデビューされた翌年に天国へと旅立たれたお母さまとの、「必ず夢をかなえる」という約束だったそう。

取材中に感じたのも、丘さんの決意と覚悟。明るく柔らかな笑顔の向こうに、しっかりとした芯をお持ちであることが伝わってきました。

3月7日には、両A面シングル「鳰の湖/伊那のふる里」をリリースされます。「鳰の湖」は「霧の川」「佐渡の夕笛」の流れをくむ“ミステリアス演歌”第3弾。「伊那の~」は、丘さんの伸びやかな声が気持ちいい民謡調の楽曲。どちらの曲も、丘さんの魅力がたっぷりと詰まった作品です。

楽しみですね。

特集は、

歌をうたう際、「声が年を取ったなぁ…」と
感じることはありませんか?
けれど、いくつになっても
“声のアンチエイジング”は可能だそう。

期待できそうですね。

http://www.muse-s.co.jp/news/view/660

定期購読もありますので【株式会社ミューズ】ホームページから申し込みできますよ。

月刊カラオケファン4月号

 

表紙&インタビュー

丘みどり

特集

始めよう!
声のアンチエイジング
歌をうたう際、「声が年を取ったなぁ…」と
感じることはありませんか?
けれど、いくつになっても
“声のアンチエイジング”は可能だそう。
上野ヴォーカルアカデミー代表・上野実咲氏に、
その方法を伺います。

伊戸のりおレッスンコーナー新曲歌い方講座

vol.186「菜七子/北川大介」
本誌楽譜コーナーに掲載の新曲を、
編曲家・伊戸のりお先生が
付録CDでわかりやすくレッスン。

水谷ひろしの「KF歌謡喫茶」

ゲスト:中澤卓也

スター声の伝言板

島津悦子

ピックアップアーティスト

香西かおり、椎名佐千子

連載第8回川野夏美のDAM CHANNEL演歌

話題のアーティストを追う!まるひコレクション

氷川きよし
新曲「勝負の花道」インタビュー、ほか

連載第30回松原健之の普段着で逢いましょう!!

連載第22回パク・ジュニョンの現在◇過去◇未来

炎の!! 追っかけ取材

中西りえ

新曲BOX

「孔雀の純情」(川野夏美)、
「咲いてみないかもう一度」(岩出和也)、ほか

おまかせシアター

モングン編

好評連載中!

最上川司の新・まつぽい絵巻物

HIT HIT MELODY♪

■大型サイズ楽譜コーナー

●水森英夫の今月の十八番

咲いてみないかもう一度/岩出和也
はなびらの雪/鏡 五郎
無情の波止場/原田悠里

●伊戸のりおレッスンコーナー

菜七子/北川大介
男うた/吉 幾三
孔雀の純情/川野夏美

●新曲

愛が嫌いだから/チェウニ
飯田線/小沢あきこ
一点物/水沢明美
親父の手紙/村木 弾
風の町哀詩/黒川真一朗
北のひとり星/走 裕介
黒の漁歌/モングン
心のかすみ草/宮路オサム
最後の恋/増田惠子
佐渡の鬼太鼓/岩佐美咲
幸せとまれ…赤とんぼ/桂木 龍
人生思い出橋/小林 旭
泥/蒼 彦太
鳰の湖/丘みどり
パズルを解かないで/川上大輔
春待ち坂/美川憲一
ひとあし遅れ/西山ひとみ
プロポーズ/純烈
紅の雨/山口ひろみ
夜明けの波止場/井上由美子
ヨコハマ・サンライズ/柾木祐二
ラストダンス/五木ひろし&坂本冬美

●HIT HIT+PLUS

炎の舞/おおとり舞

カラオケファン

歌の手帖

ミュージックスター

新曲歌謡ヒット速報

プリント楽譜