JOYSOUNDのカラオケ配信曲を紹介します。3月1日配信予定

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUNDのカラオケ配信曲を紹介します。3月1日配信予定

早いもので、もう3月の話題です。来週はもう3月ですね。卒業や入学の時期ですが、すでに遠い昔のようでもあり、昨日のことのようでもあります。

下記の曲が配信予定です。
※配信予定曲はお断り無く変更する場合がありますので、予めご了承下さい。
主に演歌・歌謡曲のみ演歌好きの独断で記載しています。ご了承ください。

今回の話題曲は、五木ひろし&坂本冬美 ラストダンスです。

この曲は、坂本冬美ENKAⅡ哀歌」でコラボし、シングルカットもした「居酒屋」に続く、オリジナルによるデュエット曲です。

「ラストダンス」は、いきものがかりの水野良樹 作詞・作曲によるお洒落で軽快な曲ですね。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は参考になると思います。試聴もあります。
<新曲(お手本ボーカル付き)>
配信日 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
3月1日 小沢あきこ(小沢亜貴子) 飯田線 2018年4月号 2018年4月号    
3月1日 川野夏美 孔雀の純情 2018年4月号 2018年4月号 2018年4月号 2018年3月・4月号
3月1日 沖田真早美(まさみ) 雪炎岬   2018年4月号   2018年3月・4月号
3月1日 北川大介 菜七子 2018年4月号 2018年4月号 2018年4月号  
3月1日 五木ひろし&坂本冬美 ラストダンス 2018年4月号 2018年4月号    
<新曲>
配信日 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
3月1日 岩出和也 小樽にて
3月1日 岩出和也 咲いてみないかもう一度 2018年4月号 2018年4月号
3月1日 宮路オサム 心のかすみ草 2018年4月号 2018年4月号
3月1日 黒川真一朗 夢待ち酒場
3月1日 佐々木李子 明日への風
3月1日 小沢健二 アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)
3月1日 松室政哉 きっと愛は不公平
3月1日 菅田将暉 さよならエレジー
3月1日 川野夏美 月影のルンバ
3月1日 足立佳奈 サクラエール
3月1日 村木弾 親父の手紙 2018年4月号 2018年4月号 2018年4月号
3月1日 椎名佐千子 晩鐘
3月1日 半崎美子 明日への序奏
3月1日 北川大介 本当のしあわせ
3月1日 木下あきら(アローナイツ) 桜のように 2015年11月号

すべての配信予定曲を知りたい場合は「JOYSOUND」のホームページ「カラオケ最新配信曲」をご確認ください。左側のサイドメニューにあります。

https://www.joysound.com/web/

五木ひろし&坂本冬美 ラストダンス

デュエットソングの新定番を目指す五木ひろし、坂本冬美の「ラスト・ダンス」

http://www.sanspo.com/geino/news/20180220/geo18022012000006-n1.htmlより引用

演歌・歌謡界の大御所、五木ひろし(69)と坂本冬美(50)が、活動休止中の人気3人組バンド・いきものがかりの水野良樹(35)との“異色コラボ”で新境地を開く。

 2人にとって初のデュエット曲「ラスト・ダンス」は水野の作詞作曲。大人の恋を歌った心地よいミディアムテンポのナンバーとなっている。

 特徴は繰り返しの少ない歌詞。サビの「さぁ 踊りましょう ラストダンス」以外は繊細な言葉選びで構成されている。

 「ラストダンス」で別れを予感させる一方、「ふたりで」というワードに続けて「手をとりあって」「リズムきざんで」「つなぐひととき」などのフレーズを配置。大人の事情でもう最後にしなければならない恋なのに、離れられない愛おしさを巧みに表現している。

 五木は今回の歌詞について「若者らしい感性がつまっていて新鮮」と評価。冬美は「演歌の特徴である五七調とは全然違う」と分析する。

 演歌では移りゆく季節や舞台となる土地を背景に、自身の心情を重ねる歌詞が多いが、冬美は「余韻というより、内面的な表現が多いので、演歌より歌詞の量が多くて覚えるのが大変」とユーモアを交えて告白。1987年にデビューし、「祝い酒」や「夜桜お七」などヒットを飛ばしてきたが、「新しい感覚に出会えた気がして幸せ」と喜んでいる。

 同曲では2人のダンスも見どころ。タップダンスやジャズダンスなどにも精通している五木が、今回は社交ダンスのようなステップを披露。2人の息はバッチリで五木は「坂本さんと前世で夫婦だったのかも」とノリノリだ。

 水野の作詞作曲ということもあり、演歌ファンを越えて若い世代にも支持される可能性は高い。新たなヒット曲の形となるか、注目が集まる。