演歌紹介。扇ひろ子さんの「涙色のタンゴ」2017年11月22日発売

Pocket

スポンサーリンク

今回の演歌好きの演歌紹介は、2017年11月22日発売の扇ひろ子さんの「涙色のタンゴ」です。

50年を超えるキャリアでありながら、根強い人気を維持する扇ひろ子さんの待望のシングル。「おんな流れ花」のカップリング曲です。
「恋せども愛せども 添えない人と未練な想い 断ち切るために思い出つれづれ 見知らぬ町へ季節はもう 春なのに私の心は 冬のまま涙色した 花が舞う 恋せども愛せども ちぎれた心拾い集めて つないでみても想いが虚しく 空回りする凍えそうな この胸に夢を下さい もう少し涙色した 恋が散る 恋せども愛せども 離れてしまうあなたに心 残したままで一人で生きてく 答えも出せず待てば叶う 恋ならば百年だって 待つけれど涙色した 風が吹く」

扇ひろ子「涙色のタンゴ」

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

扇ひろ子 「涙色のタンゴ」

扇ひろ子 「涙色のタンゴ」 カラオケ

 

【収録曲】

1.おんな流れ花
 作詩/志賀大介 作曲/武野良 編曲/石倉重信

2.涙色のタンゴ
 作詩/桜井幸介 作曲/千寿二郎 編曲/武井正信

3.おんな流れ花
 (オリジナル・カラオケ)

4.涙色のタンゴ
 (オリジナル・カラオケ)

5.おんな流れ花
 (半音上げオリジナル・カラオケ)

6.涙色のタンゴ
 (半音上げオリジナル・カラオケ)

7.おんな流れ花
 (3コーラスオリジナル・カラオケ)

8.おんな流れ花
 (半音上げ3コーラスオリジナル・カラオケ)

2017年11月22日発売

扇ひろ子 「おんな流れ花

扇ひろ子 「おんな流れ花」 カラオケ

扇ひろ子「新宿ブルース」

扇ひろ子「深川美人」

扇ひろ子「酔いどれほたる」

扇ひろ子 | 日本コロンビア

http://columbia.jp/artist-info/ohgi/

扇ひろ子 |オフィシャルサイト

http://www.yamaguchi-rumi.jp/

扇ひろ子 プロフィール

<プロフィール>引用

◇ 本名:田辺博美
◇ 誕生日:2月14日
◇ 出身地:広島県広島市

昭和39年8月5日、「赤い椿の三度笠」でデビュー。遠藤実の門下生として、昭和41年に「哀愁海峡」をヒットさせるが、遠藤がミノルフォンへ去ったため和田香苗の門下生となる。翌昭和42年、師弟での新宿キャンペーンが実を結び、「新宿ブルース」がミリオン・ヒットとなり、NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。
また映画界へも進出し、日活の女侠客シリーズの主役として、東映の藤純子、大映の江波杏子と競い合い、人気を博した。
現在も全国各地で公演を続け、平成25年、歌手生活50周年を迎えた。

2018/04/27(金)
BS12ch TwellV(トゥエルビ)「平成歌謡塾2」 5:29〜6:00
※「おんな流れ花」を歌唱します!
★番組ホームページはこちら>>>

http://www.twellv.co.jp/program/music/kayoujuku2.html

被ばく、デビュー時に強力ライバル… 扇ひろ子、苦難乗り越え歌手生活50周年

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20131115/enn1311150730000-n1.htmより引用

1967年に「新宿ブルース」が大ヒットした。歌手生活50周年を迎えた今年は新曲「酔いどれほたる」も好評だ。「自分では波乱万丈だとは思ってないんです。誰の人生にも浮き沈みがあると思いますけど、くじけそうなときに応援してくれるファンと背中を押してくれるスタッフに恵まれてるんですね」と振り返る半世紀には、さまざまな物語があった。

 出身は広島。生後6カ月で被ばくした。

 「でも、自分が原爆に遭っていることを知ったのは中学2年のとき。爆心地からわずか2キロの自宅で、灰をかぶって顔が真っ黒だったと母親から聞かされました。抵抗力のない子供ですから普通なら死んでます」

 当時、十数年を経て原爆症を発症する子供が増え社会問題化していた。

 「9歳までは愛媛県の松山の祖父母の家で育って。生き別れた母と再会してからは大阪に住んでましたから。原爆のことも知らなかったです」

 母親に勧められ保健所へ原爆症について自ら聞きに行ったという。

 「いずれ出産するときに子供に障害が出る可能性があると…子供ながらに私は結婚しちゃいけないんだ、と思ってました」

 母親は「女ひとりで生きていける術」として、踊り、歌、演技などあらゆる芸事を習わせた。

 それが実を結び、念願かなって64年に歌手デビュー。だが同じ年に、同じレコード会社から、小林幸子、都はるみがデビューした。「会社としての(私の)推しは、全くなくて」と逆風が…。

 「それは、売れてないから仕方がないんですけど。いいなぁ、売れたいなぁ、と。テレビの歌謡番組に売り込みにいっても『枠がない』と断られ続けましたね」

 「新宿ブルース」も、周りからは反対された楽曲だった。「新宿以外の地方の人は買わないだろう、って。それに、暗い歌ですし。レコーディングのときにディレクイターから『楽譜どおりに淡々と歌ってくれ』と言われて。これは売れるはずがないと思ってましたよ」と、期待はなかったのだ。

 ところが、哀愁を帯びたこの歌は大ヒットし、その後のご当地ブルースの先駆けとなった。

 「自分でも、50年も歌い続けてこられると思わなかった。続いている理由? それは人を裏切らないこと。それと、いい歌は健康管理ができてないとダメ。これからも頑張りますよ。この世界には定年がないから」

 破顔一笑。名曲とともに歌い続ける。

 ■おうぎ・ひろこ 1945年2月14日、広島県出身。64年8月、「赤い椿の三度笠」(日本コロムビア)でデビュー。新宿キャンペーンが実を結び、67年の「新宿ブルース」がミリオンヒットとなって翌年NHK紅白歌合戦に出場(2年連続)。女優としても68年からは日活「昇り竜シリーズ」などの女侠客映画に出演、東映の藤純子、大映の江波杏子と人気を競った。2013年に歌手生活50周年。


扇ひろ子さんの「涙色のタンゴ」は月刊カラオケファン、歌の手帖 、月刊ミュージック☆スターおよび新曲歌謡ヒット速報に掲載されているかもしれませんので下記で検索してみてください。 検索するのもいろんな曲が出てきて楽しいですよ。

カラオケファンで扇ひろ子さんの楽譜は、下記で検索できます。

カラオケファンリストのデータ一覧1999年~2018年 更新2018年8月10日 カラオケファンの1999年(平成11年)から2018年10月号(平成30年)までの楽譜リストを並べ替えや検索できるようにしました。全部で6350曲以上ありました。随時更新予定です。 検索ボックスで好きな曲や調べた...

歌の手帖で扇ひろ子さんの楽譜は、下記で検索できます。

「月刊歌の手帖」の楽譜データ一覧 2004年~2018年 2018年10月号まで(2018年8月17日更新) 「月刊歌の手帖」の2004年(平成16年)から2018年最新(平成30年)までの楽譜リストを並べ替えや検索できるようにしました。全部で5529曲ありました。随時更新予定です。ただ、できる...

ミュージックスターで扇ひろ子さんの楽譜は、下記で検索できます。

「月刊ミュージックスター」の楽譜データ検索 2018年8月17日更新 「月刊ミュージックスター」の2015年(平成27年)から2018年最新号(平成30年)までの楽譜リストを並べ替えや検索できるようにしました。 全部で1,100曲近くあります。随時更新予定です。 株式会社エクシング・ミュージ...

新曲歌謡ヒット速報で扇ひろ子さんの楽譜は、下記で検索できます。

「新曲歌謡ヒット速報」の楽譜検索ページ 1996年から2018年(最新号)までの「新曲歌謡ヒット速報」の楽譜検索ページです。 検索ボックスで好きな曲や調べたい曲、演歌歌手を検索できて「新曲歌謡ヒット速報」の何月号かわかります。 並べ替えもできますので年や歌手名又は「新曲歌謡ヒット速報」の何月号...

プリント楽譜で扇ひろ子さんの楽譜は、下記で検索できます。

演歌・歌謡曲の「ぷりんと楽譜」検索ページ 2018年7月13日更新 ヤマハの「プリント楽譜」のホームページから演歌・歌謡曲のメロディ譜のみを検索できるページです。 とりあえずこのページで検索して演歌のメロディー譜があるかを簡単に確認できます。 ホームページはこちらから   カラオケファン...

扇ひろ子さんの曲一覧は次のページです。

スポンサーリンク