JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP30 2018/5/2更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/5/2更新)を掲載しました。

今週新たに先週から入れ替わった曲は30 位の 五木ひろし さんの「 夜明けのブルース 」
が「えんかすき」のサイトを立ち上げてからは初登場でした。この曲もカラオケボックスでも良く聴きますね。

夜明けのブルース 

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
前回のJOYSOUNDカラオケランキング
JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/4/25更新)を掲載しました。 今週新たに先週から入れ替わった曲は29 位の 杜このみさんの「 くちなし雨情 」が初登場でした。 ※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きた...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2018/5/2更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号
3 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号
4 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号
5 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号
6 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
7 水森かおり 水に咲く花・支笏湖へ 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
8 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
9 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号
10 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号
11 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号
12 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号 2017年01月号
13 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号
14 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース 2014年04月号
15 市川由紀乃 うたかたの女 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月・4月号
16 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
17 天童よしみ きずな橋 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月・4月号
18 千昌夫 北国の春 2009年04月号
19 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪
20 山内惠介 さらせ冬の嵐 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
21 丘みどり 鳰の湖 2018年4月号 2018年4月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
22 梅沢富美男 夢芝居
23 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号
24 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号
25 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号
26 香西かおり 酒暦 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号 2018年5月・6月号
27 吉幾三 雪國 2013年03月号
28 天童よしみ 珍島物語 2017年08月号 1996年3月・4月号
29 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
30 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2018年3月号 2012年7月・8月号

五木ひろし 夜明けのブルース

五木ひろしさん熱唱 松山で「夜明けのブルース」の歌碑除幕式、観光スポットに期待

https://www.sankei.com/west/news/180116/wst1801160012-n1.htmlより引用

松山市二番町を舞台にした五木ひろしさんのヒット曲「夜明けのブルース」(作詞作曲・レーモンド松屋)の歌碑が同市二番町の八坂通りに建てられ、五木さんらが参加して除幕式が13日に行われた。

 歌は五木さんが愛媛県西条市出身のレーモンドさんに依頼して完成。平成24年にキングレコードから発売され、同年の日本レコード大賞作曲賞を受賞し、紅白歌合戦でも披露されるなど五木さんの代表曲のひとつとなっている。

 愛媛県の中村時広知事や松山市の野志克仁市長らと除幕式に臨んだ五木さんは「歌手として最大の喜び。人生で最大のヒット曲となり、これからも頑張って歌っていきたい」と感謝し、碑の前で曲を熱唱した。

 レーモンドさんは「松山を代表するヒット曲を作るのが最大の夢だった。末代まで自慢できる歌碑」と喜んだ。

 歌碑は高さ2メートル、幅2・3メートル。御影石におとなの恋を描いた歌詞と五木さんの写真やサインが刻まれている。ボタンを押すと、五木さんのフルコーラスが流れる仕組みだ。

 歌碑を建立した不動産業「ミツワ都市開発」の佐伯教義社長は「歌詞の中の『二番町』にこだわった。写真撮影など、観光スポットのひとつになれば」とファンらの訪問を期待していた。