JOYSOUNDのカラオケ配信曲を紹介します。5月17日配信予定

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUNDのカラオケ配信曲を紹介します。5月17日配信予定

下記の曲が配信予定です。
※配信予定曲はお断り無く変更する場合がありますので、予めご了承下さい。
主に演歌・歌謡曲のみ演歌好きの独断で記載しています。ご了承ください。

今回の話題曲は、竹川美子 さんの 「 片恋おぼろ月」です。

15周年記念曲第一弾の「船頭さん」では艶っぽい歌唱やジャケットも話題になりました。今作ではおちょこ片手に、来るあてもない男性を月の下で待ちわびる、侘しい女ごころを描きます。前作「船頭さん」でも和のテイストを強調したメロディに挑戦しましたが今作ではさらに「和」のイメージを強調した作品になります。導入部から小唄を思わせる純和調なメロディも、竹川美子の軽やかでしなやかな歌声を引き立たせます。

竹川美子さんは、幼い頃より父(生前の春日八郎氏の後援会会長)の影響で演歌を歌うようになりカラオケ大会に出場するようになります。

平成 3年12月 「NHKのど自慢」広島県江田島町大会出場 チャンピオン獲得。この頃よりプロ歌手になりたいと強く思うようになり、平成 7年10月 「NHK-BS歌謡塾あなたが一番」島根県美保関町大会で準チャンピオンになりました。

そこで作曲家 叶 弦大氏と出会います。

作曲家の叶弦大さんの内弟子をしながら、日舞や三味線そして民謡と稽古に励むこと6年間。竹川美子さんが出会った作曲家の叶弦大さんですが、出会ったことで内弟子なりプロの歌手になるため演歌歌手になるための大きなキッカケになりました。叶弦大さんの作品で大変よく知られているのは小林旭さんの楽曲の中でも、最大のヒットになった「昔の名前で出ています」でしょう。

小林旭さんといえば、間違いなく昭和の大スターでもありますが「昔の名前で出ています」を発売した当時の昭和50年(1975年)1月25日に発売されていますが、発売してからしばらくの間は特に大きな反響もない状態でした。あの大スターの小林旭さんでも、この曲をプロモーションするために全国各地になるキャバレーをドサ回りをしてかなり地道に草の根運動のように、ご自身でプロモーションすることの2年後に、だんだんと売上げが伸びていきそして大ヒットとなりおまけにロングセラーににもなりました。小林旭さんの最大のヒットというだけに、累計販売数は200万枚というミリオンセラーを達成しています。

竹川美子さんも小林旭さんのように、地道な努力にたゆまぬ強い心の持ち主だからこそ竹川美子さんのデビュー曲「江釣子のおんな」は発売してから、ジワリジワリと人気が出てきて2年後には20万枚を売り上げることになりました。20万枚という数字は、売れない売れないといわれている音楽業界ではとても素晴らしい売上げ数です。

「昔の名前で出ています」のような大ヒット作品を作り出した作曲家の叶弦大さんと、NHK-BS番組に出場したことがキッカケで知り合ったことで内弟子として頑張ってみようか。と決め手になったのかもしれないですね。

「昔の名前で出ています」は作詞は星野哲郎さんですが、星野哲郎さんも昭和を代表する名作曲家で北島三郎さんの名曲「兄弟仁義」などのほかにも数々の曲を手が空けたほか、水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」も星野哲郎さんが手がけています。なんといっても昭和の歌姫美空ひばりさんの「みだれ髪」も、星野哲郎さんの作詞です。竹川美子さんもそんな昭和を代表する名作詞家と、内弟子として働いた叶弦大さんのコンビで「岬のおんな」の楽曲となっています。「昔の名前ででています」での名コンビから、楽曲提供を受けることができたのも竹川美子さんが演歌の世界で着実にキャリアを重ねているからです。

デビューしたのは平成15年(2003年)5月21日の「江釣子のおんな」ですが、じわりじわりと時間をかけて今ではカラオケの定番曲となるまで多くの方に愛される曲となり広く知られた曲となり、「江釣子のおんな」を歌っている竹川美子の名前もかなり知名度も上がりでデビューしてから2年後にはレコード大賞も受賞したりと、着実にキャリアを重ねてきています。

 ※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は参考になると思います。試聴もあります。
<新曲(お手本ボーカル付き)>
配信日 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
5月17日 竹川美子 片恋おぼろ月 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号  
5月17日 秋元順子 哀しみのコンチェルト 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号  
5月17日 森若里子 徒然草 2018年6月号 2018年6月号    
5月17日 秋岡秀治 夢落葉 2006年12月号 2006年12月号   2006年11月・12月号
<新曲>
配信日 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
5月17日 永井みゆき 吉備路ひとり        
5月17日 永井みゆき 洲崎みれん        
5月17日 桜井くみ子 灯ともし頃 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号  
5月17日 秋元順子 夜明けの海        
5月17日 小田和正 会いに行く        
5月17日 小田和正 この道を        
5月17日 小田和正 坂道を上って        
5月17日 小田和正 小さな風景        
5月17日 松原健之 いとしき知床        
5月17日 森山直太朗        
5月17日 前川清 それは、ラララ。        
5月17日 前川清 初恋 Love in fall        
5月17日 蒼井翔太 Eclipse        

竹川美子 さんの 「 片恋おぼろ月」

竹川美子 さんの 「 片恋おぼろ月」カラオケ