演歌以外:「こういう人には嫌われてもいい」というお話です。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「こういう人には嫌われてもいい」というお話と小林正観さんのお話です。

「応援される人」と聞くと、地球上の全人類から好かれなければならないと勘違いする人がいますね。

もちろんそんなことは不可能ですよね。

それどころか誰からも好かれようとして八方美人を貫こうとすると、最終的には「あの人は信用できないよね」という噂が一気に広まって孤立無援になりますよね。

これは学生時代を思い返してみればよくわかるのではないでしょうか。

八方美人だった同級生は最終的にクラス全員から無視されてしまうようなこともよくあったはずです。

全員から好かれようと頑張ると、全員から嫌われてしまうという人間社会の何とも皮肉な法則があるみたいです。

学生時代に読んだ数多くの本と社会人になってから出逢ったカリスマたちに、どんな人が長期的に応援されるのかを貪欲に問い続けてきた。

その結果浮き彫りになった事実は、長期的に応援される人たちは「こういう人には嫌われてもいい」と腹をくくっていたということだ。

「こういうことを主張するとこんな人たちからは嫌われるだろうな」ということを、きちんと把握した上であえて自分の主張をしていたのだ。

すると予想通りに反発が返ってくる代わりに、賛同する人も現れるということだ。

反発してくる人は決してゼロにはならないのだから、そんな連中には目もくれずに、ひたすら賛同する人たちをメロメロにすればいいのだ。

小林正観さんは、順風50%逆風50%が一番良いと言われました。

「逆風」つまり自分に対してネガティブなことを言う人も、50%位いると良いようです。

ただし、この50%というのは「人数」ではありません。「エネルギー」です。

身近な人や、よく会う人ほどエネルギーが強くなります。

それを踏まえて、自分を成長させるには、50:50の環境が一番磨かれるというのです。

なので、最初から100%の賛同を目指す必要はないということです。

さらに上級者になると、反対してくれる人にも「感謝」できるようになります。

「陰極まれば陽に転じ陽極まれば陰に転ず」

どちらもなくてはならない存在で、成長には欠かせない存在が「反対」する人ですからね。

もちろん、賛成してくれる人、応援してくれる人にはもっと大きな感謝の念が生まれます。


ところで、小林正観さんを知っていますか? 年間300回も講演を頼まれるほどの売れっ子の学者でしたが、意外とご存じない方もいらっしゃいます。

そ(掃除)、わ(笑い)、か(感謝)を実践すること。

 

掃除は特に水まわりが大切だそうです。流れていることがポイントで、執着や我欲、こだわりを流して、新しいエネルギーが入ってくるので、神様の応援もえられ、お金も増えるとのこと。

そわかの法則は損得感情が動機でも良いので、とにかく実践することが大切とのことです。

また、笑うことで免疫力が高まり、遺伝子が”オン”になるそうです(笑)。笑うと自然にまわりを肯定することになり、楽しいことがやってくるとのこと。

そして、感謝。感謝によって友人や知人はもちろん、神様や仏様をも味方にできるそうです。最強ですね!(笑)。大いに笑いましょう(大笑い)

 

小林正観は「ありがとう」を一万回となえると幸せになり、二万五千回となえると涙があふれだし、五万回となえると奇跡がおきる、もしくは年齢×一万回となえると第一段階の奇跡が起きるといっています。

 

わたしたちの思考は確実に現実に影響をあたえるので、「ありがとう」という言葉を大量にとなえ、感謝の感情で満たされることでパフォーマンスがあがり、その日一日の人生が良くなる、ということはあるでしょう。

小林正観さんの胸を衝かれる言葉

小林正観さんは、やっと
授かった子供さんが女の子慶子ちゃんで
知的障害で生まれたそうです。

正観さんは、ショックで
頭が真っ白になりました。

しかし
正観さんは、彼女を通して
はじめて争わないことの大切さを
教わったそうです。

その事を教えに彼女は、
自分のところに生まれてきてくれたんだと
感じられたそうです。

ある時
運動会で徒競走がありました。

慶子ちゃんの同級生の
お友だちが捻挫になり
先生が気を使って
慶子ちゃんと同じグループに
走らせることにしました。

慶子ちゃんのお母さんは、
はじめて運動会で
慶子ちゃんが
ビリではないのではないかと
思われたそうです。

徒競走の時
慶子ちゃんは、
自分の後ろに走っている
お友だちを気にしながら
振り返り振り返り
走っていました。

お友だちは、捻挫している
足をかばって走ったため
「キャー」と言って転んでしまいました。

その声を聞いた慶子ちゃんは、
その子のところに走って
手を引き一緒に走りました。

ゴール目前で
慶子ちゃんは、その子の肩を
「ポン」とたたいて
その子をゴールに入れてから
自分がその後に入ったそうです。

その二人の走っている姿を見て
生徒たちは、もちろんのこと
父兄達も総立ちになって
慶子ちゃんとそのお友達に
大声援を送りました。
拍手喝采だそうです。

正観さんは、
慶子ちゃんから
争わないで闘わないで
問題を解決していくこと、
争わず受け入れ
分かち合うことの大切さを
慶子ちゃんから教わりました。

人生の目標は、
何かを達成することではなく
喜ばれる存在になること。

喜ばれる存在とは、
頼まれやすい人
頼まれやすい顔をしている人

そういう人が、
神様から喜ばれるようです。


正観さん。
子どもが自分の家を選んで
生まれてきてくれたことに感謝。

よい成績をとる。よい大学に入りなさい。
入ったら感謝してあげるからねって言うのは
感謝ではありません。その人を認めていない。

あなたの優しいところが好き。
優しいから他人を蹴落とすことができない。
だから、成績がびりに近い。

成績がびりであることを含めて
大好きよ と言ってあげること。
それが丸ごと愛しているよっていうこと。

具体的に 正観さんの家族のこと。
次女 27歳。父親から説教されたことは一度もない

子どもにこうなれという思いありません。
ここでも 私は、運動家ではありません。
家族に対しても運動家ではありません、と。

成績146番~148番。148人中 
勉強しなさいと言ったことはない

大変優しい子という事は知ってる。
優しいがゆえに 成績146番以降。 

優しい子に育った。成績は気にしてない。
人を蹴落とす子にしたくない。

中学2年の時の話題。
小林家 食事の団欒で

正観さん。父親らしく。
「どんな男の子と結婚するのかな~」
「変な人と結婚したらやだよね~」

長女もいる中で 次女が言ったこと。
正観さん。胸を衝かれたかもしれない。

「私は結婚しない」
「私は慶子ちゃんのお守りをして一生独身で過ごす」

驚きの言葉だった。
慶子ちゃんの 人格のレベルが
普通の子と違うことをうすうす気がついているみたいで

この子の面倒を見ながら一生過ごすと。
十分に優しい子に育ったと私は感謝する。

その後の正観さんから
今度は こちらが 胸を衝かれる言葉。

「わたしはこの日以来」から、ずっと
「いつ死んでもいいと思っていました。」
「この子は充分に優しい子に育った。」と感謝。

そのままでいい。

人間に対して「そのままでいい」というのは
うちに来てくれて ありがとうと 言うこと。

説教や要求はいらない。

他人に対して要求するのは感謝が足りない
我が家に来ていただいて ありがとう
夫に対して 妻に対して 子どもに対して

そのままで 感謝。


何かを信じるということは、言いかえると依存ですね。

「ありがとう」や「トイレ掃除」だけで、人生がよくなるほど、世の中は甘くはありませんよね。

こころのどこかで「人生を変えたい!」とか、「自分を変えたい!」という想いをお持ちなら、目指すべきは自立ですよね。

地に足をつけて自分の頭で考えましょうね。

自分人生をつくることは、自分だからできることですから。

嫌われないようにビクビクして生きるより、「嫌われても独りになっても構わない」と堂々と生きた方が応援する人も増えていくことでしょうね。

スポンサーリンク