新曲演歌紹介。新沼謙治さんの「盛川」2018年4月18日発売

Pocket

スポンサーリンク

今回の演歌好きの演歌新曲紹介は、2018年4月18日発売の新沼謙治さんの「盛川」です。

今回の作品のテーマはズバリ「故郷」です。「故郷」は、新沼謙治の世界観でも特に本人らしいテーマであり、且つ、本人の作詞、作曲ということで、大きな説得力を作品に与えています。

また、カップリング曲「前田音頭」は、本人の実父の新沼信雄氏(故人)の作詞・作曲であり、AB面を通して「故郷」の香りとメッセージを新沼謙治本人が語り部として伝える魅力的な作品となっています。

更に、今回は久しぶりに杉並児童合唱団をAB面ともにバックコーラスに据え、2013年にヒットした「ふるさとは今もかわらず」と同じコラボレーションが大きな話題となりそうです。

新沼謙治「盛川

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方はがありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

新沼謙治 「盛川

新沼謙治「盛川」 発売コメント

https://mz-edge.stream.co.jp/v/cn7e6iiv

新沼謙治 「盛川」 カラオケ

 

【収録曲】

1 盛川
2 前田音頭
3 盛川 (オリジナル・カラオケ)
4 前田音頭 (オリジナル・カラオケ)
5 盛川 (半音下げオリジナル・カラオケ)
6 前田音頭 (半音下げオリジナル・カラオケ)
7 盛川 (2コーラスオリジナル・カラオケ)
8 盛川(半音下げ2コーラスオリジナル・カラオケ)

2018年4月18日発売

新沼謙治「津軽恋女」

新沼謙治「ふるさとは今もかわらず」

新沼謙治「たろうの初恋」

新沼謙治「幸せの坂道」

新沼謙治 | 日本コロムビアオフィシャルサイト

http://columbia.jp/artist-info/kenji/

新沼謙治 |オフィシャルウェブサイト

http://www.noreason.jp/niinuma/

新沼謙治 プロフィール

<プロフィール>引用

◇ 本名:新沼謙治
◇ 生年月日:昭和31年2月27日
◇ 出身地:岩手県大船渡市
◇ 特技:バトミントン
◇ 趣味:レース鳩、ゴルフ、ガーデニング
◇ 好きな色:白、黒、茶色

日本テレビのオーディション番組「スター誕生」をきっかけに、昭和51年2月1日「おもいで岬」でデビュー。続く、シングル第2弾「嫁に来ないか」が大ヒットし、この年の新人賞を総ナメ、又「NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たす。
その後も「ヘッドライト」「酒とふたりづれ」「津軽恋女」等、ヒット曲多数。又、芝居の才能も発揮し、「二百三高地」(昭和54年東映)をはじめとする映画やドラマのレギュラー出演(「私鉄沿線97分署」・NHK大河ドラマ「炎立つ」)にも挑戦し、高い評価を得る。以後、平成2年までに「NHK紅白歌合戦」通算13回出場。

新沼謙治さんが結婚した妻・湯木博恵さんは元バドミントン世界女王!2人の意外な出逢いとは?

新沼謙治さんは、1970~80年代にかけてアイドル的人気を博した東北出身の演歌歌手です。そんな新沼謙治さんが結婚したのは1986年のことでした。新沼謙治さんより7歳上の妻・湯木博恵さんは、元バドミントン選手であり、70年代の日本では敵なしの”女王”と呼ばれた人物。

全英オープン選手権・女子シングルで2年連続の計4回、ダブルス1回の優勝を飾り、1972年のミュンヘンオリンピックでは銅メダルを獲得しています。演歌歌手とバドミントン世界女王とは、珍しい組み合わせのようですが、新沼謙治さんには、バドミントンという意外な趣味がありました。

新沼謙治さんの地元・岩手県大船渡市に、現役を引退したばかりの湯木博恵さんが訪れ、バドミントンの指導を受けたことをきっかけに、2人の交際はスタート。約5年を経て結婚し、1男1女の2人の子供にも恵まれています。
新沼謙治さんの妻・湯木博恵さんが癌で他界!最期まで年下夫を支えた姉さん女房の遺書が泣ける

新沼謙治さんとの結婚後、妻・湯木博恵さんは、母校・日本女子体育大学バドミントン部の監督を務める傍ら、姉さん女房として内助の功に務めました。しかし、全力で尽くしてくれた最愛の妻は、2011年9月7日にがんで他界してしまいます。新沼謙治さんの妻の死因は、甲状腺がんと伝えられましたが、2004年に発症していた乳がんの再発だったとも伝えられています。
その間、夫婦でゴルフを楽しむなど、元気な姿も見かけられましたが、2010年11月にがんの転移が発覚し、次第に病状は悪化。妻の危篤の報せを聞いた時、新沼謙治さんは、昼夜2部コンサートのために山形に滞在中だったため、開演前に長女の携帯電話を通じて「ありがとう」「頑張って!」と何度も声かけをしたそうです。

新沼謙治さんが妻の訃報を聞いたのは、昼公演が終わった休憩時間のことでした。妻の最期を看取ることができなかった新沼謙治さんは、涙でくしゃくしゃになりながら夜公演に臨んだといいます。妻は生前に、気丈にも葬儀場や装束を自ら指定する遺書を残しており、悲しみに暮れる夫の姿を想像していたのか、「自立してください」とのメッセージも記していました。それに対し、葬儀の場で「自立します」と応えた新沼謙治さんの姿は非常に印象的でした。

新沼謙治さんは、1976年の「嫁に来ないか」のヒットから1990年まで、13年連続で紅白歌合戦に出場しましたが、近年は目立った活躍は見られませんでした。そんな中、2012年11月にリリースしたシングルの2曲目に収録された、演歌ではない楽曲「ふるさとは今もかわらず」で、再び注目を集めることとなります。新沼謙治さんの故郷・岩手県大船渡市は、2011年3月11日の東日本大震災で、津波による甚大な被害を受けました。

 

「ふるさとは今もかわらず」は、震災発生の翌月に帰郷し、子供の頃に遊んでいた河原を散歩していた際に想起し、新沼謙治さん自らが作詞作曲を行ったもの。「NHK歌謡コンサート」やコンサートで、中学生の合唱をバックに披露され、涙なしでは聴くことのできない震災復興ソングとして、多くの感動を呼んでいます。復興ソングといっても、「透き通る風は身体にすり抜け……」と美しい故郷の情景を、ありありと描いた歌詞には、被災者を激励するような直接的な表現は見られません。

入院中の妻・湯木博恵さんの元へ向かう途中に被災した新沼謙治さんは、震災で親類を亡くし、それから半年後に妻をも失うこととなりました。全ての悲しみを乗り越え、亡き妻に自立を誓った新沼謙治さんは、長男と2人で暮らす中で、今では家事全般をこなしているといいます。ただ素直に、感じたままに綴られた「ふるさとは今もかわらず」は、新沼謙治さんの柔かな人柄そのもの。また、かつて阿久悠が評したように、新沼謙治さんの歌声には、やはり、気持ちよく悲しく聞こえる不思議な力がありました。


新沼謙治さんの「盛川」は月刊カラオケファン、歌の手帖 、月刊ミュージック☆スターおよび新曲歌謡ヒット速報に掲載されているかもしれませんので下記で検索してみてください。 検索するのもいろんな曲が出てきて楽しいですよ。

カラオケファンで新沼謙治さんの楽譜は、下記で検索できます。

カラオケファンリストのデータ一覧1999年~2019年 更新2019年10月10日 カラオケファンの1999年(平成11年)から2019年12月号(令和元年)までの楽譜リストを並べ替えや検索できるようにしました。全部で約6700曲ありました。随時更新予定です。 検索ボックスで好きな曲や調べたい...

歌の手帖で新沼謙治さんの楽譜は、下記で検索できます。

「月刊歌の手帖」の楽譜データ一覧 2004年~2020年 2020年1月号まで(2019年11月14日更新) 「月刊歌の手帖」の2004年(平成16年)から2020年最新(令和2年)までの楽譜リストを並べ替えや検索できるようにしました。全部で6065曲ありました。随時更新予定です。ただ、できる限...

ミュージックスターで新沼謙治さんの楽譜は、下記で検索できます。

「月刊ミュージックスター」の楽譜データ検索 2019年11月20日更新 「月刊ミュージックスター」の2015年(平成27年)から2020年最新号(令和2年)までの楽譜リストを並べ替えや検索できるようにしました。 全部で約2000曲あります。随時更新予定です。 株式会社エクシング・ミュージック...

新曲歌謡ヒット速報で新沼謙治さんの楽譜は、下記で検索できます。

「新曲歌謡ヒット速報」の楽譜検索ページ 1996年から2019年(最新号)までの「新曲歌謡ヒット速報」の楽譜検索ページです。 検索ボックスで好きな曲や調べたい曲、演歌歌手を検索できて「新曲歌謡ヒット速報」の何月号かわかります。 並べ替えもできますので年や歌手名又は「新曲歌謡ヒット速報」の何月号...

プリント楽譜で新沼謙治さんの楽譜は、下記で検索できます。

演歌・歌謡曲の「ぷりんと楽譜」検索ページ 2018年12月28日更新 ヤマハの「プリント楽譜」のホームページから演歌・歌謡曲のメロディ譜のみを検索できるページです。 とりあえずこのページで検索して演歌のメロディー譜があるかを簡単に確認できます。 ホームページはこちらから   カラオケファ...

新沼謙治さんの曲一覧は次のページです。

スポンサーリンク