カラオケ@DAMのカラオケ配信曲を紹介します。(6月12日配信)

Pocket

スポンサーリンク

カラオケ@DAMのカラオケ配信曲は下記の曲が配信予定です。(6月12日配信)

※配信予定曲はお断り無く変更する場合があります。また、主に演歌・歌謡曲のみ演歌好きの独断で記載しています。ご了承ください。

今回の注目曲

年内で芸能界引退される、奥村チヨさんの 「終着駅’95」です。

「落葉の舞い散る 停車場は 悲しい女の吹きだまり だから今日もひとり 明日もひとり 涙を捨てにくる 真冬に裸足は 冷たかろう 大きな荷物は 重たかろう なのに今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる」子猫のような可愛いい人で、愛らしくやさしい声に当時はからしびれました。いまでも素晴らしい容姿にびっくりです。この美しい人、いつまでも年をとらない人ですね。

この曲で、作曲家の地位を一躍築いた浜圭介の傑作!これをきっかけに奥村チヨとも結ばれましたね。作詞は三善英二の「雨」、平浩二の「バスストップ」、クルーファイブの「そして神戸」の千家和也さんです。

 

※画像はAMAZONの画像を利用させていただいていますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴できることがありますので参考になると思います。

カラオケ@DAMのカラオケ配信曲(6月12日配信)

配信日 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
6月12日 コロッケ 人間って何だろう?      
6月12日 コロッケ 楪~ゆずりは      
6月12日 たくみ稜 恋物語 part2      
6月12日 たくみ稜 夢でいいから   2018年7月号  
6月13日 タナカアツシ 大島エレジー      
6月12日 因幡晃 わかれまぎわ      
6月12日 奥村チヨ 終着駅’95      
6月12日 河崎せいか 夫婦吊橋      
6月12日 梶芽衣子 触れもせず      
6月12日 関取花 親知らず      
6月12日 細川たかし 輪!諸居おおさか      
6月12日 細川たかし 輪!諸居にっぽん      
6月12日 若菊 訪ねて…中仙道      
6月12日 所ジョージ 未来   2006年11月号 1998年11月・12月号
6月12日 勝新太郎 夜はくりかえす      
6月12日 小林旭 おんなの天気図      
6月12日 松平直樹&櫻井まり ふたりだけのカーニバル    
6月12日 織田みさ穂 愛こそすべて      
6月12日 森進一 北港 2013年04月号 2013年04月号 2013年5月・6月号
6月12日 森進一 恋はぐれ      
6月12日 水雲-MIZMO- まごころ街道      
6月12日 水雲-MIZMO- みれん節   2018年7月号  
6月12日 杉並児童合唱団 あの青い空のように      
6月12日 清瀬延美 男の未練      
6月12日 石川さゆり いつでも初恋      
6月12日 赤木あい 馬鹿たれあいつ      
6月12日 鳥羽一郎 男追い山笠      
6月12日 鳥羽一郎 人生ど真ん中      
6月12日 鳥羽一郎 儚な宿   2018年7月号  
6月12日 東野純直 砂漠に花を      
6月12日 湯野川広美 ボーカリストの唄      
6月12日 当山ひとみ 言い出しかねて      
6月12日 藤岡藤巻 贈られる言葉      
6月12日 南一誠 郷愁の太田川      
6月12日 梅宮辰夫・鶴田さやか 少し遠くて少し近くて      
6月12日 美月愛 幸せかしら…      
6月12日 北島三郎 加賀かっちり      
6月12日 北島三郎 次郎柿ヤイ      
6月12日 林久美子 ふたりの福寿草      

https://www.huffingtonpost.jp/2018/01/05/okumurachiyo_a_23325546/より引用

奥村チヨ、年内で芸能界引退「大変幸福でした」【手紙全文】

「恋の奴隷」などで知られる歌手の奥村チヨ(70)が、今年いっぱいで芸能界から引退することが明らかになった。所属レコード会社が6日、本人からの手紙を添えてFAXで発表した。1965年の歌手デビューから52年。歌手としての引き際が肝心とする独自の美学による決断となった。

「ファンの皆様へ」と題した手紙で「私 奥村チヨは1月24日発売のアルバムに新曲”サイレントムーン”を入れ 今年いっぱいで歌手活動を卒業する事を決心致しました」と報告。「今迄ファンの皆様そしてスタッフの皆様にささえられいつも元気を頂き本当に楽しくお仕事をさせて頂き大変幸福でした」とつづった。

65年に歌手デビュー。4枚目のシングル「ごめんネ…ジロー」(65年)がヒットし、69~70年に発表した「恋の奴隷」「恋狂い」「恋泥棒」の”恋3部作”の大ヒットにより人気歌手の地位を確立。71年に発売された「終着駅」の作曲を手がけた浜圭介氏と74年に結婚した。『NHK紅白歌合戦』には3回(69・70・72年)出場している。

奥村は今月24日に卒業アルバム『ありがとう ~サイレントムーン』を発売。デビュー時からのヒット曲に加え、新曲「サイレントムーン」を新録し収録する。奥村は「最後に私は感動できる歌にめぐり会いました。”サイレントムーン”この歌で卒業したいと思います」としている。

以下、奥村の手紙全文(原文ママ)。

ファンの皆様へ

私 奥村チヨは1月24日発売のアルバムに新曲”サイレントムーン”を入れ 今年いっぱいで歌手活動を卒業する事を決心致しました。

今迄ファンの皆様そしてスタッフの皆様にささえられいつも元気を頂き本当に楽しくお仕事をさせて頂き大変幸福でした。

又デビュー以来多くのヒット曲にも恵まれさらに私が40才代の時には”恋の奴隷”の歌と共に私のファッションもとても若い方々に気にいって頂き最高にハッピーでした。

 

私は人生はいつもひきぎわが大事だと思い本当は2014年に母が亡くなった時にもう完全にやめようと思っていたのですがついつい私の好きな作品とめぐり会ってここ迄来てしまいました。

私自身の事よりも今迄応援して下さったファンの皆様の事を思えば大変心が痛みますが長年に渡り今迄熱いエールを送り続けて下さり心から御礼と感謝を申し上げます。

そして最後に私は感動できる歌にめぐり会いました。”サイレントムーン”この歌で卒業したいと思います。

 

長い間本当にありがとうございました。

 

スポンサーリンク