演歌以外:「エンジェルナンバー」について

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は前回お話しした「運」の続きみたいなものですが「エンジェルナンバー」についてのお話と「6868」についてです。

数字の深い意味

古くから数字は神秘的なものとつながりがあると考えられていました。
数字は独自の波動と周波数を持っていて、私たちに影響していると考えられています。
プラトン、ピタゴラスをはじめ、多くの偉人が数字の神秘性を説いています。
ピタゴラスは、万物の本質は数字で、その数の法則によって人の性格や欲求までも予知できると考えました。
最初に数秘術を体系化した人でもあります。
そこから発展し、今でも特に有名なのはカバラ数秘術です。

エンジェルナンバーはメッセージ

こういった数の考え方の一つにエンジェルナンバーはあります。
心理学者のDoreen Virtue氏が意味をまとめています。
私たちの周りには常に天使がいて、その天使が数字を通じて私たちにメッセージを送っていくれていると考えます。
車のナンバープレートや時計、レシートの数字など、ふとした時に見る数字が、何度も同じ数字の組み合わせだったことはありませんか?それは今のあなたに必要な天使からのメッセージかもしれません。
また、電話番号や誕生日、IDといった自分の一部になっている数字の組み合わせは、より深いメッセージとして考えらます。
こういった視点から数字を意識すると、ただの数字が常に気づきを与えてくれるツールになり、とても面白いです。

エンジェルナンバーについてはたくさんのサイトがありますので検索して見てください。今日はその中で「6868」という番号についてです。

【6868】について

あなたの経済状況を改善させるヒントがあなたの元に届けられています。

お金の流入に関してこれまでは浮き沈みが激しかったかもしれません。

しかしあなたは今、安定して収入が入ってくる知恵を学んでいます。

お金に関して不安に感じる必要はありません。

不安な気持ちを天使たちにゆだね、自分は豊かであると宣言してください。

あなたがそう断言し、豊かなあなたの姿をイメージすることで、さらにあなたの状況は改善されていくことでしょう。

※4桁以上のエンジェルナンバーは3桁ごとに区切って意味を解釈していきます。

そのため、『686』と『8』の意味も合わせて紹介していきます。

『686』と『8』のエンジェルナンバーの意味

【686の意味】

お金についての恐れや不安は、天使たちにゆだねてください。

そして彼らの声に耳を傾け、その導きに従ってください。

また、自分自身に向かって、自分は豊かであると言い切ってください。

あなたがそう宣言し、そういう自分をイメージすることで、あなたの経済面はどんどん良くなっていきます。

天からの導きに注意を払い、あなたの経済面を向上させていきましょう。

【8の意味】

8と数字は、豊かさ、そして成功を意味しています。

そしてお金や時間、アイディアなどあなたに必要なものが全てあなたの元に流れてくることを暗示しています。

6868のエンジェルナンバーには『あなたがさらに豊かになるための知恵があなたの元に届けられています』という意味が込められています。

あなたはお金についての悩みを抱えていたかもしれません。

でも安心してください。

今、無限にある宇宙の豊かさが、あなたの元に流れ込んできています。

あなたの経済面が良くなるようなヒントがあちらこちらにあなたに示されていることでしょう。

その導きに従おうとするあなたの意思がある限り、あなたはそれを手にすることができます。

豊かさがあなたの元へ届けられたとしても、あなたがそれを受け取らなければ意味がありません。

また、あなたの心の中に不安などネガティブな感情があれば、そのチャンスを見過ごしてしまうかもしれません。

さぁ、今から準備を始めましょう。

ネガティブな思いを天使たちに預けて、豊かさを受け取るスタンバイを始めましょう。

このメッセージが必要な人に届けられることを願っています。

体験談抜粋

(1)ノートに「8」を逆に書く体験談
・ノートに「8」を逆に書いていたら、書いてる側から仕事が2件来て、その後にまた1件来た。
・娘に資格手当が付き、給料が上がった。
・本の注文が入った。
・職場の人間関係が良くなった。売り上げが良くなった。

(2)その他
男性:売り上げが前年度110%UP、部門で大幅UP、北関東で1位になった。

・「8」を書くときは、幸せになる、ガンが消えるとか目標を念じながら書く。ノート1ページ以上書く。
経済的に豊かになる方が良い。「8」を書いていたら全て契約が取れた人もいる。
・先祖の癒しとトリプルが大事。3代前までトリプルを8回念じる。忙しいときは1回でもよい。時間がある時は8回。

エンジェルナンバーの計算方法

自分のエンジェルナンバーを割り出す計算方法は以下の通りです。

1. 生年月日(西暦)の数字をばらし、すべて足す

2. 足した結果が2桁になったら、またばらして足す

※1の結果が2桁の同じ数字(11、22、33、44)になったら計算終了

3. 一桁になったら計算終了

計算結果があなたのエンジェルナンバーです!

【計算例 1】1985年5月12日生まれの場合
1. 1+9+8+5+5+1+2=31
2. 3+1=4
3. 「4」がエンジェルナンバー!

【計算例 2】1979年12月31日生まれの場合
1. 1+9+7+9+1+2+3+1=33
2. 「33」がエンジェルナンバー!

生年月日から導き出されたエンジェルナンバーは、あなたにとって人生の指針となる運命の番号です。

神に守られている人もいれば、大きな富が手に入る人もいて様々です。

あなたはどんな人生を歩み、どんな危険が待っているのでしょうか。

それは、天使からのメッセージである「エンジェルナンバー」が教えてくれるそうです。

信じるか信じないかは自分自身ですね。
それでも何かしら自分が好きなラッキーナンバーがあればちょっとしたことで嬉しいですよね。

そういうところからでも「運」は運ばれてくるのでしょうね。

いろんなものを信じる。それでも一番信じるのは「自分自身の力」だと思います。

病気でも、「自分自身の力」を信じればきっと良くなると信じることですね。

前回も書きましたが「自分は運が良い」と信じれば運が寄ってきますからね。

今日の話題は「運がいい人、悪い人」という「運」の話です。 皆さんは「運いい」と思いますか? それとも「不運だな」と思いますか? 「えんかすき」はなぜか最近は「運がいい」です。 「運」というのは不思議だなと良く感じます。 今日は「運がいい人、悪い人」というお話です。 運がいい人と、運が...

ちなみに、「えんかすき」の「エンジェルナンバー」は9でした。

9の数字(エンジェルナンバー)の意味

あなたには聖なる使命があります。

あなたは生まれ持った才能や情熱、興味を生かして人々に尽くすことを求められています。

あなたが捧げたエネルギーはやがて人々の笑顔となり、あなたを応援する力と変わるでしょう。

あなたとあなたの使命を捧げる人々との間に幸せな関係が築かれ、あなた自身の心も満たされることでしょう。

今、秘められていた才能に気付くチャンスが訪れています。

あなたの使命を発見し、すぐに行動に移していきましょう。

カバラ数秘術における9の意味

カバラ数秘術とはユダヤに古くから伝わる占術であり、数字によって人の運命や世界の情勢を読み解くものになります。

そのカバラ数秘術では、数字の9は最後の数字になります。

つまり「9」は物事の終わりを表します。

また、全てを受け入れるという意味も含まれています。

9という数字には「あなたには聖なる使命があります。そしてその使命に気付くまたは、その使命を始める時期になります。」というメッセージが込められています。

全ての人にこの世に生まれてきた意味や目的があります。

その目的を果たすことは、人々や世界に貢献できるだけではなく、自分自身の幸せにも繋がります。

自分の使命は一体何なのか、じっくり自分を見つめ直してみましょう。

一般的には自身の興味や関心事の中に使命が隠されているようです。

使命を果たす時期に来たら、腰を据えてじっくり努めていきましょう。

友人の「エンジェルナンバー」は3でした。

3の数字(エンジェルナンバー)の意味

「3」は日本では縁起の良い数字

「3」は調和を表す数字として日本では好まれている数字です。

2や4などの偶数は対立を生むため、3をはじめとする奇数は縁起の良い数字とされています。

そのため「3」は三位一体、三種の神器、三拝一礼などあらゆるところで活用されています。

三三九度や七五三などおめでたい場面でも使われるケースが多く、”満つ”や”充つ”という意味にも通じているようです。

中国でも「3」は縁起の良い数字

中国では「3」は発音が”財”と似ているため、蓄財を意味し縁起の良い数字とされています。

一般的に中国では奇数よりも偶数の方が好まれます。

しかし、縁起に関しては3や9などの奇数の数字も良いものとして捉えられています。

奇数の最初の数字である「1」と偶数の最初の数字である「2」を合わせた包括的な数字であるともされ、単純に数量が多いということを表す場合もあるそうです。

「3」という数字は「アセンデッドマスターたちがあなたの傍であなたをサポートしていますよー」という天使からのメッセージになります。

そして縁起としては、日本でも中国でも縁起の良い数字であるとされています。

お祝い事や神事などでも「3」という数字はしばし活用され、満たされている状態を表す数字になります。

参考URL

https://niconicohappy.com/angel5/より引用

確かに、数字というものは何かしら人生においていろんなとこれで出てきますから、それもよりどころの一つとして自分の生活の中に取り入れて良いのでしょうね。

スポンサーリンク