演歌以外:「美意識」について

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は「美意識」の話です。といってもお顔や服装の話ではありません。

何かをするときのやり方、そこに「美意識」というものがあるかないかというのは、ほんとうに大きな問題だと思います。

昔の日本人は貧しかったけれど「美意識」というものをもっていました。

だから、貧しさということをそんなに恥とせずに、人に対して恥ずかしいことはしたくない、そんなことはできない、という「美意識」がありました。

いまは、残念なことに、ないような気がします。

おカネさえ貯めればいい。あるいは地位を固めればいいというので、手段や方法を問わない。

そこに日本中が悪化してる大きな原因があります。

そして、人を評価するのも、すべて経済基準で見てしまう。

おカネをいくらもっているか、いくら稼ぐか、それだけです。

会社も人も、みんながそれぞれのわがままに基づいて、勝手気ままに生きています。

とんでもないことですよね。

これでよくなるわけがないような気がします。

少なくとも子供の頃は、おカネを稼ぐ稼ぎ方に「美意識」というものがあったと思います。

わずかしか稼げない人は、わずかしか稼げなかったおカネの範囲で生活をしていました。

稼ぎが少なければ少ないなかで家族もそれで納得して、苦しいけれどもそれに耐えて生活してきました。

それが、いまはどうでしょう。

稼ぐおカネより余計使っても平気じゃないですか。

そのためどんどん借金もします。

そこには美意識も何もないような気がします。

昔の日本人は、生き方に美意識を持っていたのでしょう。

もちろん、今もそういう方はいらっしゃいますが、減っているのだと思います。

よくおじいちゃんやおばあちゃんが言っていた「お天道様が見ている」という言葉も、美意識に繋がるのではないでしょうか。

誰も見ていないところだったら、少しくらいズルしてもいい、誤魔化してもいい、嘘をついてもいい、サボってもいい・・・。

そういう気持ちになるのは、今も昔の人も同じでしょう。

その時に、誰も見ていなくても「お天道様が見ている」という感覚が、美意識なんだと思います。

陰徳という言葉を使っても教えてくれています。

「徳を積みなさい」そして出来れば誰にも見つからないように陰ながら徳を積むことを「美しい」とした教えです。

「俺がこれだけ稼いできてんだ!黙って言うことを聞け!」という人に「人望」があるとは思えません。

本当に「人望」がある人とは、人一倍働いているのも関わらず、人一倍感謝している人だと思います。

福島正伸先生はこう言います。

「見て見ぬふりより、助けて助けていないふり」

たとえ助けていたとしても、知らないふりをする人がかっこいい。

自分がしてあげたことはとっとと忘れ、自分がして貰ったことは石に刻んで恩を返そうと努力する。

そんな生き方が「美しい」と思いますね。

同じ長生きをするのしても「美しく」生きたいものです。身も心もね。

福島正伸先生について(HPより引用)

1958年東京都墨田区生まれ。早稲田大学法学部卒業後、様々な事業に挑戦し、1988年株式会社就職予備校(現・アントレプレナーセンター)設立、代表取締役に就任。通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。自立創造型相互支援社会を目指し、自立型人材の育成、組織活性化や新規事業立ち上げ、地域活性化支援の専門家として、これまで30年以上に渡り、日本を代表するいくつもの大手企業、大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールや全国の地方自治体などで約7,500回、述べにして30万人以上に研修、講演を行う。受講生からの「人生が変わった」という声が後をたたない。「他人の成功を応援すること」を生きがいとしており、企業経営者、ビジネス書のベストセラー作家など、多くの人から「メンター」と慕われている。6人の経営者を応援するために、毎朝ハガキを出すことをもう17年以上続けている。その言葉をメルマガ「夢を実現する今日の一言」にて配信中。

主な著書に「メンタリング・マネジメント」「リーダーになる人のたった1つの習慣」「仕事が夢と感動であふれる5つの物語」「僕の人生を変えた29通の手紙」「僕はがんを治した」最近では「真経営学読本」等がある。

ポリシー10ヵ条

【第1条】まずは私がやる、先頭に立つ
【第2条】ピンチはチャンス、前向きな言葉のみを使う
【第3条】問題あるところに生きがいを見出す
【第4条】手法は100万通り、あきらめない
【第5条】何気なくやらない、人類のためにやる
【第6条】人を信じ、夢を信じる
【第7条】最大の困難に、笑顔で挑む
【第8条】他人とは、感謝で付き合う
【第9条】人生のすべてを楽しむ
【第10条】最大の報酬は、感動の涙

福島正伸先生 「自立について」

スポンサーリンク