演歌好きの新曲紹介。池田輝郎さんの「高山本線」

Pocket

スポンサーリンク

今回は、池田輝郎さんの「高山本線」を紹介します。

2017年春でデビュー丸10年を迎えた池田輝郎さんの約13ヶ月ぶりのニューシングルの「高山本線」です。池田 輝郎(いけだ てるお、1953年2月18日 -本名は池田輝男。所属事務所は三井エージェンシー。 )さんは、佐賀県伊万里市出身の民謡・演歌歌手です。

今回の「高山本線」は、岐阜の街から北上し、風光明媚な飛騨の山を抜け、越中・富山に向かうディーゼル車。その車輪に揺られる男の一人旅を描く久々の旅情演歌となっています。

初めての音楽との出合いは小学1年生の時にラジオから流れてきた橋幸夫の「潮来笠」。この曲に感動し歌手を目指すようになった。20歳から28歳までは全く歌を歌わないようになった。この背景には全日本歌謡選手権で五木ひろし(当時、三谷謙)が10週勝ち抜いた姿を見て「こんな人には絶対に勝てない。」と思った事が理由だそうです。

29歳の時に民謡に出会い歌を再開。演歌を歌うようになったのは30歳を過ぎてから。1995年に初めてインディーズ盤をリリース。地元・九州を基盤にするなか、2007年に「湯の里しぐれ」で歌手としてデビュー。

2009年芸名を本名の「池田輝男」から「池田輝郎」に改名。この背景には恩師 水森英夫の知り合いの姓名判断師から「この名前はロクなことがない。」との助言があったそうです。

以上Wikipediaより引用

【プロモーションビデオ】池田輝郎さんの「高山本線」

2017年5月17日発売 池田輝郎さんの「高山本線」

池田輝郎さんの「高山本線」

 

▼公式サイト
・http://www.mitsui-ag.com/teruo

池田輝郎の艶やかな歌声が冴えわたる、久しぶりの王道旅情演歌です。
2017年春でデビュー丸10年を迎えた池田輝郎の約13ヶ月ぶりのニューシングル。

表題曲「高山本線」は彼にとって久々の旅情演歌です。

岐阜の街から北上し、風光明媚な飛騨の山々を抜け、越中・富山に向かうディーゼル車。その車両に揺られる男のひとり旅を描きます。デビュー作「湯の里しぐれ」や2作目「雨の夜汽車」で見せた、民謡仕込みのスケール豊かで艶やかな池田輝郎の美声が光る作品となっています。

池田輝郎さんの「高山本線」

<収録曲>
1.高山本線
作詞:鈴木 紀代 作曲:水森 英夫 編曲:丸山 雅仁
2.旅の酒
作詞:鈴木 紀代 作曲:水森 英夫 編曲:丸山 雅仁
3.高山本線(オリジナルカラオケ)
4.高山本線(一般用カラオケ半音下げ)
5.旅の酒(オリジナルカラオケ)


池田輝郎さんの「高山本線」歌詞は歌詞検索サービス「歌ネット」にありますので参考にしてください。



【インタビュー】池田輝郎/高山本線


高山本線について

高山本線は、岐阜県岐阜市の岐阜駅から富山県富山市の富山駅に至る総延長225.8 kmの鉄道路線(地方交通線)です。
岐阜-猪谷間はJR東海、猪谷-富山間はJR西日本の管轄となっています。
1920年(大正9年)11月1日に岐阜-各務ヶ原間(13.2km)が開業したのが高山線の最初でした。この際に長森駅、那加駅、各務原駅が開業しています。その後、岐阜側から順次路線が延伸開業していき、1933年(昭和8年)8月25日に飛騨萩原-飛騨小坂間 (12.1km) が延伸開業し、上呂駅、飛騨小坂駅が開業しました。これにより岐阜-飛騨小坂間33.1kmが開通したことになります。
一方、富山側からは飛越線が順次建設されて延伸します。
1927年(昭和2年)9月1日に飛越線・富山-田苅屋信号場-越中八尾間(17.06km)が開業したのが最初です。
この際に西富山駅、速星駅、千里駅、越中八尾駅が開業しています。富山-西富山間には田苅屋信号場を開設しています。これは、北陸本線と富山-田刈屋信号場間を共用するためです。この頃は建設費をけちっていたということになります。
1929年(昭和4年)10月1日には越中八尾-笹津間(8.21km)が延伸開業し、笹津駅が開業しています。
1930年(昭和5年)11月27日には笹津-猪谷間 (11.3km) が延伸開業し、楡原駅、猪谷駅が開業しています。これによりちょうど現在のJR西日本が管轄する路線が完成しています。1932年(昭和7年)8月20日には猪谷-杉原間 (8.7km) が延伸開業し、杉原駅が開業しています。1933年(昭和8年)11月12日には杉原-坂上間 (13.9km) が延伸開業しています。打保駅、坂上駅開業。
1934年(昭和9年)10月25日に飛騨小坂-坂上間 (57.8km) が開業し全線が開通しています。
同時に高山線が飛越線を編入し、岐阜-富山間が高山本線となり、現在の路線と同様の姿になったわけです。

管轄・路線距離(営業キロ) 全長225.8km
JR東海(第一種鉄道事業者) 岐阜 – 猪谷間 189.2km
JR西日本(第一種鉄道事業者) 猪谷 – 富山間  36.6km
JR貨物(第二種鉄道事業者) 猪谷 – 富山間  36.6km
軌間 1,067mm
駅数 46駅
複線区間 なし(全線単線)
電化区間 なし(全線非電化)

池田輝郎さんの外部リンク


池田輝郎さんの「高山本線」はカラオケファン7月号にあります。すでに発売されていますが、amzonでも購入できます。

池田輝郎さんの楽譜は、カラオケファンで下記の14曲があります。

「ぷりんと楽譜」では「池田輝郎」さんのメロディ譜は下記の6曲があります。

 

すべてカラオケファンとダブっていますが、カラオケファンのバックナンバーを持ってない人はこちらで購入した方が安いですね。1曲からでも注文できますし、クレジット決済でもコンビニ決済でもできるし、自宅のプリンターでもコンビニのコピー機(複合機)でも出力できますから便利です。

カラオケを歌うときに楽譜を見て歌うと細かい音符の動きがわかりますので、是非楽譜を見て覚える癖をつけると今まで以上にうまく歌えると思います。
スポンサーリンク