JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP30 2018/6/20更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/6/20更新)を掲載しました。

今週新たに先週から入れ替わった曲は27 位の 渡哲也 さんの「 くちなしの花 」だけでしたね。新曲は、6 位の 水森かおり さんの「 水に咲く花・支笏湖へ 」、7 位の 福田こうへい さんの「 天竜流し 」、19 位の 大月みやこ さんの「 母なる海よ 」、20 位の 丘みどり さんの「 鳰の湖 」、25 位の 市川由紀乃 さんの「 うたかたの女 」、29 位の 水田竜子 さんの「 有明月夜 」の6曲で、あとは懐かしい曲とカラオケ定番曲ばかりですね。上位はほとんど変動がありませんよね。DAMのカラオケランキングもほとんど同じ感じです。

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(6月12日更新分) 今週の入れ替わり曲は 81 位の 秋岡秀治 さんの「 夢落葉 」 99 位の 永井みゆき さんの「 吉備路ひとり 」 100 位の 内山田洋とクール・ファイブ さんの「 長崎は今日も雨だった 」 の3曲でした。 今回...

渡哲也 さんの「 くちなしの花 」について

くちなしの花は、渡哲也が1973年8月21日に発表したシングル曲です。

1974年に入ってから有線放送などでじわじわヒット、週間オリコンチャート最高で4位を記録、150万枚の大ヒットとなりました。

http://duarbo.air-nifty.com/songs/2011/11/post-a123.htmlより引用

この歌が作られたいきさつについて、遠藤実は日本経済新聞に連載した『私の履歴書』のなかで次のように書いています。

 ……ポリドールから「渡哲也さんの曲を書いてほしい」という話がきたのは四十八年のことだった。不思議なことにタイトルだけは先に決まっていた。「『くちなしの花』です」と山口光昭ディレクターは言う。 もともと山口さんは著名人に戦没学徒の遺書を朗読してもらう企画を進めていた。その依頼に行った作家の曾野綾子さんから見せられたのが、宅島徳光(のりみつ)海軍飛行予備中尉の遺稿集『くちなしの花』。その中に恋人を思って綴った詩があった。
   「俺の言葉に泣いた奴が一人
   俺を恨んでいる奴が一人
   それでも本当に俺を忘れないでいてくれる奴が一人
   俺が死んだらくちなしの花を飾ってくれる奴が一人
   みんな併せてたった一人……」
                                    (大光社刊『遺稿くちなしの花』から)
 宅島中尉は訓練中の事故で亡くなっていたため、戦没学徒の遺書を著名人に朗読してもらったレコードには収録されなかった。しかし山ロディレクターは、二十四歳の命を空に散らせた若きパイロットの詩から受けた感動を忘れられなかった。詩からにじみ出る男の強さと優しさ。そのイメージに近い渡哲也の新曲を手がけると決まったとき、タイトルは『くちなしの花』しか思いつかなかった。
 水木かおるさんの詞を受け取った私の目が、一番の「いまでは指輪も まわるほど」のところで止まった。
 まだマーキュリー専属のころ、結婚式も挙げないまま苦労ばかりをかける妻に、いつかは指輪のひとつも買ってやれるようになりたいと思っていた。西荻窪駅前の時計店のウインドーに飾られた小さなオパールの指輪を毎日のようにじっと見詰めていた。
『からたち日記』がヒットして初めてまとまった印税が入った。それで買った指輪を大事そうにはめてほほ笑む妻の面影が、脳裏に鮮やかな映像を結んだ。水木さんに「おいしいものは一番先に食べようよ」と言って、歌い出しに持ってきた。『くちなしの花』は昭和四十八(一九七三)年に発売され大ヒットしたが、後に渡さんから「レッスンでピアノを弾きながら泣いていましたね」と言われた。確かにあのときは、辛かった日々と節子のぬくもりが胸によみがえって、鍵盤に涙がにじんだ。

 これによって、この曲が海軍飛行予備中尉・宅島徳光の遺稿集『くちなしの花』がきっかけになって作られたことが明らかになりました。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
前回のJOYSOUNDカラオケランキング
JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/6/13更新)を掲載しました。 今週新たに先週から入れ替わった曲はありませんでした。順位の入れ替わりだけでした。先週26 位の テレサ・テン さんの「 愛人 」26位でかわらず。30 位の 吉幾三 さんの「 雪國 」は28位にアップしていま...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2018/6/20更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号  
2 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号  
3 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号    
4 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号    
5 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号  
6 水森かおり 水に咲く花・支笏湖へ 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
7 福田こうへい 天竜流し 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
8 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
9 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号  
10 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号  
11 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号  
12 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号   2011年1月・2月号
13 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号  
14 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号    
15 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号   2017年01月号  
16 千昌夫 北国の春   2009年04月号    
17 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪        
18 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
19 大月みやこ 母なる海よ 2018年5月号 2018年5月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
20 丘みどり 鳰の湖 2018年4月号 2018年4月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
21 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号  
22 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号    
23 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号    
24 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号   2004年5月・6月号
25 市川由紀乃 うたかたの女 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月・4月号
26 梅沢富美男 夢芝居        
27 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号    
28 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号    
29 水田竜子 有明月夜 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
30 吉幾三 雪國   2013年03月号    

くちなしの花  石原裕次郎 & 渡哲也

石原裕次郎さんも渡哲也さんも若いですね。

昭和を代表する俳優ですね。懐かしい映像です。