演歌以外:「運気は移動距離に比例する」というお話です。

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は「運気は移動距離に比例する」というお話です。

7月に入りました。関東地方は一足早く梅雨明けで、もうすぐ夏休みですね。
夏休みになると旅行の計画とか立てている方も多いのでしょうね。
今日の話題は、旅行するときなど、移動することで「気」が動くというお話です。

移動することで「気」が動きます。
このとき、遠くへ移動すればするほど大きく気が動くので、あなた自身も活性化して運がよくなります。

新幹線のホームや空港のゲート周辺には、なんともいえない華やかな空気がありますが、これは、速いスピードで長距離移動してきた人たちが持ってきた気に加えて、これから長距離移動しようという人の「ワクワク」も加わっているからでしょう。

仕事や家事に没頭するのは悪いことではありません。

しかし、一カ所にばかり留まっていると、気が動かなくなってしまいます。

一生懸命やっているうちに、うつ状態に陥ったりするのは、同じ場所にばかりいることによって、気の流れが悪くなっているからです。

楽しいことも挟まないと、自分の気分がアップしなくなります。

成功している人は、ほぼ毎週のように、結構な距離を移動しています。

そのワクワク感を持ったまま、プロジェクトを進めるので、その雰囲気がまわりにも伝わってきます。

運を高める簡単な方法は、移動することです。

気が停滞した人でも、速度の出る乗り物で移動すると、少し元気になります。

新幹線、飛行機、高速道路での移動をするだけで、ちょっと気分は変わります。

特急電車に乗って、日帰りでどこかに行くだけでも違います。

なんとなく、最近、停滞気味だなという人には、おすすめの方法です。

人を成長させるものが3つあるといいます。

  • 一つは、人との出会い
  • 二つ目は、本との出会い
  • 三つ目は、旅行

できれば、年に三、四回は、仕事とはまったく関係のない旅行計画を立てるといいそうです。

旅行に行くと、多くの気付きがあります。

時には自分の無力さを感じて謙虚にしてくれたり、世界の広さを知って自分の小ささを知ったり、自然の美しさを見て癒されたり、常識の壁を壊してくれたり。

そういえば、最近旅行に行ってないな~って時は、やはり運気も停滞しているような気がします。

活動的に動いているときは、もちろんお金も掛かるんですけどそれ以上に入ってくるもの(得るもの)も多くなるからつじつまが合うものです。

「今から20年後、君はやった事よりもやらなかったことに、より後悔するだろう。

ゆえに、迷いを解き放て。

安全な港から船を出せ。

貿易風を帆に捕らえよ。

探検せよ。

夢をみよ。

発見せよ」

byマーク・トウェイン(アメリカの小説家)

この夏、夏に限らなくてもいいですが、遠くに行く計画立ててみませんか。
「えんかすき」の友人は3月にアフリカに行って6月は1か月アメリカにキャンピングカー借りて旅行された傘寿(さんじゅ)を迎えられた方がいます。

見た目は50代にみれる素晴らしい女性ですよ。

その方を見てれば確かに運気がとてつもなく大きいです。世界中旅行されています。話も面白いし、いつも笑顔です。
見習いたいと思います。

さて、どこに計画しましょうか。「転がるボール」も難しいですね。

今日の話題は「転がったボール」の話です。サッカーワールドカップ2018も盛り上がっていますがサッカーボールの話ではありません。「習慣にするための第一歩」のお話です。 連日サッカーワールドカップの熱戦と日本の活躍で寝不足の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。今日は全くその話題とは関係ない話...
スポンサーリンク