JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP30 2018/8/1更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/8/1更新)を掲載しました。

今日は、「カレーうどんの日」(「カレーうどん100年革新プロジェクト」チームが、カレーうどんが全国浸透してから100周年となる2010(平成22)年に制定。6月2日が「カレーの日」、7月2日が「うどんの日」であることから。)また、「ホコ天記念日」(1970年のこの日、銀座・新宿等で初めて歩行者天国が実施された。警視庁が、「人間性を取り戻す政策」として週末の銀座・新宿・池袋・浅草で自動車の交通を遮断して歩行者天国を実施した。)

「歩行者天国」は歩行者用道路として人と車を分離し、安心して楽しい散策やショッピングができるように設けたられたものです。

1969(昭和44)年に北海道旭川市の平和通りで実施されたのが始まりだそうです。

きっかけとなったのは、交通渋滞と大気汚染に対する強い反省の気持ちからで、まるで人間よりも自動車の方が優位にあるような、当時の風潮に反省をこめてのことだったようです。

道路交通を車優先から人間優先へ転換させるきっかけとなり、その効果として、自動車のもたらす排気ガス、騒音等の交通公害防止に寄与することを目的としている。この運動は以降全国的に拡がりました。
東京原宿の歩行者天国は「竹の子族」や「バンドブーム」の発信地となり、若者文化の発信地ともなりましたが、反面、騒音問題やゴミ問題などから、地元から歩行者天国を中止する要望が出されるようになり、1998年に原宿の歩行者天国が中止され、地方都市でも渋滞の原因のなるとして、次々と中止となるところが相次ぎました。

現在は、東京の中央通り(銀座・秋葉原)・新宿地区で実施されていますね。

今週新たに先週から入れ替わった曲は29 位の 吉幾三 さんの「 雪國 」、30 位の 天童よしみ さんの「 珍島物語 」の2曲でした。
上位はほとんど変動がありませんよね。DAMのカラオケランキングもほとんど同じ感じです。

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(7月31日更新分) 今日は、「水の日」(国土庁(現在の国土交通省)が1977年に制定。1年を通して8月が一番水を使う量が多い月であることから、その月の最初に節水を呼びかける為にこの日を記念日とした。)だそうです。毎日暑い日が続きますね。日本の水の...

吉幾三 さんの「 雪國 」について

1986年2月25日,吉幾三さんによってリリースされました。もともとは那須のホテルで即興で歌ったとんでもない歌だったようです。

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180315-OHT1T50228.htmlより引用

冬の哀愁漂う名曲「雪國」が誕生したのは、暑さがまだ残る85年9月。「俺ら東京さ行ぐだ」のヒットを記念した温泉旅行で訪れた栃木・那須のホテルだった。

 「宴会でお酌のおねえちゃんを呼んでベロベロに酔っ払って、余興で歌ったのがこの曲。歌詞は『好きよ あなた~』じゃなく、『だめよ そこは~』と放送できない下ネタばっかりでね。泥酔して即興で作ったメロディーが良くて、テーブルの下にテープレコーダーを置いてたディレクターが『曲が良いからちゃんとした歌にしよう』となった」

 詞のイメージは、その冬にふと見たNHK「新日本紀行」から膨らませた。

 「雪煙を上げて北へ走る列車を見て、『追いかけて 追いかけて 追いかけて雪國』と最初に書いた。3回繰り返すのは他にないから、逆に面白いでしょ。その後、雪国に男が女を追いかけていく歌にしようと詞が出てきたんだよ」

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
前回のJOYSOUNDカラオケランキング
JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/7/25更新)を掲載しました。 今日は、「幽霊の日」(1825(文政8)年のこの日、江戸の中村座で四世鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が初演された。東海道四谷怪談(通称『四谷怪談』)は、夫民谷伊右衛門に毒殺された四谷左門の娘お岩の復讐話で、江戸...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2018/8/1更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号
2 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号
3 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号
4 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号
5 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号
6 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
7 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号
8 福田こうへい 天竜流し 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
9 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号
10 水森かおり 水に咲く花・支笏湖へ 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
11 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号
12 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
13 神野美伽 いちから二人 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号
14 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号
15 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース 2014年04月号
16 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号 2017年01月号
17 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
18 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪
19 千昌夫 北国の春 2009年04月号
20 大月みやこ 母なる海よ 2018年5月号 2018年5月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
21 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号
22 丘みどり 鳰(にお)の湖(うみ)
23 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号
24 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号
25 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号
26 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
27 梅沢富美男 夢芝居
28 門倉有希 ノラ 2003年10月号 1998年9月・10月号
29 吉幾三 雪國 2013年03月号
30 天童よしみ 珍島物語 2017年08月号 1996年3月・4月号