カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(8月14日更新分)

Pocket

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(8月14日更新分)

今日は、8月15日で「終戦記念日,敗戦記念日,全国戦没者追悼式」(1945年8月14日、政府はポツダム宣言を受諾し、翌15日の正午、昭和天皇による玉音放送によって日本が無条件降伏したことが国民に伝えられた。これにより第二次世界大戦が終結した。

内務省の発表によれば、戦死者は約212万人、空襲による死者は約24万人だった。

1982年4月の閣議決定により「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」となった。

1963年から毎年、政府主催による「全国戦没者追悼式」が行われ、正午から1分間、黙祷が捧げられる。)

平和の尊さをかみしめましょう。二度と戦争がないように祈りましょう。

また、「刺身の日」(1448(文安5)年、刺身が初めて文書に登場した。室町時代後期の書記官・中原康冨の文安5年のこの日の日記に“鯛なら鯛とわかるやうにその魚のひれを刺しておくので刺し身、つまり「さしみなます」の名の起り”とあり、これが初めて文書に登場する刺身に関する記録とされている。)だそうです。おいしい刺身を食べたいですね。何が旬でしょうね。

今週の入れ替わり曲は

85 位の 水森かおり さんの「 鳥取砂丘 」
88 位の 山本譲二 さんの「 みちのくひとり旅 」
94 位の 石原裕次郎 さんの「 ブランデーグラス 」
96 位の 北川裕二 さんの「 伊豆しぐれ 」
99 位の 高山厳 さんの「 心凍らせて 」

水森かおり さんの「 鳥取砂丘 」について

2003年4月2日に発売された水森かおりさんの11枚目のシングルです。同年12月21日に再発売された。

演歌不毛の時代と言われながらも紅白では今や第二の小林幸子として壮大な舞台装置を繰り出し、豪華な衣装をまとって歌唱する水森かおりさん。

この「 鳥取砂丘 」がきっかけで『NHK紅白歌合戦』に初出場し、以降14年連続出場を果たしています。

『ご当地ソングの女王』、『旅情演歌歌手』と呼ばれながらヒットを飛ばし続けている水森かおりさんですが、この「鳥取砂丘」のヒット以降、とにかくご当地のファンを失望させないため、営業で初めて訪れる地方都市については事前にかなり勉強をし、ご当地ネタに対応できるようにしているとのこと。方言も上手ですよね。

人知れず、苦労しているのですね。それもまた地元の人にはたまらなくうれしいですよね。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

先週のランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(8月7日更新分) 今日は、8月8日で「そろばんの日」(全国珠算教育連盟が1968年に制定。そろばんを弾く音「パチ(8)パチ(8)」の語呂合せ。)、「屋根の日」(全国陶器瓦工業組合連合会が制定。漢字の「八」が屋根の形に似ていることから。)、「ヒゲの...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号
2 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号
3 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号
4 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号
5 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号
6 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
7 欧陽菲菲 ラヴ・イズ・オーヴァー
8 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号
9 福田こうへい 天竜流し 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
10 水森かおり 水に咲く花・支笏湖へ 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
11 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号
12 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号
13 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
14 丘みどり 鳰の湖 2018年4月号 2018年4月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
15 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号 2017年01月号
16 神野美伽 いちから二人 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月・10月号
17 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号
18 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース 2014年04月号
19 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪
20 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号
21 大月みやこ 母なる海よ 2018年5月号 2018年5月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
22 松原のぶえ みれん岬 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月・10月号
23 門倉有希 ノラ 2003年10月号 1998年9月・10月号
24 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号
25 欧陽菲菲 雨の御堂筋 1999年08月号 2013年07月号 2018年8月号
26 川中美幸・弦哲也 二輪草 2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
27 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
28 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号
29 真木柚布子 美唄の風 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
30 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
31 天童よしみ 珍島物語 2017年08月号 1996年3月・4月号
32 神野美伽 いちから二人 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月・10月号
33 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号
34 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号 2018年1月号
35 梅沢富美男 夢芝居
36 石原裕次郎 赤いハンカチ 2015年04月号 2016年12月号
37 吉幾三 雪國 2013年03月号
38 森山愛子 会津追分 2017年12月号 2017年11月号 2017年11月号 2018年1月・2月号
39 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
40 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号
41 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号
42 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号
43 真木ことみ 火の河 2018年7月号 2018年7月号 2018年7月号 2018年7月・8月号
44 海原千里・万里 大阪ラプソディー
45 香西かおり 流恋草 2000年09月号
46 中村美律子 河内おとこ節 2016年12月号
47 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号
48 大石まどか 愛しの函館 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月・10月号
49 千昌夫 北国の春 2009年04月号
50 福田こうへい 天竜流し 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
51 小林旭 昔の名前で出ています 2011年03月号
52 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号 2017年06月号
53 小林幸子 雪椿
54 山川豊 アメリカ橋 2016年06月号 2018年7月号 1998年3月・4月号
55 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
56 橋幸夫・安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号
57 渡哲也 くちなしの花 2012年05月号
58 北山たけし 津軽おとこ節 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
59 フランク永井 おまえに
60 秋元順子 哀しみのコンチェルト 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年7月・8月号
61 上杉香緒里 鬼灯 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
62 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 小樽のひとよ 2007年07月号
63 和田青児 哀愁子守唄 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月・10月号
64 水田竜子 有明月夜 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
65 水森かおり 水に咲く花・支笏湖へ 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
66 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2016年12月号 2018年9月・10月号
67 千昌夫 星影のワルツ 2018年1月号
68 吉幾三 酔歌 2017年09月号
69 細川たかし 矢切の渡し 2006年11月号
70 チョー・ヨンピル 想いで迷子
71 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号
72 三橋美智也 古城 2008年03月号
73 杉良太郎 すきま風 2009年04月号
74 西山ひとみ ひとあし遅れ 2018年4月号 2018年4月号 2018年4月号 2018年3月・4月号
75 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号
76 大月みやこ 女の港 2004年07月号 2011年04月号
77 大月みやこ 流氷の宿 2017年10月号 2017年10月号 2017年11月号 2017年11月・12月号
78 秋元順子 愛のままで… 2008年03月号 2008年09月号 2009年5月・6月号
79 瀬川瑛子 命くれない 2006年11月号
80 北島三郎 まつり 2006年04月号 2017年02月号
81 香西かおり 酒暦 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号 2018年5月・6月号
82 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号
83 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2018年3月号 2012年7月・8月号
84 松原のぶえ みれん岬 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月・10月号
85 水森かおり 鳥取砂丘 2003年05月号 2004年02月号 2003年5月・6月号
86 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号
87 舟木一夫 高校三年生 2009年04月号
88 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号
89 島津亜矢 2018年7月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年7月・8月号
90 梓みちよ 二人でお酒を 2012年09月号
91 五十川ゆき 抱いてあげる 2018年9月号 2018年8月号 2018年8月号 1997年5月・6月号
92 椎名佐千子 舞鶴おんな雨 2018年3月号 2018年3月号 2018年4月号 2018年3月・4月号
93 市川由紀乃 うたかたの女 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月・4月号
94 石原裕次郎 ブランデーグラス 2016年12月号
95 キム・ヨンジャ 花ふたたび 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
96 北川裕二 伊豆しぐれ 2018年9月号 2018年8月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
97 竹川美子 片恋おぼろ月 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年7月・8月号
98 北野まち子 冬酒場 2016年8月号 2016年07月号 2016年09月号 2016年9月・10月号
99 高山厳 心凍らせて 2014年7月・8月号
100 天童よしみ きずな橋 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月・4月号