JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP30 2018/8/15更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/8/15更新)を掲載しました。

今日は、8月16日で「月遅れ盆送り火」(本来は旧暦7月16日であるが、明治の改暦後は、多くの地域で月遅れの8月16日に行われる。お盆に帰ってきた先祖の霊を送り出す行事で、京都の五山送り火や長崎の精霊流しなどが有名である。)と「女子大生の日」(1913年のこの日、東北帝国大学(現在の東北大学)が女子受験生3人の合格を発表し、日本初の女子大生が誕生した。)だそうです。

「月遅れ盆送り火」は、お盆に帰ってきた先祖の霊を送り出す行事ですね。本来は旧暦7月16日に行なわれる行事ですが、明治初年の改暦後は、多くの地域で月遅れの8月16日に行なわれています。8月16日の夜には有名な京都「五山の送り火」が執り行なわれます。

「女子大生の日」は、大正2年8月16日、東北帝国大学(現在の東北大学)が女子受験生3人(黒田チカ、牧田らく、丹下ウメ)の合格を発表。日本初の女子大生が誕生しました。文部省は前例の無いことであり「頗ル重大ナル事件」として説明を求める書簡を東北帝大に送っています。黒田チカ、牧田らくは、お茶の水女子大学の前身である東京女子高等師範学校の出身。女性の社会進出のエポックメーキングとなる大きな出来事になりました。今では女子大生は男女雇用機会均等法(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律)などもあって社会に大きく進出していますね。

最近の話題で、東京医科大学の入試で、女子合格者を減らすために、女子受験生が一律減点されていたことが明らかになり、世界的にもこの問題に注目が集まっていますよね。

女性差別は日本だけの問題ではなく、世界中で見られる問題だそうです。

世界経済フォーラムが発表した2017年版の「世界ジェンダー・ギャップ報告書」によると、現在のままの進展速度だと、世界で完全な男女平等が実現するのは100年先だといわれていますね。

「平等」というのは難しいですね。

今週新たに先週から入れ替わった曲は21 位の キム・ヨンジャ さんの「 花ふたたび 」新曲だけでした。
上位はほとんど変動がありませんよね。DAMのカラオケランキングもほとんど同じ感じです。

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(8月7日更新分) 今日は、8月8日で「そろばんの日」(全国珠算教育連盟が1968年に制定。そろばんを弾く音「パチ(8)パチ(8)」の語呂合せ。)、「屋根の日」(全国陶器瓦工業組合連合会が制定。漢字の「八」が屋根の形に似ていることから。)、「ヒゲの...

キム・ヨンジャ さんの「 花ふたたび 」について

キム・ヨンジャの新曲は、一度は関係が途絶えた男性と、 再び縁を取り戻す男女の人生模様を描いた演歌路線!!

キム・ヨンジャ待望の新曲は、好評を博す演歌路線をリリースします。
一度は関係の切れた男性と、再び縁を取り戻す男女の人生模様をモチーフにしています。 その大衆的で身近なモチーフを、マイナータイプの馴染みやすいメロディーに乗せて歌います。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
前回のJOYSOUNDカラオケランキング
JOYSOUNDのカラオケランキングTOP30(2018/8/8更新)を掲載しました。 今日は、8月9日で語呂合わせで「野球の日」(スポーツ用品メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノが制定。「や(8)きゅう(9)」の語呂合せと、高校野球の期間中で野球に対する関心が高まる季節であることから。)、...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2018/8/15更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号
3 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号
4 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号
5 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号
6 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
7 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号
8 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号
9 神野美伽 いちから二人 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月・10月号
10 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
11 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号
12 福田こうへい 天竜流し 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
13 水森かおり 水に咲く花・支笏湖へ 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
14 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号 2017年01月号
15 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース 2014年04月号
16 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
17 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号
18 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪
19 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号
20 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号
21 キム・ヨンジャ 花ふたたび 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
22 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号
23 千昌夫 北国の春 2009年04月号
24 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
25 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号
26 梅沢富美男 夢芝居
27 上杉香緒里 鬼灯 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
28 松原のぶえ みれん岬 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月・10月号
29 大月みやこ 母なる海よ 2018年5月号 2018年5月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
30 丘みどり 鳰の湖 2018年4月号 2018年4月号 2018年5月号 2018年5月・6月号