演歌以外:「せめて祭りの晩ぐらい」というお話です。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「せめて祭りの晩ぐらい」というお話をご紹介させていただきます。

今日は、8月21日「献血の日」(1964年のこの日、それまでの売血制度をやめ、全ての輸血用血液を献血により確保する体制を確立するよう閣議で決定された。

売血常習者の血液は血球が少なく血漿部分が目立つため「黄色い血」と呼ばれていた。この血液は、輸血しても効果がなく、また、輸血後に肝炎等の副作用を起こしがちだったため、大きな社会問題となっていた。1974年に民間商業血液銀行が預血制度を廃止したことにより、全てを献血で確保する体制が確立した。)だそうです。

私は、献血のおかげで今を生き長らえさせていただいています。

献血をしてくださる方には感謝しかありません。私が最初に緊急入院した時に運よく輸血が間に合いまいました。北海道からの輸血だったのを覚えています。

今日のお話は、「最後の相場師」といわれた“是川銀蔵”氏の「せめて祭りの晩ぐらい」お話です。

いま考えてみるに、神戸時代の子どもの頃のあの貧乏暮らしが最高の教育になっていたんじゃないだろうか。

ある宵宮の晩に、三匹五銭のイワシを買いにきた六人家族のおかみさんに、

「これで一盛りじゃ、おまえさんのところは子どもが三人おるじゃないか、せめて祭りの晩ぐらいひとりあてお頭付きの魚を食わせてやってくれ」

二盛りのイワシを包んでやった時の父の姿を今でも忘れることはできない。

自分は大家からいつも立ち退きを迫られ、家族は芋粥と残りものの魚しか食えない貧乏生活をしながらも、貧しい人を見たら、お金がなくても商売の魚を持って帰らせるような優しく、あったかい父。

そのおかみさんを送り出す父の後ろ姿を見ながら、父は偉いなあ、と尊敬させられたことを幼心にも身にしみて憶えている。

自分も大人になったら父のような人になるんだ、と思ったものだ。


本当の優しさとは、自分が寒くても、自分が着ている上着を寒がっている仲間に貸してあげる強さを持った人のことを言うのでしょう。

自分はお腹が減っていないからと、子どもに食べさせる親のことを言うのでしょう。

「いつもありがとうな」と、自分は贅沢していなくても社員に喜んであげる人のことを言うのでしょう。

そういう背中は必ず見ています。

誰かが必ず見てくれています。

仮に誰にも気付かれなくても、自分の心があたたまるでしょう。

人知れず人を想い、直向きに頑張るあなた。

あなたがのこした足跡は、次の人たちが必ず受け継いでいきます。

そういう人で、自分もありたいと思います。

多分、献血をされる方も他人の命を助けるという優しさを持った方なのでしょうね。

改めて感謝です。