有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50:集計期間:2018/09/21付(2018.09.08-2018.09.14) – 1位 ~ 50位

Pocket

スポンサーリンク

有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50

今日は、9月22日、「国際ビーチクリーンアップデー」(アメリカ・サンフランシスコに本部を置く海洋自然保護センターが、1985(昭和60)年から実施している記念日です。
この日に近い週末、世界各地で海岸のごみを拾い集め、その数量・種類などを調べ、地球環境への影響を調査しています。)
日本でもクリーンアップ全国事務局が中心になり、活動しています。

それと「孤児院の日」(1887(明治20)年、岡山の医師・石井十次が日本初の孤児院「孤児教育会」を創設しました。)だそうです。

「孤児院の日」について

1887(明治20)年、岡山の医師・石井十次が日本初の孤児院「岡山孤児院」を創設した。
石井十次は、1865(慶応元)年~1914(大3)年、宮崎県高鍋町生まれ、父は高鍋藩3万石(秋月家)の下級武士でした。

石井十次は最初岡山で医学を学んだが、受洗後、ある貧しい母子との出会をきっかけに、23歳で本格的な児童救済事業を始め、日本初の孤児院「岡山孤児院」を創設、生涯で3000人以上の孤児救済に尽くし、「孤児の父」と呼ばれているそうです。
現在の「ボランティア」という言葉が一般に普及したのは戦後、それも1970年代以降のこと。日本にも、古くから仏教や儒教に基づいた「ほどこし」や「助け合い」の心が人々の間に受け継がれてはいた。

明治初期、キリスト教の宣教師たちによって、「自発性」「無償性」「自由意思」といった近代のボランティアの考え方が伝来した。この欧米からもたらされたボランティア精神の流れをくみ、日本初の孤児院「岡山孤児院」を設立したのがきっかけとなって、「ボランティア」が今のように民間社会事業として発展してきたのだそうだ。

児童福祉に長年功績があった全国の個人・団体に贈られる賞に「石井十次賞」というのがあって、静岡県掛川市の学校法人「ねむの木学園」の園長・宮城まり子さんも第13回「石井十次賞」に選ばれています。

「孤児院」といえば思い出すのが、梶原一騎の作品の「タイガーマスク」ですね。

主人公タイガーマスクの正体である伊達直人は孤児院「ちびっこハウス」の出身である。

幼少時に動物園の虎の檻の前でケンカしていたところを悪役レスラー養成機関「虎の穴」にスカウトされ、悪役レスラーとしてリングデビューした。

ファイトマネーを「ちびっこハウス」に寄付していたが、「虎の穴」への上納金が滞ったことにより、「虎の穴」から刺客が送りこまれるようになり、血で血を洗う凄惨なファイトに身を投じていくことになる。

伊達直人=タイガーマスクの自己犠牲の精神は多くの日本人の心に根を張り、現在でもクリスマスが近くなると、全国各地の児童養護施設に「伊達直人」や「タイガーマスク」名義で金品の寄付が寄せられていますね。

『タイガーマスク』は、1967年に物語が始まり、アメリカでデビューしたタイガーマスクにとって、これが10年ぶりの帰国となった。

東京オリンピック(1964年)を契機にすっかり様変わりした東京を眺めて感慨に浸るタイガーであったが、しかし好景気に沸く世間とは対照的に、まるで時代に取り残されたような「ちびっこハウス」の窮状に直面するという物語です。

かつて日本には孤児があふれていました。

そして豊かになった現在でも、全国にはおよそ2万5千人の孤児がいるそうです。

交通事故や自然災害など、理由はさまざまだろうが、決して少なくない数である。

私たちもひとりの「伊達直人」として、何かできることがあるのではないかと思います。そう思うための「孤児院の日」があるのではないでしょうか。

今週の入れ替わり曲は

14 位の 山本譲二 さんの「 残花 」

25 位の 増位山太志郎 さんの「 港です 女です 涙です 」
35 位の 増位山太志郎 さんの「 今日からふたり 」


40 位の 秋山涼子 さんの「 命ささげます 」

47 位の 岩波理恵 さんの「 ベッドじゃなくても 」

48 位の 佳山明生 さんの「 冬茜 」

 

49 位の 里見浩太朗 さんの「 秘話 」

とすべて新曲でした。

※画像はAMAZONの画像を利用させていただいていますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

前回の有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50

有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50 今日は、9月15日、「老人の日」(2002年1月1日改正の「老人福祉法」によって制定。2003年から「祝日法」の改正によって「敬老の日」が9月第3月曜日となるのに伴い、従前の敬老の日を記念日として残す為に制定された。) (旧)としよりの日 194...

有線ランキングより

http://ranking.cansystem.info/?k=rje

有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50

順位 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 氷川きよし 勝負の花道 2018年3月号 2018年3月号 2018年4月号 2018年3月・4月号
2 五木ひろし VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~   2018年10月号 2018年11月号  
3 三山ひろし いごっそ魂 2018年2月号 2018年2月号 2018年1月号 2018年3月・4月号
4 堀内孝雄 みんな少年だった 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号  
5 水森かおり 水に咲く花・支笏湖へ 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
6 服部浩子 哀愁北岬 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号  
7 キム・ヨンジャ 花ふたたび 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
8 大川栄策 男の火花 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号  
9 北島兄弟 (北山たけし&大江裕) ブラザー 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号 2016年7月・8月号
10 牧村三枝子 歌一輪   2018年10月号    
11 ハン・ジナ 人待岬 2018年10月号 2018年10月号    
12 長山洋子 じょっぱりよされ 2018年8月号 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月・10月号
13 岩本公水 片時雨   2018年10月号 2018年10月号 2018年9月・10月号
14 山本譲二 残花 2018年11月号   2018年11月号  
15 辰巳ゆうと 下町純情 2018年3月号 2018年3月号 2018年2月号 2018年5月・6月号
16 エドアルド じょんがらひとり旅 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号  
17 瀬口侑希 女のゆりかご   2018年10月号 2018年10月号  
18 大月みやこ 母なる海よ 2018年5月号 2018年5月号 2018年6月号 2018年5月・6月号
19 藤原浩 あの日のひまわり 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号  
20 石川さゆり 花が咲いている 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号  
21 加門亮 アイラブユー   2018年10月号 2018年10月号  
22 千葉一夫 霧雨川   2018年10月号 2018年10月号  
23 水前寺清子 熊本城 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号  
24 田川寿美 春よ来い 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年7月・8月号
25 増位山太志郎 港です 女です 涙です 2018年11月号 2018年11月号    
26 青木美保 乙姫川 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号  
27 朱鷺あかり おんな化粧花   2018年9月号    
28 中村美律子 弥太郎鴉 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
29 山口かおる 最後の恋人 2018年10月号 2018年10月号    
30 入山アキ子 悪女の季節   2018年10月号 2018年11月号  
31 山川豊 今日という日に感謝して 2018年6月号 2018年6月号 2018年6月号 2018年7月・8月号
32 浜博也 北の港で待つ女   2018年10月号 2018年10月号  
33 中澤卓也 冬の蝶 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
34 上杉香緒里 鬼灯 2018年8月号 2018年8月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
35 増位山太志郎 今日からふたり        
36 モングン 黒の漁歌 2018年4月号 2018年4月号   2018年5月・6月号
37 鏡五郎 みれん船 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号 2018年9月・10月号
38 市川由紀乃&横山剣(クレイジーケンバンド) 雨に濡れて二人     2018年9月号 2018年7月・8月号
39 叶やよい 涙色のタンゴ 2017年07月号 2017年07月号 2017年07月号 2017年9月・10月号
40 秋山涼子 命ささげます 2018年11月号 2018年11月号    
41 一条貫太 ふたりの始発駅 2018年5月号 2018年4月号 2018年4月号 2018年5月・6月号
42 さくらまや かもめ橋から 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
43 チョン・テフ 合鍵迷子 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号 2018年9月・10月号
44 野中さおり 天の川恋歌 2018年9月号 2018年9月号 2018年10月号  
45 出光仁美 茶屋町しぐれ 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月号 2018年9月・10月号
46 純烈 プロポーズ 2018年4月号 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月・4月号
47 岩波理恵 ベッドじゃなくても 2018年11月号 2018年10月号 2018年10月号  
48 佳山明生 冬茜 2018年11月号   2018年11月号  
49 里見浩太朗 秘話 2018年10月号 2018年10月号    
50 北川大介 菜七子 2018年4月号 2018年4月号 2018年4月号 2018年5月・6月号
スポンサーリンク