演歌以外:「感謝は人を素直にする」について。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「感謝は人を素直にする」についてのお話しです。

今日は、10月16日、「ボスの日」(アメリカのパトリシア・ベイ・ハロキスさんが、会社を経営していた父の為に1958年に提唱。経営者と部下の関係を円滑にするための日。アメリカではボスを昼食に招待したりプレゼントを贈ったりしている。
日本では1988(昭和63)年からデパート業界が実施している。)、「世界食糧デー(World Food Day)」(国連食糧農業機関(FAO)が1981(昭和56)年に制定。国際デーの一つ。1945(昭和20)年のこの日、FAOが設立された。開発途上国等での栄養失調や飢餓について考える日。)だそうです。

「ボスの日」について

ボスの日は10月16日。

パトリシア・ベイ・ハロキスさんというアメリカに住む女性が、父親を思う心が、誕生のきっかけといわれています。

会社経営をしていた父親が部下との間が、しっくりいかないことを悩んでいたのです。

お互いの関係が、スムーズなものに修復する手立てはないものかという思いから、1958年に誕生しました。

10月16日になったのは彼女が素晴らしい上司だと考えていた人物、
つなわち、
彼女の父親の誕生日だったからです。

社会人になれば、切っても切れない関係になる上司の存在。自分の仕事を影から支えてくれる上司に、プレゼントで感謝を伝えてみませんか。

職場でできること

ボスの日を社内で告知し、10/16にボスへの感謝を伝える等、具体的なアクションを促す。
ボスの日(10/16)または、ボスの日ウィーク(10/16-10/22)は、ボスに定時退社するよう促す。
ボスの日ウィーク(10/16-10/22)は毎日、部下が日替わりでボスのデスクにポストイットで感謝の気持ちを伝える。

なかなか職場での雰囲気でできる職場とできない職場はあると思いますが、自分が上司の立場になって考えてみると案外できるようになるかもしれませんね。

感謝は人を素直にする

経営の神様といわれた松下幸之助さんのお話です。

どんな人にも、どんな本にも、どんなものにも、いい面と悪い面があります。

そのどちらを見る人が成功するか?

考えるまでもありません。

幸之助さんは、物事の見方を説かれるとき、二宮尊徳が残した逸話をしばしば紹介されていました。

江戸時代、二人の若者が江戸の街で一旗揚げようと、田舎から出てきました。

彼らの前を、水売りが通り、「えーっ、水はいらんかえ!」と売り声を上げました。

それを見て、若者のひとりは「なんと江戸では水を商売にしている。こんなところにはとてもいられない」と驚き、田舎に帰ってしまいました。

一方、もうひとりの若者も驚いていました。

「なんと江戸では水を商売にしている。これはすごいことだ。面白い商売がきっとできる!」と。

ワクワクしながら江戸に残った彼は、江戸で商売を成功させ、一財産を築いたといいます。

幸之助さんは、この逸話について、

「一杯の水を売っているという事実はひとつだが、その見方はいろいろあり、悲観的に見ると、心がしぼみ、絶望へと通じてしまう。

しかし、後の若者のように楽観的に見るなら、心が躍動し、さまざまな知恵や才覚が湧いてくる」と説いています。

(中略)

感謝や、謙虚な気持ちを持って見ないと、いい面は見えてきません。

松下幸之助さんは、たとえ新入社員であっても意見を求め、よい提案をした社員にはきちんと感謝したといいます。

感謝は人を素直に、謙虚にするようです。

感謝する心がないと、横柄になっていきますね。

感謝は有り難い気持ちです。

よくいわれますが、有り難いとは、有ることが難しいこと。

何事も当たり前と考えていると、してもらったことも当たり前、

働いてくれることも当たり前、

健康でいることも当たり前、

隣にいてくれることも当たり前、

そんな気持ちが人を「感謝」から遠ざけます。

そして、素直さと謙虚さがなくなってしまうのです。

結果、ものの見方も変わってしまい、人によってはワクワクするものを見ても、当たり前に見えてしまい、

本当は、すごくチャンスに溢れていたかもしれないのに、まるでテレビでも見ているかのように、折角のチャンスを流して見てしまうのです。

今日出会う人も、今日起こる出来事も、今日してもらうことも、今日隣にいる人も、当たり前ではありません。

奇跡中の奇跡です。これは、以前「ありがとうの反対語について」でも紹介しました。

今日の話題は、「ありがとう」の反対語についてです。ご存知ですか? 先日からいろんなところでいろんなお世話をしています。その時にいつも「ありがとう」と声をかけていただいています。 そこで私が「ありがとうの反対の言葉知っていますか?」と尋ねるとほとんどの人が「えっ」顔をされて「反対の言葉ってあるの?...

今日も生きていることに感謝しながら、精一杯元気に歌って行きましょうね。

スポンサーリンク