週間 USEN HIT 演歌・歌謡曲ランキング集計期間:平成30年10月5日~平成30年10月11日(10月17日付)

Pocket

スポンサーリンク

週間 USEN HIT 演歌・歌謡曲ランキング集計期間:平成30年10月5日~平成30年10月11日(10月17日付)

今日は、10月26日、「原子力の日」(日本政府が1964(昭和39)年に制定。1963(昭和38)年、茨城県東海村の日本原子力研究所で、日本初の原子力発電が行われた。また、1956(昭和31)年のこの日には日本が国際原子力機関(IAEA)に加盟した。)「反原子力デー」(「原子力の日」に因み、各地で原発反対の運動が行われる。)、「柿の日」(全国果樹研究連合会が2005(平成17)年に制定。1895(明治28)年のこの日、俳人・正岡子規が「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだ。)、「きしめんの日」(愛知県製麺工業協同組合が制定。食欲の秋の10月と、きしめんはつるつる感が特徴であることから「2(つ)6(る)」の語呂合せ。)、「青汁の日」(アサヒ緑健が制定。10をアルファベットのIOに見たてて「青」と読み、26を「汁」と読む語呂合せ。)だそうです。

「柿の日」について

肌寒い日が続き、秋が深まってきました。この時季は、梨やぶどう、リンゴなど、果物が美味しい季節ですね。

「柿」と聞いて、甘柿と渋柿、どちらを思い浮かべますか。

今は、当然のようにお店に並ぶ甘柿ですが、実は鎌倉時代までは「柿」と言えば渋柿のことを指していたそうです。
日本における柿の歴史は古く、縄文時代や弥生時代の遺跡から柿の種の化石が発掘されています。

奈良時代には日本の各所に柿が流通していたとされ、当時は祭祀に使われたり、冬場の大事な糖分補給源として食されていたそうです。

しかし当時流通していたのは、渋柿。人々は渋柿を熟柿や干柿にして食していました。
甘柿は鎌倉時代に渋柿の突然変異種として登場しました。

江戸時代には次々と品種改良がなされ、今日本には1,000以上の種類があるとされています。

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺

これは、明治時代初期の俳人・正岡子規が、奈良県の法隆寺を訪れた際に書いた句です(当時の子規は病気を患っており、その病状から、「法隆寺を実際に訪れて書いたのではなく、床に臥しながら書いた句ではないか」とも言われています)。

そしてこの柿の句が書かれたのが、10月26日でした。またこの時期は、様々な種類の柿が真っ赤に熟す季節でもあります。こういった理由から、全国果樹研究連合会のカキ部会によって「柿の日」と制定されることとなったのです。

柿落ちて犬吠ゆる奈良の横町かな
渋柿や落ちて踏まるゝ石の上

大の柿好きとして知られる正岡子規は、他にも柿の句を多く残しています。

今週の入れ替わり曲

9 位の 真田ナオキ さんの「 酔いのブルース 」
12 位の 杜このみ さんの「 くちなし雨情 」
13 位の 丘みどり さんの「 鳰の湖 」
14 位の 水森かおり さんの「 水に咲く花・支笏湖へ 」
16 位の 一条貫太 さんの「 ふたりの始発駅 」
17 位の 寿美 さんの「 あなたの駅 」
18 位の 原田悠里 さんの「 恋女房 」

19 位の 水前寺清子 さんの「 熊本城 」

以上の8曲が入れ替わっています。

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

先週のUSENランキングのページはこちら

週間 USEN HIT 演歌・歌謡曲ランキング集計期間:平成30年9月28日~平成30年10月4日(10月10日付) 今日は、10月19日、「日ソ国交回復の日」(1956(昭和31)年のこの日、モスクワのクレムリンで、日本の鳩山一郎首相とソ連のブルガーニン首相が「日ソ国交回復の共同宣言(日ソ共同宣...

※週間 USEN HIT 演歌・歌謡曲ランキングは「歌謡ポップスチャンネル」の放送日に合わせています。10月26日予定

集計期間:平成30年10月5日~平成30年10月11日(10月17日付)

順位 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 森昌子 あなたの愛に包まれながら 2018年12月号 2018年12月号 2018年12月号
2 純烈 プロポーズ 2018年4月号 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月・4月号
3 大月みやこ 海鳴りの駅 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月・12月号
4 三山ひろし いごっそ魂 2018年2月号 2018年2月号 2018年1月号 2018年3月・4月号
5 城之内早苗 よりそい蛍 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月・12月号
6 北島兄弟 ブラザー 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号 2016年7月・8月号
7 羽山みずき 古いタイプの女です 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月・12月号
8 山内惠介 さらせ冬の嵐 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
9 真田ナオキ 酔いのブルース 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月・12月号
10 大原かずみ 夜明けの旅路 2017年03月号
11 青木あき 想い出に乾杯 2018年6月号
12 杜このみ くちなし雨情 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月号 2018年3月・4月号
13 丘みどり 鳰の湖 2018年4月号 2018年4月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
14 水森かおり 水に咲く花・支笏湖へ 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月号 2018年5月・6月号
15 坂本冬美 熊野路へ 2018年11月号 2018年11月号 2018年12月号
16 一条貫太 ふたりの始発駅 2018年5月号 2018年4月号 2018年4月号 2018年5月・6月号
17 寿美 あなたの駅
18 原田悠里 恋女房 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月号 2018年11月・12月号
19 水前寺清子 熊本城 2018年10月号 2018年10月号 2018年10月号 2018年11月・12月号
20 氷川きよし 勝負の花道 2018年3月号 2018年3月号 2018年4月号 2018年3月・4月号
スポンサーリンク