演歌NEWS:『第69回紅白歌合戦』曲目発表

Pocket

スポンサーリンク

『第69回紅白歌合戦』曲目発表

今年年末のNHK紅白歌合戦の曲目が発表されました。

詳細はNHK紅白歌合戦公式ホームページで

https://www.nhk.or.jp/kouhaku/artist/index.html

https://www.oricon.co.jp/news/2126032/より引用

NHKは21日、大みそか恒例の『第69回紅白歌合戦』(後7:15~11:45総合)の出場歌手が歌う曲目を発表した。紅組では、初出場のあいみょんが「マリーゴールド」、DAOKOが「打上花火」。白組では初出場のKing & Princeが「シンデレラガール」、Suchmosが「VOLT-AGE」、純烈が「プロポーズ」、YOSHIKI feat. HYDEが「Red Swan」を歌う。

また、嵐は例年通り「嵐×紅白スペシャルメドレー」、16年ぶりに紅白に返り咲きを果たしたDA PUMPは、今年大ヒットした「U.S.A.」、7年ぶりとなる松任谷由実は「私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~」、先月3日から1年10ヶ月ぶりに活動再開したいきものがかりは「じょいふる」を披露する。

Perfumeは、神奈川県横浜市・横浜アリーナで開催されるライブ会場からの中継で「Future Pop 紅白SP」、福山雅治は、神奈川県横浜市・パシフィコ横浜 展示ホールで開催されるライブ会場から「2018スペシャルメドレー」を歌唱する。

同番組は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、16年の『第67回』から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、さまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく。

司会は紅組・広瀬すず、白組・櫻井翔(嵐)、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)とNHKの桑子真帆アナウンサーが務める。

第69回NHK紅白歌合戦出場歌手・曲目は以下のとおり
(カッコ内は出場回数)

■紅組(50音順)
(13)aiko/「カブトムシ」
(初)あいみょん/「マリーゴールド」
(10)いきものがかり/「じょいふる」
(41)石川さゆり/「天城越え」
(11)AKB48/「恋するフォーチュンクッキー」
(2)丘みどり/「鳰の湖」
(3)欅坂46/「ガラスを割れ!」
(30)坂本冬美/「夜桜お七」
(5)島津亜矢/「時代」
(3)Superfly/「Gifts」
(初)DAOKO/「打上花火」
(23)天童よしみ/「ソーラン祭り節2018~どさんこver.~」
(2)TWICE/「紅白メドレー2018」
(9)西野カナ/「トリセツ」
(4)乃木坂46/「帰り道は遠回りしたくなる」
(11)Perfume/「Future Pop 紅白SP」
(22)松田聖子/「SEIKO DREAM MEDLEY 2018」
(3)松任谷由実/「私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~」
(3)MISIA/「アイノカタチ 2018」
(16)水森かおり/「水に咲く花・支笏湖へ~イリュージョンスペシャル~」
(2)Little Glee Monster/「世界はあなたに笑いかけている」

■白組(50音順)
(10)嵐/「嵐×紅白スペシャルメドレー」
(48)五木ひろし/「VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~」
(12)EXILE/「EXILE紅白スペシャル2018」
(7)関ジャニ∞/「ここに」
(初)King & Prince/「シンデレラガール」
(31)郷ひろみ/「GOLDFINGER’99~GO!GO!2018~」
(初)Suchmos/「VOLT-AGE」
(7)三代目 J Soul Brothers/「R.Y.U.S.E.I.」
(初)純烈/「プロポーズ」
(5)SEKAI NO OWARI/「サザンカ」
(6)Sexy Zone/「カラクリだらけのテンダネス~2018紅白ver.~」
(6)DA PUMP/「U.S.A.」
(19)氷川きよし/「勝負の花道~世界に響く和太鼓SP~」
(11)福山雅治/「2018スペシャルメドレー」
(2)Hey! Say! JUMP/「Ultra Music Power ~紅白スペシャルver.~」
(4)星野源/「アイデア」
(2)三浦大知/「Be Myself~紅白スペシャル~」
(4)三山ひろし/「いごっそ魂~けん玉世界記録への道、再び~」
(4)山内惠介/「さらせ冬の嵐~刀剣男士コラボスペシャル~」
(9)ゆず/「うたエール」
(初)YOSHIKI feat. HYDE/「Red Swan」

■特別企画
(6)椎名林檎と(初)宮本浩次/「獣ゆく細道」

■企画コーナー
刀剣男士/「刀剣乱舞~出陣!紅白歌合戦~」
Aqours/「君のこころは輝いてるかい?」

『紅白ウラトークチャンネル』司会にサンドウィッチマン&渡辺直美

https://www.oricon.co.jp/news/2126033/full/より引用

大みそか恒例の『第69回NHK紅白歌合戦』(後7:15~11:45 総合)の副音声「紅白ウラトークチャンネル」の司会に、お笑いコンビのサンドウィッチマンと渡辺直美が起用された。21日に番組公式サイトで発表された。

サンドはゲストとして、渡辺直美は「HALFTIME SHOW」や「楽屋トーク」MCとしてなど、それぞれ紅白の出演歴はあるが、ウラトークの司会は初めて。雨宮萌香アナも司会を務める。

サンドは今年、ロックバンドMONKEY MAJIKとコラボ曲「ウマーベラス」を発売したため、歌手として紅白出場を狙っていた富澤たけしは「『来たか!』と思ったらウラトークでした」と願いはかなわなかったが、「歌の邪魔にならないように話をして、次回は『ウマーベラス』で歌手として紅白に出たいと思います!」と意欲を見せる。

伊達みきおは「何より、平成最後の紅白歌合戦を体感できるのがうれしいです」と喜び。昨年までウラトーク司会は4年連続でバナナマンが務めていたが「引き継いで、しっかり楽しめたらと思います」と意気込んでいる。

出場者と本音トークを繰り広げるネット生中継の「紅白楽屋トーク」の司会を16年から務めてきた直美は、ウラトーク司会起用に「今回は紅白歌合戦を目の前で観ながらのトークなのでとても楽しみです。サンドウィッチマンさんと雨宮アナと視聴者の皆様と楽しみながらウラトーク頑張ります!」と胸を高鳴らせている。

同番組は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、16年の『第67回』から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、さまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく。

「第69回NHK紅白歌合戦」の審査方法について

今回、「紅白歌合戦」の勝敗を決める審査は

テレビの前のみなさんによる「視聴者審査員」
NHKホール客席の方々による「会場審査員」
番組に出演いただく11名の「ゲスト審査員」

にご参加いただきます。
投票は、すべての対戦が終わったところで実施します。

勝敗は、

「視聴者審査員」で投票数が多かったほうに、「視聴者審査員ポイントが1つ」
「会場審査員」で投票数が多かったほうに、「会場審査員ポイントが1つ」
「ゲスト審査員」で投票数が多かったほうに、「ゲスト審査員ポイントが1つ」

の計3ポイントで決定します。
最終的に、2つ以上のポイントを獲得した組が「優勝」となります。
ぜひ、テレビの前の皆さまも、視聴者審査員として、番組にご参加ください。

今年もNHK紅白歌合戦の話題があがると年末という感じが伝わってきますね。

毎年子供の頃より楽しみにしていますが、最近は演歌が少なくなってきた感じがしますね。

子供の頃は、演歌ばっかりと思っていましたが、年齢と共に演歌好きになってきました(笑)