演歌以外:「もやしは1週間あれば収穫できる」について

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「もやしは1週間あれば収穫できる」についてのお話しです。

今日は、1月15日、今日はどんな記念日でしょうか。

いちごの日

全国いちご消費拡大協議会が制定。

「いち(1)ご(5)」の語呂合せ。

半襟の日

京都半衿風呂式和装卸協同組合が制定。

襟を正す正月であり、この日がかつて「成人の日」であったことから、和装に縁のあるこの日を記念日とした。

手洗いの日

P&Gが制定。
手が5本指であることから、「い(1)い(1)て(5)」の語呂合せ。

フードドライブの日

フードドライブとは家にある缶詰・レトルト食品などの不要な食物を集めて、食物に困っている家庭に届ける活動のことで、この運動を各店舗で行っているフィットネス事業の会社・カーブスジャパンが制定。
「い(1)い(1)ご(5)はん」の語呂合せ。
元は11月に行っていたが、戴き物の多い歳暮や年始の後の方が良いということで、1月に変更された。

ウィキペディアの日

2001年のこの日、インターネットの百科事典サイト「ウィキペディア」が公開された。

アダルトの日

1947(昭和22)年のこの日、日本初のヌードショーが開演された。
東京・新宿の帝都座の5階劇場で、額縁に裸体の女性が現れる「額縁ショー」が上演され、人気を呼んだ。裸体画に見たてたもので、出演した女性はただじっとしているだけだった。

(旧)成人の日

祝日法の改正により、2000(平成12)年から1月の第2月曜日に変更された。

小正月

7日までの松の内を「大正月」と呼ぶのに対し、15日を「小正月」と言う。
松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、「女正月」という地方もある。

上元

この日に小豆粥を食べるとその一年中の疫病が避けられると言われている。
7月15日を中元、10月15日を下元と言う。

中元 7月15日
下元 10月15日

警視庁創設記念日

1874(明治7)年のこの日、東京警視庁(現在の警視庁)が創設された。

「もやしは1週間あれば収穫できる」について

10回、重りを上げるとき、一番効果が出るのは何回目か分かりますでしょうか?

この質問をされた、アメリカ合衆国のボディビルダー、映画俳優、政治家、実業家であり、2003年から2011年にかけてカリフォルニア州知事を務めた「アーノルド・シュワルツェネッガー」さんの答えが素敵ですので紹介します。

アーノルド・シュワルツェネッガーがミスターオリンピアを目指してトレーニングをしていたとき、雑誌のインタビューを受けたときの話です。

次のように質問されたました。

「10回、重りを上げるとき、一番効果が出るのは何回目でしょうか」

彼が答えた。

「12回目だ」

ほとんどの人は、人生を最低限の努力で済まそうとしている。

滑り込みセーフで通そうとする。

ぎりぎりの線で抜け出そうとする。

しかし、裕福になるプロセスは、今の自分以上の存在になるプロセスである。

そして、今以上の存在になる唯一の方法は、今の状況を超える努力をすることだ。

ひとつひとつの行動を成功させれば、成功する一日を送ることになる。

一日一日を成功させれば、成功する人生を送ることになる。

自分の基準を引き上げよう。

星を目指そう。

ほかの人があなたに要求する以上のことを自分自身に要求しよう。

ひとつひとつの行動を素晴らしいものにするならば、天国の恵みがあなたの頭に注がれるに違いない。

筋トレも勉強も、人と争うより、昨日の自分と戦った方が良い。

今の自分以上の存在になるから、今の自分以上の結果が付いてくる。

今の自分以下だったら、今の自分以下の結果になる。

「こんなに頑張っているのに報われない」という方は、次の2つが考えられます。

1つ目は、報われるまでの時間差があるということを知らない。

春に植えた稲は、秋に収穫します。

「桃栗三年柿八年」と言いますが、実際の人間社会も「自然」の一部ですので、大層なモノを得ようと思ったならば、大層な時間と労力が必要なのは、ごく自然なお話です。

2つ目は、頑張る優先順位を間違えている。

これは総合点で見ると分かりやすいのですが、

たとえば国語・数学・理科・社会・英語と100点満点のテストがあったとして、

国語84点・数学32点・理科78点・社会86点・英語96点だったとします。

ここでどの教科をがんばるか?という話ですが、どうしますか?

単純に、総合点を上げたいのなら、まちがいなく「数学」を頑張るべきです。

英語はどんなに頑張っても、あと4点の伸びしろですが、数学はあと68点も伸びる余地がありますね。

しかしこのお話、ここでは終わりません。

これは5教科のお話ですが、人生においても言えるのではないでしょうか。

とりあえず今すぐ結果が欲しい方は、弱点を克服した方が早く結果が出ますよね。

「もやし」なら、1週間あれば収穫できます。

しかし、大きな結果が欲しい方は、桃や栗、柿のように、時間をかけてじっくり長く努力を続けることですよね。

得意分野を伸ばすも良し、弱点を克服するも良し、

その時間と労力が分かっていれば、「こんなに頑張っているのに報われない」という言葉は出なくなりますよね。

今、何をすべきか、今日何をすべきか、

そんな時間を見つけて整理して、今日も一日頑張りましょうね。

スポンサーリンク