演歌以外:「“真っ白なうそ”と“真っ赤なうそ”」について。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「“真っ白なうそ”と“真っ赤なうそ”」についてのお話しです。

今日は、3月12日、今日はどんな記念日でしょうか。

世界反サイバー検閲デー

国境なき記者団とアムネスティ・インターナショナルが2009年に制定。
中華人民共和国や中東諸国などで行われている「ネット検閲」に抗議し、検閲を行っている国や企業に対し中止の要請が行われる。

サンデーホリデーの日,半ドンの日

1876(明治9)年のこの日、官公庁で土曜半休・日曜休日制が実施された。
それまでは、1868(明治元)年9月の太政官布告により、31日を除く1と6のつく日を休日としていた。しかし、欧米との交易等で不便があったため、欧米と同じ仕組みに改めることとした。
1871(明治4)年から皇居で毎日正午に大砲(午砲・ドン)を撃っており、土曜日はドンとともに仕事が終わることから、丸の内に勤める人たちの間で「半ドン」と呼ばれるようになった。ドンは全国の都市で行われるようになり、それとともに「半ドン」という言葉も全国に広まった。
また、オランダ語で日曜日を意味するzondag(ゾンターク)が訛って「ドンタク」となり、土曜日は半分が休日であることから「半ドンタク」略して「半ドン」となったとする説もある。

財布の日

「さ(3)い(1)ふ(2)」の語呂合せ。

モスの日

モスフードサービスが制定。
1972(昭和47)年のこの日、東武東上線成増駅前に初めてモスバーガーの実験店がオープンした。

ハンバーガーの日 7月20日

スイーツの日

スイーツのお取寄せサイト「スーパースイーツ」が2008年に制定。
「ス(3=スリー)イ(1)ーツ(2)」の語呂合せ。

独立記念日 [モーリシャス]

1968(昭和43)年のこの日、アフリカ沖インド洋上の島国・モーリシャスがイギリスから独立した。

菜の花忌

昭和前期の詩人・伊東静雄の1953(昭和28)年の忌日。
季節の花に因み菜の花忌と呼ばれる。
3月最終日曜日に長崎県諌早市の諌早公園で追悼行事が行われる。
これとは別に、2月12日の司馬遼太郎の忌日も「菜の花忌」と呼ばれている。

「“真っ白なうそ”と“真っ赤なうそ”」というお話

この世には「真っ白なうそ」と「真っ赤なうそ」があります。

真っ白なうそとは、相手の心を和ませて、お互いを豊かにするものです。

私たちが、笑顔がない人に「素敵な笑顔ですね」って言ったり、普通の味のラーメンに「おいしかったですよ」と言ったりするのは、言われた人を幸せにするからです。

言われて笑顔になる相手を見たら、言った人も幸せになります。

お互いに花を咲かせるというのは、そういうことなんですね。

それに対して真っ赤なうそとは、自分の利益を守るためだけにつくもので、「周りがどうなろうと知らないよ」という身勝手さに満ちています。

真っ白なうそと真っ赤なうそは、まったく似て非なるものだと、私は思います。

私たちは、周りの空気を読むのが上手になりすぎているのかもしれません。

コンサート会場で、ものすごく感動しても、周りの人に合わせて、声援を送るのをためらってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんなふうに、1つひとつ、自分で手を縛り、足を縛り、肩に荷物を背負うと、好きなように歩けなくなってしまいます。

まず、「うそも使い方によって、宝になる」と知ってもらえると、縛りをほどく役に立つのではないでしょうか。

「妖怪大戦争」(2005年)の中の台詞で

「僕は生まれて初めて真っ白な嘘をついた。
自分のためにつく嘘が真っ赤な嘘。
他人のためにつく嘘が真っ白な嘘。
それが大人の入り口らしい。」

ウソには大きく分けて三つあります。

一つは、「良かれと思ってつくウソ」

(正しいこと、正義、正論を言ったとしても、人を傷つけることがある。

ウソでもいいから、優しい言葉のひとつでもかけてあげるべき時はある)

二つ目は、「知らずについてしまったウソ」

(知識が乏しいがために、知らないうちについていたり、受け取った情報をそのまま流したり、噂を信じて、結果的に人を騙してしまうというウソ)

三つ目は、「自分の欲望のためにつくウソ」

(自分の私腹を肥やすため、自分の利益だけを考えた、貪りのウソ)

そして、してはならないのは「自分の欲望のためのウソ」

これをしたら、自分が苦しくなる。

ウソをついた相手も苦しくなる。

誰も幸せにならないのです。

包丁も、美味しい料理を作るために使われたら、幸せな人が増えますが、自分の欲のため、人を傷つけるために使われたら、結果的に自分も相手も不幸にします。

普段何気なく使っているモノも、人の幸せのために使う人は、自分も幸せな気持ちになれる。

車も、ペンも、スマホも、お金も、もちろん「言葉」も。

不思議だけど、人を喜ばせた人ほど幸せになるのがこの世界です。

使い方に気を付けていきましょうね。

ちなみに、英語では”white lie(白い嘘)”という表現があり、相手を傷つけないための小さな嘘のことを言うそうです。

真っ赤な嘘のほうが白い嘘より罪深いですね。

スポンサーリンク