感動する話一覧

演歌以外:「一杯の豚汁」というお話です。

今日のお話は、東日本大震災3日後に起きた「一杯の豚汁」というお話をご紹介させていただきます。 西日本を襲った未曾有の豪雨災害。 「数十年に一度しかない重大な災害が迫っている」とする特別警報が多くの県や市町村で発令されています。 豪雨の被害にあった被災地では、今でも雨が断続的に降り続いています。...

演歌以外:感動する話「本当に感動したときの言葉」

今日のお話は、「本当に感動したときの言葉」というお話です。 一人のお母さんから、とても大切なことを教えられました。 そのお宅の最初に生まれた男の子は、高熱を出し、知的障害を起こしてしまいました。 次に生まれた弟が二歳のときです。 ようやく口がきけるようになったその弟がお兄ちゃんに...

演歌以外:感動する話「無言のスピーチ」

今日のお話は、トヨタグループの創始者“豊田佐吉(とよださきち)”さんの「無言のスピーチ」というお話です。 豊田佐吉さんが、晩年になってからのことです。 これまで発明を助け、協力してくれた人びとを東京に招いて、お礼の会を開いたことがありました。 そのとき、挨拶に立った佐吉は、いつまでたっても何も...

演歌以外:感動する話「七日間」

今日は、今朝から涙一杯になる話がありましたので紹介します。「七日間」という闘病生活をされていた女性が綴った詩です。 ここを訪れた方にも知っていただきたいなと思いまして記事にしました。 妻が願った最期の「七日間」投書にこめられた夫婦の物語 闘病中の交換日記「頑張って、生きたいよ」 「1月中旬、妻...

演歌以外:ちょっと感動する話「ねぎらいの言葉」

今日の話題は、「ねぎらいの言葉」という大切なことに気付くお話しです。 「ねぎらいの言葉」 「ねぎらい」という言葉について、皆さまは、どういったイメージを思い描かれるでしょうか。 「ねぎらい」とは、何かに苦労したり、何かを成し遂げた相手に対して、謝辞を述べたり、労わったりする事を指しますね。 ...

演歌以外:ちょっと感動する話「一本の傘」

今日の話題は、「一本の傘」というお話です。 静岡県東部では絶対的な存在感と、圧倒的な魅力でお客様に喜ばれ成長し続けている会社で「雄大株式会社」という会社があります。 その三十年のあゆみから生まれた「30の素敵な物語」の中から「一本の傘」というお話を紹介したいと思います。 「一本の傘」 雨の土...

演歌以外:ちょっと感動する話最後の言葉は「さようなら」ではなく「ごちそうさま」

今日の話題は、「最後の言葉は「さようなら」ではなく「ごちそうさま」だった。」というお話です。 A君は29歳。 広告業界の小さな製作会社に身を置いている。 すでに結婚し、3歳前の娘がいる。 そのA君一家のもとに、ある日郷里から父親が訪ねてきた。彼の話は、その父親が帰るところから...

演歌以外:ちょっと感動する話「やさしい人」のお話です。

今日の話題は、「やさしい人」のお話です。 「やさしくなれない原因は何でしょうか?」「やさしい人になるためには何が必要でしょうか?」、「生きることが辛い人は、やさしい人になろうとすることが幸せへの道なのでしょうか」。 子供と母親、妻と夫、先生と生徒、上司と部下の人間関係などにおける、「やさしさとは...

演歌以外:ちょっと感動する話「サーカス」と「法施(ほうせ)」

今日のちょっと感動する話は「サーカス」と「法施(ほうせ)」の話です。 「サーカス」 私がまだ十代のころのことです。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。 ようやく、私たちの前にいるのは、あと一家族だけとなりました。 私はその家族に強く心を引かれました。...

演歌以外:ちょっと感動する話「初任給の物語」と「親から「おめでとさん」って」

今日のちょっと感動する話は「初任給の物語」と「親から「おめでとさん」って」という「親が子を思う気持」の話です。 「初任給の物語」 某信用金庫に勤める二十歳の短大卒の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院にセットにいったりして...

演歌以外:ちょっと感動する話「モンロビア行きの列車」

今日のちょっと感動する話は「モンロビア行きの列車」という「善は何か」「徳は何か」と考えさせられる話です。 「モンロビア行きの列車」 太平洋戦争が終わって間もない頃、 日本人の女子留学生が一人、アメリカのニューヨークに留学した。 ところが、 待っていたのは人種差別・・・ 栄養失調と精神的重...

演歌以外:ちょっと感動する話「天国と地獄」

今日のちょっと感動する話は「天国と地獄」という「幸せとは何か」と考えさせられる話です。 天国と地獄 地獄にある食堂のテーブルの上には、 たくさんの美味しそうなお料理が乗っています。 食事の時間になると、 地獄にいる人間達が食堂に続々と入ってきます。 彼らはいつも愚痴ばかりで不平不満をこぼ...

演歌以外:ちょっと感動する話「犬の気持ち」

今日のちょっと感動する話は「犬の気持ち」というあるペットショップと少年の話です。 犬の気持ち あるペットショップの店頭に「子犬セール中!」の札が掛けられました。 子犬と聞くと子供はたいそう心をそそられるものです。 しばらくすると案の定、男の子が店に入ってきました。 「おじさん、子犬って...

演歌以外:ちょっと感動する話「ぼくがいるよ」

今日のちょっと感動する話は「ぼくがいるよ」という「日本語大賞-文部科学大臣賞」の小学生の部で文部科学大臣賞を受賞した小学校4年生の作文です。 お母さんが帰ってくる!  一ヶ月近く入院生活を送っていたお母さんが戻ってくる。 お母さんが退院する日、ぼくは友だちと遊ぶ約束もせず、寄り道もしないでいち...

演歌以外:ちょっと感動するいい話「天使の嘘」

今日のお話は、「天使の嘘」というお話です。 「嘘」という言葉にはなにか後ろめたいというか暗い感じの意味を持ちますよね。子供の頃から「嘘をついてはいけませんよ」と教えられてきました。 でも、今回は、作家の宮沢賢治さんが最高の仏教経典だと絶賛し、傾倒したと「法華経(ほけきょう)」にあるお話を読んでく...

演歌以外:ちょっと感動する話「一杯のかけそば」

今日のお話は、12月になりましたので「一杯のかけそば」というお話です。 このお話は、有名なお話ですが、最近はほとんど聞かなくなりましたね。 小説でも感動するストーリーなら涙を流すことがあります。 楽しいシーンなら笑えるし、悲しい別れのシーンならしんみりします。 映画を見た感動の涙には「...

演歌以外:ちょっと感動する話「10円」

今日の話題は、「10円」というお話です。 その子は、生まれながら知恵おくれでした。 幼稚園は、近所の子供たちと一緒に通っていましたが、 小学校に上がると、ちょくちょく学校を休むようになり、 一年生が終わる頃には、全く学校へ行かなくなってしまったそうです。 二年生になっても、...

演歌以外:ちょっと感動する話「ばあちゃんは、じいちゃんが好きだった。じいちゃんもばあちゃんが好きだった。」

今日の話題は、「ばあちゃんは、じいちゃんが好きだった。じいちゃんもばあちゃんが好きだった。」というお話です。 ばあちゃんは、じいちゃんが好きだった。じいちゃんもばあちゃんが好きだった。 じいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしてた。ばあちゃんはボケが進んでた。 じいちゃんが介護してた。 いろいろ...

演歌以外:テレビで大反響! 癌の妻、闘病5年。夫は毎日一話、書き続けた。ちょっと泣ける愛妻物語。

今日の話題は、「妻に捧げた1778話」で「1778話目の最終回」でカズレーザーが15年ぶりに泣いたという話題です。 11月16日の「アメトーーク!」で「本屋で読書芸人」を放送していました。 その中で一番話題になっていたのが、カズレーザーさんが紹介した眉村卓『妻に捧げた1778話』という本です。...

演歌以外:ちょっと感動する話「えー、奥さん、ここで降りてください」

今日の話題は、「えー、奥さん、ここで降りてください」というお話です。 【バスでの話】 10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。 知能レベルは年齢平均のため、何かと辛い思いをしてきている。 本日、通院日でバスに乗ったとき、いつも通り車い...