話題の本一覧

演歌以外:「ほめ言葉と言葉の不思議な力」というお話です。

今日のお話は、「ほめ言葉と言葉の不思議な力」というお話です。毎日使う言葉を大切に使いましょうというお話です。 人は、ほめられるとエネルギーがわき上がりますよね。 心をこめてほめられたり、お礼を言われたりすると、誰でもたちまち気分が高揚しませんか。 ほめ言葉はポジティブなエネルギーを相手に与える...

演歌以外:ちょっと感動する話「レジ打ちの女性」

今日のお話は、「レジ打ちの女性」というちょっと仕事がつまらなくなってきたなと思われる方にどうでしょう。 2008年9月にフォレスト出版から発売の木下晴弘著の「涙の数だけ大きくなれる!」 で紹介されている「レジ打ちの女性」です。 人生や仕事に対する考え方に大きなヒントを与えてくれます。 ...

演歌話題:話題の本『九十歳。何がめでたい』売上部数100万部突破

今日の話題は、昨年紹介した佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』がついに100万部を突破したという話題です。 今日ユーモアについての記事を出しましたが、この佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』もユーモアたっぷりのエッセイ集ですよね。もう、読まれましたか?ネタバレになりますが、少し紹介します。 ...

演歌以外:裸の社交場度、おばあちゃんち度… ちょっと変わった「ひなびた温泉」ガイド本

今日の話題は、日本人が大好きな温泉の紹介です。それもちょっと変わった「ひなびた温泉」ガイド本です。 通常、私たちが「温泉に行こう!」となるとガイドブックやインターネットで有名かつ評判のよい温泉を探すものですね。 けれど、そうした考え方とは一線を画す、「ひなびた温泉」というベクトルで厳選された温泉...

演歌以外:話題の本『長生きの統計学 』

今日の話題の本は、『長生きの統計学 』という本です。 この本のキャッチフレーズです。 世の中には「〇〇だけ食べればいい」「〇〇をすると痩せる」など様々な健康法がありますが、科学的根拠のないものがほとんどです。 もし、間違った健康法を採用した場合、健康になるどころか、体に害を及ぼしてしまう可...

演歌以外:話題の本『九十歳。何がめでたい』

今日の話題の本は、『九十歳。何がめでたい』というすごいタイトルで女性セブンで隔週連載された佐藤愛子さんのエッセイを1冊にまとめた本です。 佐藤愛子さんが、88歳で書き上げた長編小説『晩鐘』のあとは、のんびり暮らしていたらしいが、親しい人には先立たれ、ちらほら残っている人も体調が芳しくなく、人付き合...

演歌以外:話題の本「60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります。」

今日の話題は、アップル社のティム・クックCEOも大絶賛! 60歳を迎えてパソコンを、80歳を超えてからプログラミングを始めた“リアル・コンピューターおばあちゃん”の超ポジティブ人生論。 「大事なのは自分がご機嫌かどうか」「好奇心は歳を取らない」など、ユニークでバイタリティあふれる生き方に誰もが勇気...

演歌以外:テレビで大反響! 癌の妻、闘病5年。夫は毎日一話、書き続けた。ちょっと泣ける愛妻物語。

今日の話題は、「妻に捧げた1778話」で「1778話目の最終回」でカズレーザーが15年ぶりに泣いたという話題です。 11月16日の「アメトーーク!」で「本屋で読書芸人」を放送していました。 その中で一番話題になっていたのが、カズレーザーさんが紹介した眉村卓『妻に捧げた1778話』という本です。...

演歌以外:テレビ「世界一受けたい授業」で紹介され、大反響の雑誌『主婦の友』豪華新年特大号が発売。

今日の話題は、日本テレビ系で毎週土曜(19:57 ~20:54)に放送された「世界一受けたい授業」見られましたか? 11月11日(土)放送のテレビ『世界一受けたい授業』で紹介され、大きな反響を呼んだ雑誌『主婦の友』。11月17日(金)に豪華付録が付いた、『主婦の友Deluxe2018新年特大号』が...

演歌以外:話題の本14歳の中学生作家の「さよなら、田中さん」

今日の話題の本は、14歳の中学生作家のデビュー作の「さよなら、田中さん」です。 この本は、14歳の中学生作家のデビュー作がTVなど各種メディアで話題になっている「さよなら田中さん」という本です。 小学生の田中花実は母子家庭です。 貧乏だけど明るいお母さんとの日常をつづったもので、何気ないこと...

演歌話題:業田良家さんの「男の操」が浜野謙太さん主演でNHKでドラマ化

今回の話題は、『自虐の詩』の作者「業田良家」さんの「男の操」のドラマ化が決定して、NHKのBSプレミアムにて、11月12日より全7回で放送されるという話題です。 業田良家さんの「男の操」ってご存じですか? 「男の操」は、紅白出場を夢見る売れない演歌歌手・五木みさおを中心に描かれるヒューマンコメ...

演歌以外:大人も楽しめる「せつない動物図鑑」という今話題の絵本です。

今日紹介するのは、大人でも楽しめる「せつない動物図鑑」という絵本です。 「カンガルーはけんかに負けるとせきをする」、「タコには友だちがいない」、「ハトはめんどくさいことを先のばしにする」、「トカゲは自分のしっぽを食べる」、「シマウマはひとりで寝られない」、「カバは好きな子におしっこをかける」、「ア...

演歌話題:阿久悠さん、没後10年・生誕80年記念企画『作詞家・阿久悠の軌跡』が発売

今回の話題は、シングル総売り上げ6,800万枚という時代をとらえ続けた歌謡界の巨人、阿久悠さんの軌跡が見える音楽ファン必携のデータブック『作詞家・阿久悠の軌跡』が発売されるという話題です。 先日から、今年は阿久悠さんの没後10年・生誕80年記念なのでいろんな企画があるという話題をお伝えしていました...

演歌以外:「うまれてきてくれてありがとう」という絵本です。

今日は、「「うまれてきてくれてありがとう」という絵本についてです。 先日、知り合いのおばあさんが、娘に絵本をプレゼントされていました。それを見せていただいてちょっと胸にこみあげてくるものがありましたのでご紹介します。 おばあさんは娘さんが子供を怒ってたり、夫婦でけんかしているのを知っていたので...

演歌以外:本の紹介「日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか」

今回の話題は演歌ではないのですが、「日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか」という本の紹介です。 最近『さようなら」と言った覚えありますか? 私は、葬儀の時に最後のお別れをするときに言ったきりで、なかなか使わなくなってきましたね。 本当に最近では「さようなら」いう美しい響きを持った言葉を近頃...

演歌好き:話題の本「虹色のチョーク」について

今回の話題は演歌ではないのですが、いま話題の本「虹色のチョーク」について紹介したいと思います。 先日日本テレビ「世界一受けたい授業」や情報番組『Mr.サンデー』の中で「日本理化学工業」の話が出ていましたのでご存じの方もいらっしゃいますと思いますが、この「日本化学工業」の従業員の全体の7割が知的...